快晴のお城山から村上市街、日本海、下渡山(げどやま)を望む
正面が北西、視野角でいうとこれでだいたい180度くらいです
P1050482-6300.jpg
大佐渡と小佐渡が国仲平野で分かれて見えるのと、ちょっとだけですけど粟島も見えるのにお気付きでしょうか
2019年11月23日(土)撮影、6300x1361サイズの超特大画像あります
 

2019年06月13日(Thu)

山北産南蛮エビ

先日、佐渡産の南蛮エビを上越新幹線で東京へ輸送して、
品川駅で200グラム税込み1,600円で販売して完売したニュースが流れましたが、
今日、うちの近所の店の価格はこんな感じでした。
100グラム単価が税込み198円なので四分の一以下の価格です。

P1040455-1600.jpg

寝屋港直送、今は村上市になったので、言うなれば地元産ですね。
割と大きめのが13尾入っていました。

P1040457-1600.jpg

佐渡産とはランクも違うのかも知れませんが、
この位の価格ならば気軽に食べられますね。
でも売っていない日も多いです。

P1040459-1600.jpg

新幹線で運ばれた南蛮エビを購入した品川マダムが、
「まだ南蛮エビ"というものを"食べたことがないので、
しかも”朝とれ”なので、どんな感じかワクワクします」
と言っていたように、都会では食べる機会は少ないんでしょうね。
posted by 安良町経由村上行き at 20:10 | Comment(0) | 季節

カウンター
Copyright(C)2020 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ