快晴のお城山から村上市街、日本海、下渡山(げどやま)を望む
正面が北西、視野角でいうとこれでだいたい180度くらいです
P1050482-6300.jpg
大佐渡と小佐渡が国仲平野で分かれて見えるのと、ちょっとだけですけど粟島も見えるのにお気付きでしょうか
2019年11月23日(土)撮影、6300x1361サイズの超特大画像あります
 

2019年04月28日(Sun)

「新潟」のハングル表記について

昨日のニュースで新潟駅の様子が映ったのですが、
駅名標に「니가타」と書かれていました。

これだと「にがた」に近い発音になるので、
「니이가타」の方が良いのではないかと思うのですが、
実際の所はどうなんでしょう。

https://coneru-web.com/prefecture15/
には「니가타」が正式だと書かれていますが、
なぜそれが正式なのかの記述が見られませんでした。

想像するに、ひらがな表記では「にいがた」ですが、
発音は「にーがた」に近いのでハングルでは「니가타」の方が適切だと、
そういうことなんじゃないかと思うのですが、
本当の理由はどうなんでしょう、教えてエロい人。
posted by 安良町経由村上行き at 00:14 | Comment(2) | 交通

2019年04月27日(Sat)

デカワンコ1巻〜12巻

全巻

今日はさんざん歩いて疲れたのでやめときゃいいものを、ちょっとと思ってブックオフへ行ってみたらデカワンコの全巻を発見。
P1030855-1200.jpg

1巻と2巻は持っているので、他の巻が出ていないか行くたびに確認するものの見つけられず、今日ようやく出てきました。1巻と2巻はダブってしまいますが、今日見つけたものの方がきれいだったので全巻購入しました。各108円、12巻で1,296円、ウルトラセールまで待っているとなくなりそうだと思ったので確保しました。

12巻すべて第1刷だったので、前オーナーは新刊が出るたびに買っていたのでしょうね。
posted by 安良町経由村上行き at 22:02 | Comment(0) | ハードオフお買い物日記

寺町

黒塀通りから寺町通りへ。

「浄念寺」付近
P1030839-1200.jpg
黄色い看板にも書かれていますが、以前は一方通行だった道路が、拡張等に伴わずそのままの道幅のままで一方通行解除された所が何か所かありますので、久しぶりに走る方はご注意ください。

「常王寺」
P1030840-1200.jpg

「長法寺」
P1030841-1200.jpg

この向かいに「ちくに」という有名なラーメン屋があるのですが、朝っぱらから若ーけしょが何人も待っていたので、なんでこんな早い時間から?と疑問に思ったのですが、あとで調べたら11時20分近くでした。

P1030842-1200.jpg

P1030843-1200.jpg

「西真寺」
P1030844-1200.jpg

P1030845-1200.jpg

「久遠寺」
P1030846-1200.jpg

小国町の「旧番屋跡」風月堂の斜め向かいです。
いわゆる本町(もとまち)と村上の境だった場所でしょうね。
P1030847-1200.jpg

このペイントはずいぶんむかーーーしからありますね。
P1030848-1200.jpg

この通りも昔はNTT方向への一方通行でしたが、近年解除されました。
P1030849-1200.jpg

桜の終わりの時期とあって、至る所でこういう光景が見られました。
P1030850-1200.jpg

この近所にかかりつけの歯医者があるのですが、前回かかったときに歯間ブラシの使用を勧められて、それを毎日実行した結果、あれから5年半以上経ちますが虫歯知らずです。

本日の行程はここで終了です。最初はぽっぽ焼きを買うだけの目的で出たのですが、途中で自民党のポスターを見つけたので、それを撮影するためにカメラを持ってもう一度出ました。そして、ついでなので六斎市や黒塀通りなどの撮影をしながら帰りました。

二度目は途中で雨がバーーーーっと降ってきて一時的に雨宿りすることもありましたが、基本的には傘は必要なし、でも財布を持たずに出かけたので買い物もできず、時計もせずに出かけたので時刻も分からず、そのうえサンダル履きで出かけたのであちこち痛くなりました。歩いた距離は二回合わせて5km弱、時間にして2時間くらいです。

途中で県警のワゴン車がやって来て警察官が大挙降りてきたので何かあったのかと思いましたが、混雑を予想して警戒に当たっていたようで、交差点などに配置されていました。でも今日はパンフレットを持った観光客がチラホラ見られる程度で、大きな混雑は見られませんでした。

この近所に住んでいて、徒歩圏内にこういった観光資源が山ほどあるにも関わらず、それが当たり前のようになってしまっていて、普段は全く意識することもありませんし、見に行こうと思うことも少ないのですが、今日あらためて歩いてみたら見どころがいっぱいありますね。特に寺町通りはお寺好きの人にはお勧めできると思います。あとは黒塀通り、こんな言い方は変ですけど、テレビで見るより実際の方が何倍も素晴らしく感じられました。

もし連休中に時間が取れたら訪れてみるのも良いと思いますが、六斎市を絡めるならば2と7の付く日がお勧めです。

ここまで平成31年4月27日(土)
posted by 安良町経由村上行き at 20:45 | Comment(2) | 観光

黒塀通り

戦前からある老舗のパン屋の「トラヤ」です。
P1030817-1200.jpg

ここから入ると安善小路、いわゆる黒塀通りへと続きます。
P1030818-1200.jpg

「パーンと言ったらトラヤのパン!」
ある年代以上の新潟県民なら知らない人はいないと思われる有名なテレビCMです。
P1030819-1200.jpg

この辺からガラっと雰囲気が変わります。
P1030820-1200.jpg

これがブロック塀だったらどこにでもある普通の小路なのですが、
これだけ整えると見事なものですね。
P1030821-1200.jpg

P1030822-1200.jpg

P1030823-1200.jpg

「安善寺」です。
P1030824-1200.jpg

P1030825-1200.jpg

P1030826-1200.jpg

黒塀を維持するためのさい銭箱が置かれていましたが、
財布を持たずに来てしまったので上げられませんでした。
P1030827-1200.jpg

「割烹 新多久(しんたく)」です。
P1030828-1200.jpg

P1030831-1200.jpg

ここもテレビに良く出てくる場所ですね。
この坂を下ると塩町通りに出ます。

P1030832-1200.jpg

坂を少し下りた所から、今来た方向に振り向いて撮影しました。
P1030833-1200.jpg

P1030834-1200.jpg

ごく普通の石段ですが、黒塀といい、石垣といい、
ずいぶん雰囲気が違ってくるものだなあと、しばし足を止めて見入ってしまいました。
P1030835-1200.jpg

奥の建物が「新多久」、手前のお墓があるのが「願浄寺」です。
このあたりからお寺が増えて行きます。
P1030836-1200.jpg

「割烹 吉源」ここも老舗です。
P1030837-1200.jpg

おそらく今までバラバラだったであろう塀を黒塀に統一することによって、
町の雰囲気がガラッと変わるもので、まるで別の町に来たような雰囲気です。
ここからはお寺の多い「寺町」に続きます。
posted by 安良町経由村上行き at 19:02 | Comment(4) | 観光

まちなか

いったん藤基神社まで行って、また市場通りを戻りました。
桜がちょうど終わる時期なので、こういった光景があちこちに見られます。
P1030791-1200.jpg

P1030792-1200.jpg

もう一回、市役所の裏門の前を通って、
P1030793-1200.jpg

お城山を見上げたら桜も終わって、新緑のシーズンの始まりですね。
P1030795-1200.jpg

このあたりから徐々に天候が怪しくなってきました。
P1030797-1200.jpg

P1030798-1200.jpg

安良町通り、いるのはタクシー1台とばーちゃん1人だけです。
P1030799-1200.jpg

「酒田や」の前の通りですが、賑わっている六斎市とは正反対です。
P1030800-1200.jpg

安良町の由来が書かれています。
P1030801-1200.jpg

P1030801-984.jpg

P1030802-1200.jpg

規制時間が変更になったために修正したのだと思いますが、
もうちょっとマシな直し方はなかったものでしょうか。
P1030803-1200.jpg

P1030804-1200.jpg

お城山の中腹は結構新緑が進んでいますね。
P1030807-1200.jpg

上町通り、ここは何年も前に道路の拡張が終わっています。
P1030808-1200.jpg

羽黒町の信号から上町を経て大町の信号までの500m弱の区間は何年も前に拡張工事が終わって安全できれいになりましたが、その反面、風情は失われて、町の雰囲気としてはどこにでもある町のような感じになってしまいました。このへんのバランスは非常に難しいですね。

赤いポストの左側が「きっかわ」、右側が「益甚酒店」です。
P1030810-1200.jpg

自分は車には詳しくないので、なんという車なのか分かりません。
P1030812-1200.jpg

「うおや」です。
ここもテレビで取り上げられることが多いですね。
P1030814-1200.jpg

「美術館 旅籠門」です。
P1030815-1200.jpg

狭いスペースにびっしりと絵が飾られています。
P1030816-1200.jpg

六斎市に比べれば人の数は少ないですが、
予報に反して天気も良かったので助かった人も多いでしょうね。
posted by 安良町経由村上行き at 18:29 | Comment(2) | 観光

カウンター
Copyright(C)2020 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ