2016年03月04日(Fri)

新国立競技場に聖火台設置できない?

朝日新聞デジタル

「新国立競技場」とかけて、「いくら頑張っても苦労が報われません」と解く。
その心は「作り直したのに成果(聖火)が見えません」

聖火台を取り付けることを想定してなかったんだって。木造なので消防法の絡みもあって内側には付けられないし、強度の関係で屋根の上に付けるのも難しいらしく、競技場の外に聖火台を設置することにでもなれば前代未聞とのことです。

聖火台に関して発注側から話がなかったということですが、話がなかったら受注側から聞けよってことですよ。
結局は発注側も受注側もド素人ってことですね。ここ数年で日本クオリティはどんどん落ちて行きますね。どうすんだろ。

しかし遠藤大臣のあのニヤニヤした会見はどうにかならんものですかね。全然真剣味が伝わって来ないんですが。

-------------------------------------------------------

3月5日 7:25追記

先ほどのNHKニュースで設計者の隈研吾氏のインタビューが流れていましたが、それによれば聖火台は屋根の上のどの場所に置いても耐えられるので、演出家が決まってから置き場所を考えれば良いとのことでした。

ということは設計者は聖火台のことなんて織り込み済みで、国とJSCは設計者に確認することなく勝手に騒いでいたということになりそうですね。このまま丸く収まってくれれば良いのですが。
posted by 安良町経由村上行き at 06:42 | Comment(0) | 日記

カウンター
Copyright(C)2017 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ