2017年07月31日(Mon)

佐渡金銀山国内推薦ならず

百舌鳥は4回目だっていうから仕方ないか…
歴史も違いますしね。

北沢浮遊選鉱場のどこかに同級生が失くした靴が片方あるはず。
恐らく泥水の溜まった底なし沼のような洗浄槽の奥底あたりに。
でも整備の過程で発見されてとっくに捨てられたかも。

ある日、自分がいないときに同級生が泥だらけの足で家にやってきて、
「靴を片方失くしたんだけどお母さんには言わないでください」と言ったとか。
そこで泥だらけの足を洗わせてやったらしいのですが、
言わなくても靴がなければ結局バレたんでしょうね。
半世紀前のお話です。

その当時、新潟-両津間に初めてカーフェリーが就航して、
本土から焼き芋屋のトラックがやってきて北沢浮遊選鉱場の近くで店開きして大行列。
父と一緒に50円持って買いに行きましたが、さすがに50円では買えませんでした。
確か200円くらいだったかと。
posted by 安良町経由村上行き at 17:44 | Comment(2) | その他

24時間マラソン

勝手に推理

○全て台本通りだとしても本格トレーニングをしている人がいれば必ずバレる。
 →本格トレーニングを必要としない人物、または距離。

○坂本トレーナーの問診を受けている人が複数名存在する。
 →その全てが候補になり得る。もしかしたらリレー方式?

○当人には当日まで知らされない。
 →複数名の候補の中から最終的に誰が選ばれるかが当日告げられるだけであって、
  候補であることは説明&本人も承諾済み。
  でなければ坂本トレーナーの問診を受ける意味なし。

ということで今回はリレー方式で、候補者にはあらかじめ説明済で、
誰が選ばれても問題ないように坂本トレーナーの下でトレーニング中。
例年のような本格トレーニングが必要ないので、目撃されても決定打にはならず。
昨夜の行列の出演者の驚きのリアクションは、
選出が当日になることに対してのものであって、
誰になるか全く分からないことに対するリアクションではない。

当たったら何かください。

(追記)
こうやって喧々諤々、あーでもない、こーでもないとみんなで推理を巡らせたりバッシングしたりすることによって更に話題性が増して視聴率アップが期待できる。これも炎上商法の一種?

(追記)
その後の日テレの番組を録画して見た限りでは、ものすごいサプライズにもかかわらず、あまり深く触れていない感じがしますね。事実だけを淡々と伝えているだけで、大袈裟に扱いたくないのかも知れませんね。
posted by 安良町経由村上行き at 06:10 | Comment(0) | 放送

7月最後の日

今日は午前3時34分に突然雨が降り始めて、一時かなりいい雨になりました。6時現在、雨は降っていないようですが、どんよりとしています。
posted by 安良町経由村上行き at 06:00 | Comment(0) | 季節

2017年07月30日(Sun)

レッツゴーヤング#8

1983年7月24日放送分

歌謡ポップスチャンネルで放送中、オープニングは中森明菜と河合奈保子の持ち歌交換で、
中森明菜が"スマイル・フォー・ミー"、河合奈保子が"スローモーション"を歌唱。
この回は初めて見ましたが非常に貴重なシーンですね。

来週は#9あたりを期待したのですが#32の模様、#32は最近何度も見たんですよね。
初見とまで行かなくても数年ぶりの回を放送してくれると嬉しいのですが、
同じ回ばかり繰り返し放送している印象が否めません。
posted by 安良町経由村上行き at 22:14 | Comment(0) | 放送

今年の24時間テレビのマラソンランナーは

当日発表とのこと。
対象は当日武道館にいるメンバーで、
事務所には連絡が行っても当人には当日知らされるとのこと。
ヒントは走る理由のある人とのこと。

さすがにこれはアカンやろ。
事務所には知らされていて当人には当日まで知らされないのが本当だとしたらとんでもないパワハラだと思いますし、嘘だとしたら台本通りの完璧なヤラセだと思いますし、どちらにしてもこれは引くわ。最近坂本トレーナーから問診を受けた人は自主的にトレーニングしておけって…アホか。

問診を受けた人の中から最も適任な人を選び終えていて、本人にも伝えてあると考えるのが妥当でしょうね。明日のスッキリ!!で加藤浩次あたりが突っ込まないかなあ…

まさかとは思いますがTeNYの諸橋アナが緊急参戦するとか…。それだったら地方でトレーニングしていれば目立ちませんし、走る理由もありますし、それなりに知名度もありますからね。でもテレビで見る限りでは体を絞っている様子も見られませんからそれはないか…
posted by 安良町経由村上行き at 22:08 | Comment(0) | 放送

カウンター
Copyright(C)2017 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ