快晴のお城山から村上市街、日本海、下渡山(げどやま)を望む
正面が北西、視野角でいうとこれでだいたい180度くらいです
P1050482-6300.jpg
大佐渡と小佐渡が国仲平野で分かれて見えるのと、ちょっとだけですけど粟島も見えるのにお気付きでしょうか
2019年11月23日(土)撮影、6300x1361サイズの超特大画像あります
 

2019年05月24日(Fri)

村上南小学校運動会

明日25日(土)8:45〜
明日も30度近くまで上がる予報が出ていますから、
熱中症には十分注意してくださいね。
posted by 安良町経由村上行き at 19:29 | Comment(4) | スポーツ

2019年05月23日(Thu)

UX探県Thursday

毎月一回、木曜日に県内すべての自治体を紹介する新プロジェクトだそうですが、
第一回目の今日は村上市からでした。
http://5ch.uxtv.jp/info/tanken/index.html

ナマ+トクでは村上市スケートパーク前から村上市の特産品を、
スーパーJにいがたでは村上の庭園巡りを紹介していました。
今日深夜のヤンごとなき!でも何かやるみたいです。

ていうか石橋アナがうちから100mくらいの所まで来てたんや・・・

「ヤンごとなき!」にて、
大毎(おおごと)で湧き水汲んで、
それ持って矢部お茶屋(常盤園)へ行って新茶を入れてもらって・・・
そのあと忘れました、あとで録画で確かめます。

25日(土)のまるどりっ!でも探県Saturdayと題して、
村上のグルメを紹介する模様です。
posted by 安良町経由村上行き at 18:58 | Comment(0) | 放送

2019年05月21日(Tue)

各地で大雨

おはようございます。
幸いこちらでは夜中に少し降っていた程度で、
午前5時50分現在ではほぼ無風で傘の要らない程度の雨模様です。
これからピークを迎える地域の皆さん十分にご注意ください。

午前6時現在、と言っているうちにやや強い雨が降って来ました。
今日は一日注意が必要ですね。
と思ったらまた止みました。

午後6時30分現在、晴れ。
今日は雨は午前中でほぼ上がって、
午後3時頃からは青空が出始めましたし、
今はきれいな夕焼け空が広がっています。

午後6時半過ぎに撮影、
1,080円で買ったジャンクのコンデジでも結構良く写るものですね。
P1040331-1580.jpg

P1040335-1580.jpg
posted by 安良町経由村上行き at 05:54 | Comment(4) | 事件・事故・災害

2019年05月19日(Sun)

Technics SB-6A編

テクニクスの平面スピーカーって当時ブームになりましたし憧れましたよね。このSB-6Aはオーディオの足跡様によれば1982年に1本45,000円で発売された製品のようですが、今思うと最先端技術だったにも関わらず、価格的には手頃な価格帯だったんだなあと思います。

P1040312-1600.jpg
筐体がゆがんで見えるのはレンズのせいであって製品がゆがんでいるわけではありません。

2019年5月18日の土曜日、小さな台車に背中合わせの状態で載せられていて背面の状態が分からなかったので店員さんにお願いして背面の端子の状態などを見せてもらいましたが、特に問題なさそうです。

P1040313-1600.jpg

値札にはひとこと「音出ました」とだけ書かれています。なぜジャンクにしたのかを尋ねてみたところ、別の人がチェックしたらしくて詳細は分からなかったのですが、金網があるのでウーファーの平面振動板のチェックができないからではないかというお話でした。でもアッテネーターも含めて特に問題ないということだったので購入を決断しました。

ところが・・・

帰宅後に音出しをしてみたら片方のツイーターから音が出ていません・・・orz

ツイーターの音が出ない原因として真っ先に思い浮かぶのはボイスコイルのエナメル線の断線ですが、耳をくっつけると微かに鳴っているのが分かります。いっそ断線だったら分かり易いのですが、断線していないのに音が出ない原因はいったい何なんでしょう。

ということで早速分解、
P1040322-1600.jpg
六角レンチを使ってネジを取り外します。ネジの頭のサビ汚れはあとで磨いておきました。

中央に見える部品は周波数特性のフラット化を図る目的のイコライザとしての役割があるようですが、金属ではなくプラスチック製なので割らないように注意が必要です。
P1040323-1600.jpg

イコライザパーツはただ置いてあるだけで接着等はされていませんでした。そしてそれを取り外すと平面振動板が見えてきました。この写真は平面振動板をいったん取り外した後の写真なので浮いて見えますが、取り外す前はエッジの耳の部分が下のパーツに密着していました。
P1040324-1600.jpg

振動板の裏側は細ーく切ったパーツをクネクネ曲げた状態にして放射線状の模様になっていますが、これをハニカム構造と言うのかどうかは良く分かりません。
P1040325-1600.jpg
しかも、その下にあるもう1枚の振動板?もボロボロです。

その下にはボイスコイル用のエナメル線が巻かれたボビンがくっついていて、それをマグネットのリング状のスキマに差し込む形になっていますが、断線していないのが目視でも分かります。
P1040326-1600.jpg
ところがその差し込み具合によって高音の出方が全然違ってきます。極端な表現をするならば0か100か、そのくらいの違いがあります。でも高音が出ない原因は何となく分かったような気がします。

このボビンを完全に下までくっつけてしまうと高音が出なくなり、ある程度浮かせてやると高音が出るようになることが分かりました。
P1040327-1600.jpg
ということは、あくまでも推測の域を出ませんが、ここにスペーサー的なものが入っていて高さを確保していたのかも知れませんね。でも、もしかすると適切な位置で接着されていたものが、持ち帰るときの振動で外れてしまったのかも知れませんから、一概に店のチェックが甘かったとは言い切れない部分もありますし、元々ジャンク品とはそういうものですからね。これは正常な方を分解してみれば分かることなのですが、そこまでの勇気はないもので(笑)。

そこでボビンの高さを確保するためのパーツ探しに取り掛かりましたが、磁石にくっつく素材は使いにくそうだと思ったので、水回りをいじった時の残りのゴム製のパッキン類を使うことにしました。
P1040329-1600.jpg

そしてゴム製のパッキンをボビンの内側と外側に置いて組み立てたところ、かなり良好な結果が得られました。
P1040328-1600.jpg

また組み立て後にイコライザーパーツの中央の穴の中を押してやると高音の出方がさらに良くなることが分かったので、イコライザーパーツと、その直下の振動板との間に薄いスペーサーを挟み込んで、高音が一番良く出るように微調整しました。このへんはいわゆるカットアンドトライですね。

今回の作業で一番気を使ったのはやはりボイスコイルのエナメル線を切らないようにすることですが、一応、正常な状態を100とするならば90程度まで復旧できたかなという印象です。音質の印象としては、やはり低音域の質感が素晴らしいですね。高音域の切れ込みはさほどでもないのですが、非常に繊細で爽やかな音がします。また中音域はやや控えめで、ボリウムを上げてもうるさくない印象を持ちました。全体的には非常に上品で上質な音という印象を持ちましたが、その反面、女性ボーカルへのエロさはあまり乗らないように感じられました。

念のために両側のツイーターの抵抗値を測ってみたところ、正常側が5.4オームだったのに対して、今回修理した側は5.3オームでした。なのでユニット自体には大きな問題はなさそうですが、ヤフオクをウオッチして、もしツイーターが手に入ったら交換を試みたいと思います。

セッティングしたらこんな感じになりました。
P1040330-1600.jpg
良く見たらオーディオタイマーもNational製ですね。

角の部分などに擦りキズや当たりキズなどが見られるほか、結構外装のベタベタが多くて、濡れ雑巾がまっ茶色になりましたが、見た目もかっこいいですし、今まで使ったスピーカーの中でもかなり上位に入るような印象を持ちました。

Technics SB-6A、
2019年5月18日(土)ハードオフ村上店で購入。
ジャンク品「音出ました」税込み4,320円。

5月20日(月)追記
エナメル線を巻いたボビンの先端に付いているアルミ箔のような部品は、振動板に電気を伝えるための電極のような役割なのかも知れませんね。そう考えると振動板と密着していた方が効果的のような気がします。

高さに関してもスペーサー的なもので確保するのではなくて、マグネットの溝に粘度の高い接着剤を塗っておいて、そこにボビンを軽く差し込む形にして、上から振動板で押し付ける形にした方が効果的なような気がします。そしてその際にアルミ箔のような部品も張り替えればさらに効果的のような気がします。やってみたい気持ちもありますが、現状で9割方改善しているのを考えるとこれ以上いじらない方がいいような気もしますし、悩むところです。
posted by 安良町経由村上行き at 23:59 | Comment(0) | ハードオフお買い物日記

本当に初夏でしょか

今日は初夏どころか真夏と言ってもいいような暑さでしたね。
日中、部屋の窓を開けておいても室温は30度を超えていました。
お茶畑の写真でも撮りに行きたかったのですが、
外も相当暑かったので断念しました。
posted by 安良町経由村上行き at 18:37 | Comment(2) | 季節

カウンター
Copyright(C)2020 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ