2016年03月26日(Sat)

北海道新幹線開業

激唱-青函トンネル- 北島三郎
クラウンレコード CWA-320 1985年発売
青函トンネル掘りに命を懸けた男の歌です。

img027-1280.jpg

サントリーのBOSSのCMで、北島三郎が北海道新幹線の工事現場を見に来るシーンがありますが、この曲が発端になっているのでしょうね。

今朝のワイド番組で駅の発着シーンなどの生中継がありましたが、坂木萌子はああいう中継をさせると右に出る者はいませんね。日テレNEWS24の時とは別人のようなはじけぶりです。

でも一番列車って殆どマニアと報道陣で占められているんでしょうね。

ま、裏日本に住む者にとっては関係ない話ですが・・・

posted by 安良町経由村上行き at 16:07 | Comment(0) | 交通

イオンモバイル

2月26日に発売開始したイオンモバイルのSIMカードだけ買おうとしてWebで手続きを進めたものの、送料がかかることが分かったために手続きを中断。その後、システムトラブルによって申し込みが出来なくなったことは既報の通りですが、1か月が経過したにも関わらずWebは復旧せず、店舗での対応もあきれるばかりです。

村上東店は商品後日配送店舗なので、その場で購入できないことは承知の上でしたが、まさかSIMカードの申し込みすらできないとは思ってもいませんでした。というより店員が知識を殆ど持っていないのには驚かされました。

まずサービスカウンターへ行って、イオンモバイルのSIMカードだけ購入できるか否かを尋ねてみると、「イオンモバイル・・・携帯電話ですか・・・こちらでは扱っていなくて・・・新発田店で・・・」うんぬん。Webサイトで取扱い店舗として載っていることを告げると「2階の集中レジで・・・」という返答。内線で2階の集中レジに聞いてもらったところ、スマホとセットになった商品の郵送契約なら可能という内容でした。

そこで詳細を確認するために2階の集中レジへ行ってみると、やはりセット品の郵送申し込みはできるものの、SIMカード単品の申し込みは受け付けていないという返答でした。ここでもSIMカード単品に関する知識は殆ど持っていないという印象でした。

そもそもサービスカウンターで話が通じないというのも致命的だと思いますが、こんなクソ田舎のジャスコにSIMカードだけ買いに来る客なんていないのかも知れませんね。まるで変なものでも買いに来た客を見るかのような感じでした。

だいたい、1か月経過してもWeb申し込みのトラブルが復旧しないなんて、通信を扱う業者としては失格だと思いますね。

大丈夫か?ジャスコ!

*その後、商品即日お渡し店舗である新発田店に電話してみたところ、27日は予約で埋まっていて無理ですが、28日なら大丈夫とのことでした。ただしその場での引き渡しではなく、4〜5時間程度はかかるとのことでした。28日は平日なので新発田まで行くのは無理ですが、村上東店とは違って、明確かつ親身な回答が得られて気持ちが良かったです。
posted by 安良町経由村上行き at 15:36 | Comment(0) | 通信

カウンター
Copyright(C)2017 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ