快晴のお城山から村上市街、日本海、下渡山(げどやま)を望む
正面が北西、視野角でいうとこれでだいたい180度くらいです
P1050482-6300.jpg
大佐渡と小佐渡が国仲平野で分かれて見えるのと、ちょっとだけですけど粟島も見えるのにお気付きでしょうか
2019年11月23日(土)撮影、6300x1361サイズの超特大画像あります
 

2019年02月24日(Sun)

春近し

アルビはスコアレスドローでしたね。今日、自分の車を見て、いやいーやタイヤ替えんの忘れったったいや、恥ずーーかし。と思ったらまだ2月、当たり前ですが誰も替えていません。そんな勘違いをするくらい今年は雪が少なくて、今日も気温は低いものの一日中晴天でした。あと、ずいぶん日が長くなりましたねえ。でもこの冬、新潟市寄居町で行われた下水熱による融雪システムの実証実験は、十分なデータが取れなかったかも知れませんね。今日ブックオフへ行ったらササダンゴ氏にそっくりな人がいました。でもプロレスラーにしては背が低いというか、普通より少し高いくらいだったので別人だと思います。キャップをちょこんと乗せてる感じなんてそっくりだったのですが、まさかササダンゴ氏が村上のブックオフでCD見てるとは思えませんしね。デビットジャガーのCDはやっぱりありませんでした。今日はこんないい天気だったのに白鳥の声が全然聞こえませんでした。もしかして大池の白鳥はもうみんな帰ったか。
posted by 安良町経由村上行き at 16:33 | Comment(8) | 季節

覆面パト?

今日、朝一でリポビタンを買いにウオロクまで行ってきたのですが、その帰り道、前をトロトロ走る車に遭遇。40km/h制限ですが見通しのいい直線道路を35km/h前後で走っています。車種は黒のクラウンロイヤルサルーン、はっきりとは見えないものの男二人が乗っていて、ルームミラーが二重になっているようにも感じられます。追い越し禁止区間ではありませんが、追い越しの際の速度超過を狙っているのかも知れないのでそのまま追従。しばらくして一時停止の標識のある丁字路で停止したのですが、明らかにノーズの部分が停止線から出た状態で停止しました。ん?もしかしたらパトじゃないかも。そう思いながらさらに追従すると、今度はウインカーを出さずに路肩に寄って停止しました。この動きはパトじゃなさそうですね。何かあるといけないので最徐行で横を通り抜けてきましたが、もしかするとヤバい車だったのかも。ちなみに最近はどうか知りませんが、昔、覆面の判別法として良く言われていたトランク部分のアンテナや、パトライトを収納する部分のくぼみなどは見られませんでした。日曜の朝9時半、ウオロクの駐車場は満車とまではいかないものの7割くらいは埋まっていました。それに対して隣のアオキの駐車場はスッカスカ、寄ってみようかとも思いましたがやめました。ウオロクはレジ袋不要でもカード持参者に対するポイント還元はあるものの、それ以外の客に対する優遇はないみたいですね。その点では2円だったか値引きしてくれる原信の方が有利かも。ユニフォームプラザことりやのCMって新旧両方とも流れてるんですね。古い方も随分長いですね。
posted by 安良町経由村上行き at 11:21 | Comment(2) | その他

カウンター
Copyright(C)2020 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ