快晴のお城山から村上市街、日本海、下渡山(げどやま)を望む
正面が北西、視野角でいうとこれでだいたい180度くらいです
P1050482-6300.jpg
大佐渡と小佐渡が国仲平野で分かれて見えるのと、ちょっとだけですけど粟島も見えるのにお気付きでしょうか
2019年11月23日(土)撮影、6300x1361サイズの超特大画像あります
 

2020年01月19日(Sun)

安良町さんぽ(2020年1月18日)その2(終)

18日の続きです。

肴町の観音寺ですが、
P1060499-2048.jpg

ここは仏海上人のミイラが安置されていることで有名です。
P1060500-2048.jpg

重厚な門構えの左側では、
P1060494-2048.jpg

仁王様がお出迎え、このへんでは「おんにょさま」と言う人も多いです。
P1060497-2048.jpg

大欠バス停からマツキヨを望む。
村上にマツキヨができるなんて思いもしませんでしたし、今でも信じられません。
P1060505-2048.jpg

マツキヨの向かいは大欠公園になっています。
P1060508-2048.jpg

すべり台とブランコは安全性に問題があるのでしょうか、使用できなくなっていました。
P1060510-2048.jpg

でも鉄棒はそのまんまでした。
P1060512-2048.jpg

村上第一中学校(いっちゅう)の正門ですが、
P1060513-2048.jpg

一校しかないのになぜ第一という名前にしたのかいまだに分かりません。
P1060515-2048.jpg

ここは裏門でしょうかね。
P1060507-2048.jpg

近くにはカッパヤがあって、
P1060516-2048.jpg

イオンスーパーもあります。
P1060518-2048.jpg

これは比較的近年に整備された道路で「えびす坂」と呼ばれていますが、
P1060520-2048.jpg

肴町の人たちが名付けたとは知りませんでした。
P1060523-2048.jpg

こちらは民芸品の「えびす屋」です。
P1060526-2048.jpg

そこへ、まちなか循環バス「あべっ車」が登場。
P1060524-2048.jpg

こちらは小見経由の下関行きです。
P1060530-2048.jpg

山上染物店の向かいは吉川酒舗です。
P1060532-2048.jpg

山上染物店の横は「紺屋小路」という道になっていますが、
P1060533-2048.jpg

どこへ出るのか分からないので今回は歩きませんでした。
P1060534-2048.jpg

日蓮宗の妙性寺があって、
P1060536-2048.jpg

近くには丹羽せともの店があります。
P1060537-2048.jpg

小国町の風月堂菓子店です。
P1060538-2048.jpg

ここは洋服の一貫屋ストアですが改装中でした。
P1060539-2048.jpg

場所は大町のウオロク跡地の隣ですが、町屋ふうになるのかも知れませんね。
P1060540-2048.jpg

町屋と旧型ポストのコラボレーション。
P1060541-2048.jpg

町屋ふうに変身しつつあった横澤自転車店ですが、
内部のパネルも取り外されて完成したようです。
P1060542-2048.jpg

レンタサイクルが結構な比率を占めているのかも知れませんね。
P1060613-2048.jpg

トラヤの告示書ですが、前回上の方の文字が良く見えなかったので撮り直しました。
P1060545-2048.jpg

郷土資料館越しにお城山の石垣を望む。
P1060548-2048.jpg

本間時計店、こちらも老舗です。
P1060552-2048.jpg

昔のお菓子の「ほんま屋」です。
5月に来た時にはシャッターが半分ちょっと開いていましたが、
店内に商品が置いてあるのかどうかまでは分かりませんでした。
今回はシャッターが完全に閉まっていましたが、
看板がきれいなので営業していることを願いたいのですが、どうでしょう・・・
P1060553-2048.jpg

細工町の延命地蔵尊です。
P1060554-2048.jpg

遠くからでも目立つマル金の看板の先は、
P1060555-2048.jpg

金光教の村上教会です。
P1060556-2048.jpg

さいとう南線店の前を通って本日の行程終了です。
P1060557-2048.jpg

今回歩いてみて気付いたことですが、
車が通れるかどうかという狭い小路が沢山ありますね。

ただ「紺屋小路」のようにちゃんと案内板が設置されていれば良いのですが、
それがない小路が多く、通り抜けできるのかどうか、
そもそも公道なのか私道なのかがわからないような狭い小路も多く、
足を踏み入れるのを躊躇してしまうのが現状です。

また「えびす坂」ができたことによって利便性は向上しましたが、
開通当時は町が分断されたような気がしてなかなか馴染めなかったものです。

今日は5kmちょっと歩きましたが、全体的に見ると廃業した店が多い一方で、
町屋ふうに改築を進めている店舗や、新しい店舗が増えている印象がありました。
昔は町屋ふうの黒っぽい建物が増えると暗い感じがしてあまり良く思わなかったのですが、
ある程度揃ってきたらしっとりとした街並みに感じられて、
悪くはないなあと感じています。

大欠という町名は「おおがき」と読むのが正しいようですが、
私の周りでは「おおがけ」と読む人が多いですし、
ごく稀にですが「だいけつ」なんて読む人もいたりします。

3月には町屋の「人形さま巡り」も開催されますので、
お時間がありましたらぜひご訪問ください。

安良町さんぽ、1月18日バージョンはこれにて終了致します。
最後までごらんいただき、おおきにはや!
posted by 安良町経由村上行き at 21:20 | Comment(2) | 観光

安良町さんぽ(2020年1月18日)その1

19日の日曜は雨になりそうな気がしたので18日の土曜に出掛けたのですが、
これが大正解、日曜は朝から雨になりました。

下水マンホールの蓋ですが、無着色バージョンとカラーバージョンがあります。
P1060432-2048.jpg

これ以外のデザインもあるのかも知れませんが、
このジャンルも凝り始めるとハマる危険性が高いので今回はパスですね。
P1060550-2048.jpg

NTT前のバス停ですが、松喜和行きの表示がいまだに「岩船」になっています。
道路の向こうは美食や「やま信」ですが、遠山商店とも呼ばれています。
P1060434-2048.jpg

店の手前のブースで村上牛の串焼きや村上牛コロッケを焼いていて、
観光シーズンにはお客さんが並んでいることも多いです。
P1060435-2048.jpg

こちらは飯野三丁目のお稲荷さんです。
P1060439-2048.jpg

隣が飯宝(いいほう)会館という集会所になっていますが、
今日は何か集会があったらしく、人の出入りが見られました。
P1060438-2048.jpg

村上桜ケ丘高校があって、
P1060442-2048.jpg

グラウンドの近くにパスタイムという飲食店と、
シンデレラという洋服屋さんがあります。
P1060443-2048.jpg

少し先にTELSAという女性向けのファッションショップがありますが、
P1060445-2048.jpg

"TOHOKU EXCELLENT LADIES SHOP ASSOCIATION"というめんどくさい名前です。
もしかして東北地方にたくさんあるのでしょうか。
P1060446-2048.jpg

横断歩道を渡ったところに村上郵便局がありますが、
P1060444-2048.jpg

その先のパスタ屋さんとケーキの不二家がなくなっていました。
P1060447-2048.jpg

どちらも新潟交通の敷地内で営業していたようですね。
P1060448-2048.jpg

村上高等学校の正門です。
P1060452-2048.jpg

"堅忍不抜"と書かれています。
P1060453-2048.jpg

村上駅前ロータリーのタワーも健在です。
P1060457-2048.jpg

歴史を感じさせるように駅名看板を右から書いたり、
「駅」の字を旧字体で書いたりしているのだと思いますが、
私はこういう書き方はあんまり好きじゃないというのが正直なところですね。
P1060459-2048.jpg

駅の裏では村上病院の建設工事が急ピッチで進められていましたが、
まだもう少しかかりそうな感じですね。
P1060455-2048.jpg

駅前バス乗り場です。
こちらは「岩船」ではなくちゃんと「松喜和」と書かれています。
P1060461-2048.jpg

パチンコラスベガスは、やってないような感じですね。
P1060466-2048.jpg

JR社宅専用のゴミ出し場です。
P1060468-2048.jpg

社宅には生活感が全く感じられませんでしたが、まだ何棟かあるようですね。
P1060469-2048.jpg

「居酒屋一心」と「カラオケマイム」です。
P1060473-2048.jpg

こちらは旧村上プラザの塀です。
ここには文字が書いてあったのですが、劣化していて全然読めません。
P1060475-2048.jpg

近くにはスナックが並んでいます。
P1060476-2048.jpg

らーめん「みそ膳」、ここも良さそうなお店ですね。
P1060477-2048.jpg

八百金商店はなんと!売り物件になっていました。
P1060479-2048.jpg

こまざわ床屋はやっているようですね。
P1060480-2048.jpg

本間歯科医院には大昔に何回か来たことがあるような気がします。
P1060481-2048.jpg

村上魚市場、ここは中に入ったことがありません。
P1060482-2048.jpg

肴町主食、いわゆる肴町米屋です。
P1060486-2048.jpg

この人形はみんなで一生懸命作ったのでしょうね。
P1060485-2048.jpg

ほんませともの店のウインドウのタヌキも健在でした。
P1060488-2048.jpg

飲みすぎちゃダメですよ。
P1060487-2048.jpg

お菓子の角銀(かどぎん)商店です。
P1060489-2048.jpg

その向かいは川村金物店でしたが、閉店してからずいぶん経ちますね。
P1060490-2048.jpg

「きたむら旅館」ですが、
工事などで短期滞在する人が利用すると聞いたことがあるような気がしますが、
詳しい利用者層については良く分かりません。
P1060492-2048.jpg

今回は南線から肴町にかけてですが、新潟交通の隣のパスタ屋さんと、
ペコちゃんのお店が両方とも閉店していたのが最大のショックでした。

また駅前の角地にコンビニがあればずいぶん印象が変わるものと思いますが、
今の状況ですと駅前がちょっと寂しい気がしますね。
駅中にNew Daysがあるとはいえ、外に出た時の印象は大事ですからね。

JR社宅は「3」までありましたが実際には二棟しか見つけられませんでした。
また今度確認してみますが洗濯物も一つも出ておらず、
生活感のなさが印象に残りました。
もしかしたら誰も住んでいないのかも知れませんね。

つづく
posted by 安良町経由村上行き at 12:35 | Comment(2) | 観光

カウンター
Copyright(C)2020 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ