2019年01月06日(Sun)

任天堂初代ファミコンHVC-001(つづき)

昨日ハードオフで買ってきた任天堂初代ファミコンに、同時購入したタッチのカセットを取り付けて動作確認を行いました。別にタッチが欲しかった訳ではなく、安いのはこれしかなかったというのが正直なところです。他のカセットは540円以上するものが多かったのですが、これは324円でした。きっと青春恋愛ドラマ的なゲームが繰り広げられるのでしょう。

P1030220-1920.jpg

今使っているテレビは2011年春に発売されたソニーのブラビアですが、おそらくアナログチューナー搭載の末期モデルになると思います。早速2chに合わせて動作確認、最初は映らなくて焦りましたが、どうやらメインスイッチの接触が悪いらしく、何回が動かしているうちに直りました。この辺は機会を見て点検しようと思います。

P1030186-1600.jpg

さらにカセットの接触も悪いらしく、カセットを揺らすと画像が乱れます。そこで最初に本体側のカセット差し込み口の接点を清掃してみたのですが直らなかったので、カセット側の接点を両面清掃したところ画像の乱れは直りました。

P1030221-1920.jpg

P1030222-1920.jpg

P1030184-1920.jpg

P1030191-1920.jpg

ところがこれがアニメとは全然違って、南に襲いかかって来る敵をやっつけるという格闘ゲームで、いわゆるクソゲーと呼ばれているものらしいです。余談ですが、このゲームの立ち上げの途中で画面中央に"TOUCH"と表示されるので、一瞬どこをタッチすればいいんだろう???と思いましたが、良く考えたら単なるゲーム名でした。紛らわしいわあ。

カセットの接触不良はカセット側の接点を清掃することで解消、本体の電源スイッチの接触不良はスイッチを何度か動かしているうちに直りました。念のためにカバーを開けてみましたが、スイッチ自体は普通のスライドスイッチなのですが、取り出すのに少し手間がかかりそうだったので当面このままで使おうと思います。

ただ、コントローラー2に付いているマイク用のスライドボリウムに接触不良が発生していて、何もしなくても大きなハム音が出る症状が見られたので、この部分だけ分解して清掃しました。

このコントローラーの左上のスライドボリウムに接触不良が発生していたので、
P1030228-1920.jpg

分解して接点を清掃しました。
P1030224-1920.jpg

これでハム音は解消しましたが、コントローラー2のマイクで拾った音が反映されるまでコンマ数秒のディレイが見られますね。でも普段はボリウムを絞っておくので害はなさそうです。

これでひとまず問題なく動作するようになったので、今日もう1本カセットを買ってきました。「北斗の拳」と「北斗の拳2」があったのですが「北斗の拳」の方が324円だったので買ってきました。今度は接点を清掃してから使ったので画像の乱れは発生しませんでした。

P1030232-1920.jpg

P1030233-1920.jpg

P1030234-1920.jpg

今回買ってきたカセットは2本ともジャンク品ですが、ジャンク以外のものは強気な価格設定のものが多くて、ぷよぷよは3,000円以上の値札が付いていましたし、宝島の3,000円台の値札が付いたままの状態のものに4,000円を超える値札が付いているものもありました。

また、昨日ファミコン本体を買ったときに台車に一緒に載せられていた品物二点も売り場に並べられていましたが、値札の日付はやはり2019年1月ではなく2018年1月になっていました。

それにしてもわずか四半世紀前の青少年はこんなので満足していたなんて隔世の感を禁じ得ませんね。というわけで1,620円で買ってきた動作未チェックの初代ファミコンは無事動作したというお話でした。
posted by 安良町経由村上行き at 23:30 | Comment(0) | ハードオフお買い物日記

まさか部分日食が見えるなんて

思いませんでしたよ、この季節に新潟で。

天気予報でも今日は一日中雪模様の予報が出ていましたし、そもそもこの時期の新潟で日食が見えるなんて思いもしなかったので何の準備もせずに、というか全く「気なし」でいたのですが、その時間帯だけ見事に晴れ上がりました。

2019年1月6日(日)午前9時25分
P1030200-2816.jpg
Panasonic DMC-FZ7 f3.3 1/2秒 ISO=100
72mm(35mm換算432mm) 2816x2112 153KB

去年の9月にハードオフで1,080円で買ったジャンク品のDMC-FZ7のレンズの前に、
IMG_2856-1920.jpg

以前の日食の時に買った日食グラスを手で固定して撮影したら簡単に撮れました。
P1030206-1920.jpg

この前後のわずか10分間程度ですが雲が切れて日差しが見られたので、確か日食グラス持ってたよなあと思って探したらあったので、大急ぎで撮影しました。まさかこの時期にこの場所で日食が撮影できるなんて思いもしませんでした。

午前10時05分、また日が差して来ました。徐々に欠けが大きくなってきましたが、おそらくこのへんが最大でしょう。実にちょうどいい時間に日が差してきたものです。
P1030210-2816.jpg
f3.3 1/3秒 ISO=100 72mm(35mm換算432mm) 2816x2112 122KB

今回使用した日食グラスは2012年5月21日の金環日食の時に購入したもので、コメリかムサシかのどちらかで買ったような気がしますが、もしかするとケーズだったかも。
P1030216-1920.jpg

今後日本で見ることができる日食の予定も書かれていますが、部分日食は書かれていませんでした。
P1030217-1920.jpg

こんな真冬の新潟で日食の撮影ができるなんて本当に運が良かったと思います。今年は何かいいことがあるかも。このあと11時20分頃にはまた厚い雲に覆われて雪が降り始めました。
posted by 安良町経由村上行き at 09:59 | Comment(0) | 季節

カウンター
Copyright(C)2018 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ