快晴のお城山から村上市街、日本海、下渡山(げどやま)を望む
正面が北西、視野角でいうとこれでだいたい180度くらいです
P1050482-6300.jpg
大佐渡と小佐渡が国仲平野で分かれて見えるのと、ちょっとだけですけど粟島も見えるのにお気付きでしょうか
2019年11月23日(土)撮影、6300x1361サイズの超特大画像あります
 

2018年08月13日(Mon)

火土木金が

19時30分現在、視野120度くらいの範囲に全て見えます。
等級上の明るさは、明るい方から金星、火星、木星、土星の順ですが、
見た感じでは火星より木星の方が明るく見えますね。
視界の開けた場所では金星の右下に細ーい月も見えます。
ペルセウス座流星群は残念ながら見つけられませんでした。

(19時50分)
月が沈みました。

(20時00分)
金星が間もなく沈みそう。
そのはるか上方には、うしかい座のアークトゥルスが見えます。
土星と木星の間に見えるのは多分さそり座のアンタレスだと思います。
わし座のアルタイルと、こと座のベガの間にあるはずの天の川は、
目を凝らしても見えませんでした。
最近増殖しているLEDの街灯は天体観察には大敵ですね。

(21時20分)
木星の位置がかなり低くなってきました、程なく沈みそう。

上記はもちろん全て肉眼です。
posted by 安良町経由村上行き at 19:46 | Comment(0) | 季節

カウンター
Copyright(C)2020 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ