快晴のお城山から村上市街、日本海、下渡山(げどやま)を望む
正面が北西、視野角でいうとこれでだいたい180度くらいです
P1050482-6300.jpg
大佐渡と小佐渡が国仲平野で分かれて見えるのと、ちょっとだけですけど粟島も見えるのにお気付きでしょうか
2019年11月23日(土)撮影、6300x1361サイズの超特大画像あります
 

2018年12月17日(Mon)

札幌ビル爆発事故

さきほど日テレで流れた情報によれば、不動産屋の従業員がスプレー缶100本以上に穴を開けて、手を洗うために給湯器を使おうとしたら爆発したと説明しているそうです。
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20181217-00000015-nnn-soci
まだそれが原因とは特定されていないものと思いますが、そんなに大量のスプレー缶に屋内で穴を開けるとは・・・。NHKでは廃棄処分する除菌消臭用スプレーを大量にまいて、それに湯沸かし器の火が引火した可能性があるという報道でした。

でも不動産屋があれだけこっぱみじん(死語?)になっていても、居酒屋の方が規模がはるかに大きくて、なおかつ営業中だったので「居酒屋が爆発」とか「居酒屋の入ったビルが爆発」とか、第一報は居酒屋主体の報道になってしまうのでしょうね。まあ仕方ないことだとは思いますが、居酒屋はほんといい迷惑でしたね。

(追記)
報道ステーションにその不動産会社の別店舗の元従業員という人が出ていたのですが、その人の話によれば、客への有料オプションで部屋の除菌をすることがあるらしいのですが、忙しいと忘れることがあるとか。しかしスプレー缶を空にしないと本部へ返却できないので抜いていたんじゃないかと言ってました。ちゅうことは満タンに入ったスプレー缶120本を、何回かに分けたかも知れませんが店の中に何十本も立てて噴射していたということなのかも知れませんね。まだ断定はできませんがもし本当だとすれば恐ろしい話ですね。昔、過激派がアパートの一室のアジトで爆弾を作っていて暴発させる事件が時々ありましたが、それ以上でしょう。

(追記)
その後の報道によれば、店舗改装のために廃棄処分する除菌消臭用のスプレー缶約120本を、2人の従業員が閉め切った室内で換気せずにガス抜きを行なったということらしいです。店舗改装のためであれば何の遠慮もなく堂々と本部に返却すればいいのにと思いますが、なんでこんなことしたんでしょう、二人も揃って。
posted by 安良町経由村上行き at 12:14 | Comment(11) | 事件・事故・災害

カウンター
Copyright(C)2020 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ