2016年09月26日(Mon)

歌謡プレミアム 三木たかし特集

BS日テレ

伊藤咲子とあべ静江の変わりようには驚きました。あべ静江は一瞬松坂慶子かと思いました。森昌子は元々あんな顔をしているので殆ど変わってないですね。早見優はこの3人よりかなり若いということもありますが、デビュー当時と殆ど変わっていませんね。

伊藤咲子は「木枯しの二人」を歌いましたが、自分は「きみ可愛いね」や「青い鳥逃げても」の方が好きですね。「いい娘に逢ったらドキッ」は当時「いい娘に逢ったらボッキ」とか言われたものです。あの独特の発声方法は健在というか、さらに磨きがかかったようで、ちょっと聞きづらさを感じました。

あべ静江は定番の「みずいろの手紙」を歌いましたが、あの爽やかな歌声は健在でした。ただベテランにありがちな、ちょっと溜めを作った歌い方をするのがやや気になりました。

森昌子と早見優は昔とおんなじでした。
posted by 安良町経由村上行き at 21:03 | Comment(0) | 放送

豊洲市場

今日どこかの番組でやってたのですが、通称「関東軍」と呼ばれる技術系集団があって、どうせ文系の連中には分からないだろうということで説明もせずに勝手に進めてしまうことがあるということでした。歴代の市場長や知事も文系で、言うなれば雇われ店長、雇われ社長みたいなものですから、彼らからないがしろにされていたと考えることもできそうですね。

建設屋の中には地下ピットを造るのは常識と考える向きもあるようですが、だとしても敷地全体を盛り土で覆うという提言が出ている以上は専門家会議にフィードバックする必要があると思うのですが、そういう発想自体が存在しないのかも知れませんね。この一件はかなり根が深そうです。

それはそうとTBSで放送された地下ピットの映像の中に日テレの久野村有加記者がバッチリ映り込んでいて萌えました。ニュース23でも出るかも知れません。
posted by 安良町経由村上行き at 20:21 | Comment(0) | その他

カウンター
Copyright(C)2017 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ