2019年03月21日(Thu)

イチロー引退

お疲れ様!

イチロー選手がメジャーリーグに行くんじゃないかと噂されていた当時、
長嶋監督がイチロー選手に掛けた言葉。

「マリナーズに行くんでしょ、ヘッヘッヘ!」
posted by 安良町経由村上行き at 21:12 | Comment(2) | スポーツ

NGT事件で他のメンバーの関与なし

・・・








解体しろよもう
山口さん、辞表叩きつけちゃいなよ。
ファンの皆さん、立ち上がる時ですよ。
posted by 安良町経由村上行き at 18:16 | Comment(0) | 事件・事故・災害

今日は雨

タイヤ交換 できるかな
今のところは降っていないようですが予報では雨になるらしいです。

「10時過ぎ 雨がチラチラ 降ってきた」
タイヤ交換する気なし
posted by 安良町経由村上行き at 06:35 | Comment(2) | 自動車

2019年03月20日(Wed)

ビートルズ武道館公演の時に

昨日のグッド!モーニングでの尾藤イサオのインタビューによれば、
ビートルズの前座をやらないかと言われた内田裕也と尾藤イサオは、
「前座なんてふざけんじゃねぇよ、俺たちは共演だったらしてやるけど」
みたいなことを言っていたそうです。

そして前座を終えた二人はスッと抜けて、
お客を誰も入れていないアリーナに置かれたパイプ椅子に座って、
ステージの目の前で足を組んで見ていたそうで、
その時の写真は今でも大切に取ってあるそうです。

番組ではその写真も紹介されていましたが、
ステージの先端から5メートルくらいの所に置かれた椅子に座って、
足を組んで見ている生意気盛りな二人の姿が残っていました。
posted by 安良町経由村上行き at 04:44 | Comment(2) | 音楽

2019年03月19日(Tue)

NOW&THEN / CARPENTERS

言わずと知れたカーペンターズの名作アルバムですが、
普通の人はこのイラストのアメ車の車種が気になるんでしょうけど、

P1030657-1200.jpg

電波マニアはこのアンテナが気になったりするものです。

P1030659-1200.jpg

かつて日本でも使われていましたが、VHFのアンテナの前にUHFのアンテナを付けたアンテナ、アメリカの電波事情には詳しくないのですが、アメリカでも似たようなアンテナが使われていたのかも知れませんね。
posted by 安良町経由村上行き at 22:30 | Comment(2) | 音楽

一句

「ペケポンの あとの脳ベル らくさあり」

ペケポンの難しい問題に頭をひねったあとにクイズ!脳ベルSWOHを見ると、
同じフジテレビの番組なのに問題の難易度の差に「落差を感じる」というのと、
脳ベルSHOWの問題は「楽さを感じる」という二つの意味を込めてみました。
posted by 安良町経由村上行き at 21:33 | Comment(0) | 放送

レオパレス施工不良は元社長の指示

安易なことは言えませんが、つぶれるかも知れませんね。

変更後の資材が安全性に問題ないのであれば図面をレビジョンアップすればいい訳ですし、それが間に合わなければ変更仕様書を発行するなりして対応すればいいのに、それをしなかった段階で違法性を認識していたことがバレバレですもんね。
posted by 安良町経由村上行き at 12:06 | Comment(2) | 事件・事故・災害

2019年03月17日(Sun)

ブックオフにて

朝方に降った雪も全て消え、気温は低いながらも比較的過ごしやすい天候となった日曜の昼下がり、場所はブックオフのレジ近くの100円コーナー。そこからはハードオフのレジカウンターが良く見えるのですが、そこには中型の3ウェイスピーカーが置かれています。査定中なのか、それとも品出しのための準備中なのか良く分かりませんが、1本は表側を、もう1本は裏側をこちらに向けた状態で置かれています。

サイズ的にはビクターのSX-3シリーズと同程度で、年代としては70年代半ばといったところでしょうか。ウーファーは25センチから30センチくらいですが、周囲を四角く囲んだ特徴あるデザインです。いったいどこの製品だろう・・・。裏側には銘板が貼られているのが見えるので、近寄って見れば型番が分かるはず。でも今月はもうハードオフへは行かないと誓っているので見に行ったら負け。

気もそぞろで本を眺めている間にも何人もの客が買取査定を終わらせて帰って行く姿が見えます。でもそのスピーカーを持ち込んだ人はいない模様です。やっぱり見に行こうか、でもやめておこうか。

そう思っている時、スタッフがそのスピーカーをレジカウンターの内側に置いてある台車に載せる姿が見えました。そしてそこにジャンク品独特の白い値札をペタリ。そして売り場の方へガラガラガラと。今、飛んで行けばお宝をゲットできるかも。でもそれは自分に負けたことを意味します。

少なくなった後ろ髪を引かれる思いで店をあとにしましたが、いったいどこの製品だったのか悩む日が続きそうです。画像検索で見つけられれば良いのですが・・・。

こういうのを店頭で読んでみて、面白そうだなと思って買ってくるのですが、いざ買ってくるとなかなか読まないんですよね、困ったものです。
img156-800.jpg
108円。
posted by 安良町経由村上行き at 15:30 | Comment(2) | ハードオフお買い物日記

一句

「今朝は雪 タイヤ交換 まだ待った」
「お彼岸に タイヤ交換 できるかな」

今朝、窓を開けて驚きました。
屋根の上や地面などが真っ白になっています。
もちろん運転に支障が出るほどではなくて、日が昇れば消えると思いますが、
やっぱりお彼岸までは油断できませんね。

例年タイヤ交換は3月20日前後なのですが、
今年は雪が少なかった割には交換時期はいつもと同じタイミングになりそうです。

8時過ぎに撮影
P1030627-1200.jpg

P1030629-1200.jpg

(追記)
「9時過ぎて おもての雪は みな消えた」
いまごろ起きた人は雪が降ったことに気付かなかったかも知れませんね。
posted by 安良町経由村上行き at 09:07 | Comment(2) | 季節

2019年03月16日(Sat)

Technics SU-V6X(その3)完結編

その1へ
その2へ

値札に「R側スピーカー音小さく歪みます」と書かれていたSU-V6Xですが、スピーカーを接続してみたら音が小さくなるのはR側ではなくL側でした。おそらく私の記憶違いだと思います。ただしスピーカーリレーをコンコンと叩いてやると正常に音が出るようになるので原因は間違いなくリレー接点の汚れ、しかもさほど重症ではなさそうです。

そこで早速スピーカーリレーの摘出作業に入ります。

この写真の右の方にあるヒューズの付いている基板を外せば作業が楽になると思ったので、フロントパネルの取り外しにかかったのですが、ネジを全部外してもあちこちケーブルやら何やらでつながっていて、簡単には外れそうにありません。
P1030427-1920.jpg

そこでフロントパネルを少し浮かせた状態にして、隙間からドライバーを突っ込んで、電源スイッチとヒューズが乗っかっている基板を取り外しました。これでRLY501と書かれた半田面が良く見えるようになりました。
P1030480-1920.jpg

スッポンを使って6本の足の半田を吸い取って、リレーを下に引っぱり出す形で摘出しました。型番はJC2aDJ-DC24V、もちろんMATSUSHITA製でした。
P1030482-1920.jpg

リレー接点は若干汚れていましたが真っ黒という程ではありませんでした。エタノールを染み込ませた紙を接点の間に挟み込んでクリーニング、ちょっとだけ4000番の研磨フィルムも使いましたが、この手のフィルムや耐水ペーパーの類は多用しない方が良さそうですね。

クリーニング前
P1030485-700.jpg

クリーニング後
元々汚れが少なかったので、クリーニング後の写真もあまり変わりないようにも見えます。
P1030489-700.jpg

リレーを元通りに半田付けして終了です。

裏蓋を開けたところです。
清掃も何もしていない買ってきたままの状態ですが、半田面は非常にきれいな状態でした。
P1030491-1920.jpg

一方、汚れまくっていた部品面は、部品を傷めないように注意してクリーニングしました。
P1030496-1920.jpg

このSU-V6Xは1983年の製品ですが、前年に出たSU-V7Aとはずいぶん顔つきが違いますね。CD入力端子も装備されるようになって使い勝手も良くなりました。
P1030503-1920.jpg

でもこのスピーカー端子だけはお世辞にも使い勝手が良いとは言えませんね。
P1030504-1920.jpg

スピーカーリレーの清掃の結果、両チャンネルともに正常に音が出るようになりました。CDとPHONO以外の入力もOK、電気的な調整はしていませんが異常な発熱もありませんし、スピーカースイッチを押した時のポップ音もないので恐らく大きな問題はないと思います。

その後は2〜3日放置したのちに電源を入れてみたりして、一週間ちょっと様子を見てみたのですが、特に不具合は発生していないようなので、ひとまずこれで終了としたいと思います。昨年購入したオンキョーのA-755も良いアンプなのですが、やはり時代的に少し古すぎる印象が否めません。その点、今回入手したこのアンプはCDが発売された直後の製品ということもあって、機能的にもデザイン的にも一新されて、非常に使いやすいアンプに仕上がっていると感じています。価格帯としてはいわゆる普及価格帯で、入門用に毛が生えた程度だと思いますが、音も良いですし見た目も近代的なので、メインとして使ってもいいかなと感じています。今後、加筆訂正あるかも知れませんが、ひとまずこれで終了致します。どうもありがとうございました。

おわり。
posted by 安良町経由村上行き at 23:16 | Comment(0) | ハードオフお買い物日記

カウンター
Copyright(C)2018 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ