2016年06月18日(Sat)

秩父鉄道で人身事故 ヘッドホンの男性はねられ死亡…遮断機ない踏切

埼玉新聞
警報機と遮断機の付いていない第4種を、ヘッドフォンしたまま左右も確認せずに渡れば、そりゃ轢かれますわね。ご愁傷さまです。
posted by 安良町経由村上行き at 19:15 | Comment(0) | 交通

迷惑電話?

今日、NTT東日本の代理店を名乗るところから、光料金の値下げの案内の電話が来ました。何だろうと思って聞いてみたら「現在はau光のKDDIご利用で宜しかったでしょうか?」と言うので「うちはフレッツ光ですよ」と答えると、「すでに切り替えなさったんですね」と意味不明のことを言ってきました。

「いえ、うちは最初からフレッツですけど」と答えたら驚いたような感じで「失礼しました、登録間違いのようです」と言って電話は終了しましたが、変なこともあるものですね。現在の番号は1982年から使っているもので、ISDN以前のアナログ時代からNTT以外は使用したことがないのですが、どこでどう間違えたのでしょうね。

たぶんauユーザーのところへセールスをかけているのだと思いますが、その逆もあるわけで、まあどっちもどっちというところでしょうね。

ちなみに今使っているスマートフォンのバッテリーですが、ドコモの純正品は高いので、メーカーと仕様が全く同じで、納め先だけが違うと思われるau向けのものを使っています。純正品の半額くらいで買えるので重宝しています。

posted by 安良町経由村上行き at 14:21 | Comment(2) | その他

モハメド・アリ氏の呼称に関して

元世界チャンピオンのモハメド・アリ氏が先日亡くなった。様々な偉業を成し遂げたアリ氏であるが、筆者の世代ではやはり猪木VSアリの異種格闘技戦が強烈な記憶として残っている人も多いことだろう。

試合開始前から挑発合戦を繰り返した両氏であるが、いざ試合が始まってみれば猪木はマットに寝転んでアリの足を攻めるだけで、一向に組み合おうとしない。いわゆるアリキックというものである。終盤戦になってようやく試合らしくなってきたかと思ったところで全ラウンド終了でドロー。テレビでリアルタイムで見ていた者としては、相当のストレスが溜まる試合であったことは言うまでもなく、世紀の凡戦とまで評されたことは記憶に新しい。

しかし近年になって、あの試合は猪木氏の緻密な計算に基づいたものであったことや、試合後の両者の友情など、裏の面が分かってくるにつれて、あの試合はもしかしたら世紀の名勝負だったのではなかろうかという思いさえ出てくる昨今である。

前置きが長くなってしまったが、アリ氏に関する報道で若干気になることがある。それは大方のメディアは「モハメド・アリ」という呼称を用いているのに対して、ごく一部のメディアが「ムハマド・アリ」という呼称を用いているということである。例えば今日、6月18日の新潟日報朝刊「座標軸」の記事にも同様の呼称が用いられている。

これが単に「みんなモハメドモハメドって言うけれど、正確な発音はムハマドなんだよね」といった、担当記者のこだわりに起因するものであれば良いのだけれど、会社として何らかの意図が存在するのではないかと、若干気になる記事ではあった。これがスポーツ紙であれば様々なこだわりをもって記事を書くことも「アリ」だと思うが、一般紙においてはごく一般的に用いられている呼称に留めておいた方が無難なような気がしないでもない。
(安良町)
posted by 安良町経由村上行き at 09:33 | Comment(0) | スポーツ

2016年06月15日(Wed)

舛添知事辞職

某昼の帯番組にて某国際弁護士の一言。

「なんで報知は桜井俊さんを推すんでしょうね?」

そりゃあんた、息子が日テレでニュースやってるからでしょうよ・・・舛添劇場が終わりに近づいて、日テレの久野村有加記者の顔が見られなくなると思うとちょっと寂しいというか、かなり残念です。
posted by 安良町経由村上行き at 18:43 | Comment(0) | その他

2016年06月14日(Tue)

今週末、駅南に・・・

面倒くさい連中が集結するみたいですね。でも相当の経済効果をもたらしてくれるみたいなので、まあ文句も言えないか。

土日にJRをご利用の方は相当の混雑が予想されますので、ご注意下さい。
posted by 安良町経由村上行き at 19:29 | Comment(0) | 芸能

カウンター
Copyright(C)2017 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ