快晴のお城山から村上市街、日本海、下渡山(げどやま)を望む
正面が北西、視野角でいうとこれでだいたい180度くらいです
P1050482-6300.jpg
大佐渡と小佐渡が国仲平野で分かれて見えるのと、ちょっとだけですけど粟島も見えるのにお気付きでしょうか
2019年11月23日(土)撮影、6300x1361サイズの超特大画像あります
 

2018年11月29日(Thu)

郵便の輸送業務効率化、集中化の影響だと思いますが、

村上市から山形県の遊佐町(秋田県との県境付近)へ出した書留郵便が、村上郵便局から、見附市の新潟郵便局、山形市の山形南郵便局を経由して酒田郵便局(遊佐)へと配送されました。なんかエラい遠回りのように思えますが、おそらく日本海沿いに北上するルートではコストに見合う物量がないんでしょうね。というか、そう信じたいです。遊佐のアマハゲも無形文化遺産に登録されたんですね。
posted by 安良町経由村上行き at 18:59 | Comment(2) | 通信

下町ロケット効果で

今日の新潟日報によれば、燕市へのふるさと納税が増えているそうですね。中学三年までの6年間を燕市で過ごした自分としては本当は見なくちゃいけないドラマなんでしょうけど、なんかあの手のドラマは見る気が起こらなくて今まで来てしまいました。もし再放送があったら見てみたいですが、水道の塔とか、実在の施設も出たんでしょうかね。
posted by 安良町経由村上行き at 18:47 | Comment(0) | 放送

ナマ禿げが

無毛文化遺産に登録されたそうです。
posted by 安良町経由村上行き at 16:54 | Comment(2) | その他

2018年11月27日(Tue)

クスリのアオキ村上店

明日28日オープンだそうです。
チラシもまだ入っていませんが、今日の日付でニュースリリースが出ていました。
https://www.kusuri-aoki.co.jp/new/pdf/20181127_1_murakami.pdf
明日の朝刊に折り込みが入るかも知れませんが、間際の発表でした。
店舗検索にはもう出てきますが、処方箋受付はない模様です。

(11月28日追記)
本日9時オープンのチラシが入りましたが、
やはり処方箋受付に関する記述はありませんでした。
酒の広告もなかったので、
もしかすると酒販の免許待ちでの見切り?オープンかも知れません。
良く見たらごく狭いスペースですが酒類の広告も載っていました。
予想が外れました、お詫びして訂正致します。

(追記)
時間を見て寄ってみたら酒も売っていました。そして看板の一文字分空白の箇所には「薬」と書いてありました。なぜオープンまで空白にしておいたのかは良く分かりません。

この空きスペースには「酒」ではなく「薬」の文字が入りました。
AOKI-2.jpg

店自体はいい店なんですが道路との出入りが不便ですね。正式な出入り口は国道側の一か所で、しかも右折で入る場合は右折レーンの途中から入る形になるので右折車との競合が心配です。出るときは「混雑時は左へ」と書いてあって、右折で出ること自体は規制していませんでしたが、これも渋滞の原因になりそうですね。ですから右折で安全に出ようとしたら、コンビニワープじゃないですけど隣のウオロクの駐車場内を通る必要があるのでトラブルが不安です。どうせならウオロク、アオキ、ドコモショップの三店共同の駐車場にすればもっと使いやすくなると思うのですが、原信みたいに最初からの計画じゃないと無理なのかも知れませんね。

あと小さなことですがオープン直後の店にありがちなことですが、カゴが出入り口にしか置いてなくて、店内には置いてありませんでした。このへんも徐々に改善して行くのでしょう。

しかしドラッグストアと言いながら、薬品買ってる人は殆どいないというこの事実。
posted by 安良町経由村上行き at 23:30 | Comment(2) | その他

晩秋4

今朝は昨日よりも早くからきれいな青空が広がっていたので、とっさにカメラを持ち出して撮影しました。昨日の写真とは色合いが全然違うのが分かると思います。全てDMC-FZ7での撮影、ISO=100、プログラムAE、一番下の写真以外はテレ端(35mm換算432mm)で撮影しました。画質補正なし、ノートリミングで、元画像2816サイズのものを1920サイズにリサイズしてあります。

f8 1/400秒
P1030047-1920.jpg

f8 1/400秒
P1030050-1920.jpg

f8 1/500秒
P1030051-1920.jpg

f8 1/400秒
P1030053-1920.jpg

f8 1/400秒
P1030054-1920.jpg

f7.1 1/400秒
P1030058-1920.jpg

f8 1/400秒(35mm換算212mm)
P1030059-1920.jpg

DMC-FZ7は2006年に発売されたコンデジですが、レンズ交換なしでテレ端の432mmまで行けるというのが大きいですね。特に朝の忙しい時間に急いで撮影する場合などは一眼レフよりもはるかに機動性に優れます。柿にピントが合わないようにするのには結構気を使いましたが、先に月にピントを合わせてから構図を変えてやれば大丈夫でした。

ただ月のディテールは昨日の方が良く出ているような気がします。また拡大すると特に青空の部分など粒子がやや目立つような気もしますが、ハードオフで1,080円で買ってきたジャンクカメラでこれだけ撮れれば十分だと思います。
posted by 安良町経由村上行き at 20:58 | Comment(0) | 季節

カウンター
Copyright(C)2020 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ