快晴のお城山から村上市街、日本海、下渡山(げどやま)を望む
正面が北西、視野角でいうとこれでだいたい180度くらいです
P1050482-6300.jpg
大佐渡と小佐渡が国仲平野で分かれて見えるのと、ちょっとだけですけど粟島も見えるのにお気付きでしょうか
2019年11月23日(土)撮影、6300x1361サイズの超特大画像あります
 

2019年05月11日(Sat)

新緑のお城山登り口

お城山の登り口、今まさに新緑のシーズンです。
P1040215-1600.jpg

二之町の信号を法務局の方へ曲がってまーーっすぐ行くと、お城山の登り口に突き当たります。村上小学校の近くからですと、裁判所の丁字路を曲がって、二之町の信号を過ぎてまーーっすぐです。突き当たったら矢印に従って右に曲がります。
P1040217-1600.jpg

育英会の前を通りすぎた所に立派な駐車場が整備されました。
P1040218-1600.jpg

位置的に出口の方が先に目に入るのですが、ここは出口専用である旨の看板が立っています。
P1040199-1600.jpg

そして入口の方へ誘導するコーンが置かれています。
P1040221-1600.jpg

50台近く収容できる立派な駐車場です。この日は好天ということもあって何台も車が停まっており、県外ナンバーの車も見られました。
P1040194-1600.jpg

P1040195-1600.jpg

ここには山頂まで10〜15分と書かれていますが・・・
P1040196-1600.jpg

P1040197-1600.jpg

駐車場の出口です。ここを左折しても二之町の信号の近くに出られますし、羽黒口方面へ行くにはその方が近いのですが、道が狭くて住宅も多く迷路のような状況なので、特に観光客をそちらへ行かせないような配慮や、地域住民の安全確保の意味もあるのでしょうね。
P1040198-1600.jpg

登り口近くには平和観音があって・・・
P1040204-1600.jpg

その近くには恐ろしい貼り紙がありました。
P1040207-1600.jpg

ブルブル・・・
P1040208-1600.jpg

登り口です。
P1040200-1600.jpg

駐車場の看板には山頂まで10〜15分と書かれていますが、ここには20〜30分と書かれています。印象としてはその中間くらいでしょうか。
P1040216-1600.jpg

P1040210-1600.jpg

登り口の横は公園になっていて、その一角にトイレが設置されています。この看板も比較的最近設置されたような感じですね。
P1040202-1600.jpg

P1040205-1600.jpg

お城ふうの立派なトイレですが、和式か様式か確かめるの忘れました。
P1040211-1600.jpg

P1040212-1600.jpg

P1040213-1600.jpg

P1040214-1600.jpg

今日は登り口の撮影だけでしたが、今まさに新緑のシーズン、晴れが続いて足元の心配のない日にゆっくり登ってみたいですね。

元々狭い道が入り組んでいる所なので駐車場への出入りの際に若干迷う可能性がありますが、これだけの収容台数があればトップシーズンでもまあ大丈夫ではないでしょうか。ただ駐車場の周囲は住宅地になっていますから、騒音防止を心掛けたいものです。

また一つ気になったことがあるのですが、二之町の信号に村上城址方面を示す案内表示があるのですが、その逆、帰るときに村上駅方面や国道方面を示す表示がないのが気になりました。このへんは徐々に整備されるといいですね。
posted by 安良町経由村上行き at 17:22 | Comment(2) | 観光

祭りの前

5月1日、慶祝おしゃぎり巡行前に撮影した未公開写真集です。

どこよりも大っきな日の丸が上がっているのは公衆トイレです。
P1030890-1600.jpg

上町通り、パンフレットを持った観光客がたくさん歩いていますし車も多いです。
P1030897-1600.jpg

大町のかどの床屋さんではニッパー君がお出迎え。
昔、レコード屋さんの前には必ずありましたよね。
P1030957-1600.jpg

パチンコ白鳥は何年も前に閉店したのですが、
もしかするとまだ駐車場の所有権を持っているのでしょうか。
P1030961-1600.jpg
(2019年10月4日追記)
先日通ったらこの看板は「ウオロク所有地:売地」になっていました。
かつてこの場所にあったウオロクの閉店・解体後、
パチンコ白鳥の駐車場として貸してあったものを、
ウオロクに返却したような形なのかも知れませんね。

村上プラザ店は閉店しましたが、大町店は営業しているようですね。
P1030959-1600.jpg

ウルトラマンと記念撮影できるようになっていました。
P1030960-1600.jpg

一番下の行が何と書いてあるのか良く分かりません。
「けがをするといけないので」か「こわすといけないので」か今度行ったら見て来ます。
もしかすると「たおれるといけないので」かも。
P1030960-400.jpg
ところが5月11日の土曜日に前を通ってみたらシャッターが下ろされていて、
郵便受けには転送先が書いてありましたから、もう営業していないのかもしれません。

「うおや」の店頭に下げられた塩引き鮭は見事の一言ですが、村上は武士の町なのでこういう腹を完全に切り開くやりかたは「切腹」を想像させるとして嫌う人が多く、途中一か所切らずに残すのが一般的とされています。なのでこういうやり方に抵抗を感じる人も多いかも知れませんね。「きっかわ」では伝統的な手法が見られると思います。
P1030966-1600.jpg
この下を通ると塩引き鮭の香りがするんです。

比較的最近作られた案内図のようですね。
P1030911-1600.jpg

ホクギン付近からだとお城山の石垣がはっきり見えますし、人の姿も見えるでしょうね。
P1030953-1600.jpg

小国町通り、栄食堂も老舗です。
看板に書かれている電話番号の局番が一桁のままというのも、
レトロマニアの心をくすぐることでしょうね。
P1030951-1600.jpg

小国町のかどですが、昔はここに直径30センチくらいの丸い石が埋まっていました。
小町にある「火伏せのいの字石」と同じような意味だったのかどうかまでは分かりませんが、
とにかくそれがジャマでジャマで・・・
P1030950-1600.jpg
村上中央自動車学校の路上教習の第三コースでここを左折するコースがあったのですが、
左折の時にはできるだけ小回りしなさいと言われるわけですよ。
でもその石を踏むと怒られるので、魔の第三コースと呼ばれていました。
-----------------------------------------------------------------

「火伏せのいの字石」この項目だけ5月11日(土)撮影です。
P1040165-1600.jpg

場所的にはわら竹クリーニングと大鉄商店の中間付近です。
P1040170-1600.jpg

こんなに由緒あるものなのになぜ案内看板もなにも立っていないのかと思いましたが、
考えてみれば道路の真ん中ですもんね。
P1040166-1600.jpg
撮影には十分ご注意ください。ここまで5月11日(土)撮影です。
-----------------------------------------------------------------

小町通り、観光地らしい非常に活気のある雰囲気ですが、
この道を拡張してしまったらこの雰囲気は失われるんでしょうね、難しいところです。
P1030918-1600.jpg

塩町通りから割烹 新多久(しんたく)方面を望む。
すごく良い雰囲気なのですが、実は塩町には・・・
P1030927-1600.jpg

痛い思い出もありまして(笑)
P1030924-1600.jpg
今は、行くとしたら「いいの歯科医院」なのですが、昔は高原さんに通っていました。

塩町のお稲荷さんでおしゃぎりがスタンバイ。
P1030929-1600.jpg

そのすぐ隣には・・・
P1030932-1600.jpg
まさかこの下の方の白いのは尿素じゃないでしょうね。

小国町の裏通り(正確には塩町)には・・・まさにトワイライトゾーンです。
P1030935-1600.jpg

そして日が暮れて、
P1040007-1600.jpg
「お祭り」への準備が着々と整って行くのでした。
posted by 安良町経由村上行き at 16:58 | Comment(4) | 観光

スケートボード日本選手権

温泉でやってるスケボーの日本選手権も見てみたいですけど、
7時から整理券配布で午前午後各50枚なので、
本気で行く気ならそろそろ行かなきゃダメでしょうね。

まもなく6時30分、もう無理。

7時40分、結局整理券もらいに行けませんでした。
posted by 安良町経由村上行き at 05:27 | Comment(0) | スポーツ

カウンター
Copyright(C)2020 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ