2016年03月11日(Fri)

実写版天才バカボン

面白いんだか面白くないんだか良く分からなかったけど、ついつい全部リアルタイムで見てしまったのだ。

実写にするとアニメのようにハチャメチャなことができなかったり、お巡りさんのつながり目玉が再現できなかったり制約は多いですが、ウナギイヌが携帯ストラップになっていて、それをはじめちゃんが3Dプリンタで複製を作ったり、今風の要素も取り入れられていましたね。

途中、井上公造のパクリで井下公造という人が出てきたので、その路線で行くのかと思ったら、本物の阿部レポーターが出てきてびっくり。本物の水卜アナも出てきましたし、タモリがテーマ曲を唄っていたり、キャストは凄かったですね。最後の方は船越英一郎のドラマみたいになっていましたが、序盤の松下奈緒のピアノ演奏シーンは圧巻でした。

オープニングで出てきたバスの方向幕が「汐留→赤塚」で、まずそこでファンの気を引き付けたのはさすがでした。ただパパのしゃべり方がいまいちだったかなと思います。ママとバカボンとはじめちゃんとレレレのおじさんは完璧でした。

えなりかずきの彼女役は原幹恵ですね。途中でEPG見て気付きました。一応地元なもので。

posted by 安良町経由村上行き at 23:00 | Comment(0) | 放送

カウンター
Copyright(C)2017 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ