快晴のお城山から村上市街、日本海、下渡山(げどやま)を望む
正面が北西、視野角でいうとこれでだいたい180度くらいです
P1050482-6300.jpg
大佐渡と小佐渡が国仲平野で分かれて見えるのと、ちょっとだけですけど粟島も見えるのにお気付きでしょうか
2019年11月23日(土)撮影、6300x1361サイズの超特大画像あります

2020年10月31日(Sat)

安良町さんぽ(2020年10月31日)

ちょっと寒いですけど天気もいいし、
三面川の様子でも見に行ってきましょうかね。

本日のスタートは小町通りです。
大鉄商店は改装中で隣の建物で営業していましたが、
町屋ふうになるのかも知れませんね。
P1080976-2048.jpg

忘れてはならない「火伏せのいの字石」を見ながら進みます。
P1080978-2048.jpg

第四銀行のレンガ車庫と益田書店を見ながら小町坂を下ると、
P1080980-2048.jpg

右側にお稲荷さんが見えてきます。
P1080982-2048.jpg

比較的小規模のお稲荷さんですが、
P1080983-2048.jpg

ここは伊勢神明社と呼ばれています。
P1080984-2048.jpg

ほどなくT字路に突き当たりますが、
P1080985-2048.jpg

このあたりはもう庄内町のようです。
P1080986-2048.jpg

T字路を右に曲がって少し進むと右手に庄内町米店が見えてきますが、
P1080990-2048.jpg

その手前の木屋時計店の横を左に曲がると、
P1080991-2048.jpg

庄内町の住宅街の小路に出ます。
P1080992-2048.jpg

この小路は「牢屋小路」と呼ばれているそうですが、初めて知りました。
P1080993-2048.jpg

その先を右に左に曲がりながら歩いて行くと加賀町の地蔵堂公民館が見えてきます。
P1080997-2048.jpg

公民館の先の道はカーブしていて、一時停止の標識の先は北線通りが横切っています。
P1080998-2048.jpg

この北線通りは昔から広い印象がありました。
P1090001-2048.jpg

北線を横切った所に泉町の土居下稲荷神社がありますが、
P1090003-2048.jpg

近年塗り直したのでしょうか、鳥居の赤が青空に映えますね。
P1090005-2048.jpg

鷲尾組の前の小路を進むと、
P1090004-2048.jpg

小路は左にカーブしていますが、
土手の道に出やすいようにショートカットできる坂道が付けられています。
P1090006-2048.jpg

その坂道を上ると、
P1090007-2048.jpg

正面には下渡山(げどやま)があって、
P1090008-2048.jpg

眼下に広がる穏やかな三面川の流れ!
P1090009-2048.jpg

単に三面川へ来るだけであればもっと近いルートがいくつもあるのですが、
なぜこのルート、そしてこの場所を選んだのかというと、
この場所が土手の道路と川が一番接近していて、
眼下に広がる川の流れを実感できるからなんです。

川岸には量水標が設置されていて、
P1090033-2048.jpg

手前には説明の看板が建っています。
P1090034-2048.jpg

すぐ近くには「土居下稲荷神社田跡」と彫られた石碑が建っています。
さきほどの泉町のお稲荷さんの田んぼがあった場所なのでしょうね。
P1090032-2048.jpg

河原に降りられる石段があるので降りてみましょう。
P1090013-2048.jpg

ススキと三面川、最高の眺めじゃありませんか。
P1090015-2048.jpg

中洲には釣り人の姿も見られましたが、手に持っているのは鮭のようにも見えますね。
P1090016-2048.jpg

下流側に見えるのは下渡大橋です。
P1090014-2048.jpg

再び土手の道に上がって橋まで歩きます。
P1090017-2048.jpg

これも難読地名の一種でしょうね。
P1090020-2048.jpg

この橋は下渡の集落へとつながっています。
P1090019-2048.jpg

橋には広い歩道があるので歩いてみることにします。
P1090018-2048.jpg

橋の欄干横には鮭をデザインしたモニュメントが設置されていますが、
良く見ると赤い欄干部分の下に、川に入って釣りをしている人の姿が確認できます。
P1090030-2048.jpg

近所のじーちゃんが「どーでー、かかったけー」とか言ってしゃなっていましたが、
この人に向かってしゃなっていたのかも知れませんね。
(しゃなる=叫ぶという意味)

橋の中ほどから見る三面川は下流側も穏やかですし、
P1090025-2048.jpg

上流側も穏やかそのものです。
P1090026-2048.jpg

遠くの山々にもまだ雪は見られませんでした。
P1090029-2048.jpg

三面川とお城山のコラボ、村上ならではの光景です。
P1090027-2048.jpg

このまま橋を渡って下渡の集落まで行ってみるか・・・
さすがにそこまでは思わなかったので戻ることにしましょう。

お花畑と三面川、最高の風景ですが、実は・・・
P1090036-2048.jpg

こんな恐ろしい標識が設置されていました。
P1090037-2048.jpg

河原にはスポーツを楽しむことができる広場があります。
見える範囲で利用禁止の標識はありませんでしたが、
今年は来る人はいないかも知れませんね。
P1090040-2048.jpg

倒されたサッカーゴールが寂しさを増幅させています。
P1090042-2048.jpg

かなり前にもご紹介したような気がしますが、
この標識、ネタのためにわざとやっているのかも知れませんね。
P1090038-2048.jpg

ななめに付けられた道を下りて北線通りへ出ると、
P1090043-2048.jpg

アイドル発見!!!
P1090044-2048.jpg

以前にもご紹介しましたが、かつて貸しレコード店だった建物です。
P1090045-2048.jpg

その近くには小さな東屋があって、
城下町村上「歴史を訪ねる散歩道」という看板が建っているのですが、
この手の案内看板が市の中心部にたくさんあると助かるんですけどね。
P1090046-2048.jpg

北線通りの反対側には大木が二本ありますが、
P1090047-2048.jpg

ここは久保多町の秋葉神社です。
P1090049-2048.jpg

元々は久保「田」町だったようですね。
P1090050-2048.jpg

久保多町の秋葉神社全景です。
P1090051-2048.jpg

すぐ近くにはお隣の加賀町の稲荷神社がありますが、
P1090056-2048.jpg

この鳥居も青空に映えますね。
P1090058-2048.jpg

大工さんが多かった町内のようです。
P1090057-2048.jpg

久保多町に負けず劣らずこちらの大木も見事です。
P1090061-2048.jpg

このあと道に迷って右往左往、一応予習はしてきたのですが、
さっぱり分からなくなって行ったり来たりの繰り返しで、
挙句の果てに来るときに通った庄内町米店の前の道に出てしまいました。

このまま道に迷っていたら世の終わりが来ていたかも知れませんが、
P1090063-2048.jpg

何とか記憶を頼りに目的の小路への曲がり角にたどり着きました。
このあたりは三之町のようですね。
P1090070-2048.jpg

狭い狭い小路を進んでいくと、
P1090071-2048.jpg

お城山の近くの小路と同じように道がクランクしていて、
P1090073-2048.jpg

突き当りにお城のような白壁発見!
P1090076-2048.jpg

そうです、この道は先週歩いた道と同じ道なんです。
この道に出たくてさんざん迷ったんです。
P1090077-2048.jpg

(11月5日追記)
むらかみ商工会議所ニュース11月号によれば、
この白壁の建物は村上城小石垣門と呼ばれる建造物で、
いま歩いて来た道は御蔵屋敷小路と呼ばれていて、
米蔵が二棟建っていたということです。

この小路の出入り口や石垣門前に案内看板が欲しい所ですが、
写真を撮る立場になってみると看板の類はない方がいいですし、
看板に注意が行ってしまって事故にあう危険性もあるでしょうし、
微妙なところですね。

やっと目的の場所に出たと思って安心したせいでしょうか、
おしっこが出たくなって景色どころじゃありません。
上町のトイレは遠いし、このまままっすぐ家まで帰ろうか・・・
それにしても10分以上かかるしはたしてガマンできるかどうか。

そう思った矢先、トイレの看板発見!
P1090078-2048.jpg

救われた!!!
体育館にトイレがあるの忘れてました。
でもこれで一安心です。

おしっこもして心配もなくなったところで、
本日最後の目的地である藤基神社へと向かいます。
P1090081-2048.jpg

まもなく七五三のシーズンになりますね。
P1090082-2048.jpg

日光東照宮と同じ造りなんですね。
P1090083-2048.jpg

ここにも由緒の書かれた掲示板が設置されています。
P1090084-2048.jpg

境内への門をくぐると、
P1090085-2048.jpg

さらに奥へと参道が続いています。
P1090086-2048.jpg

天皇即位の際に桜の木が植樹されたそうですが、
P1090087-2048.jpg

今の天皇陛下とは小学生時代に・・・いえ何でもありません。
P1090088-2048.jpg

突き当りには社務所がありますが、
御朱印等もここでもらえるのかも知れませんね。
P1090109-2048.jpg

右に曲がって本殿へと続く参道を進むと、
P1090090-2048.jpg

まだ真新しい看板が設置されていて、
P1090104-2048.jpg

時代ですね、ここにもアルコール消毒液が置いてありました。
P1090092-2048.jpg

本殿です。
左右に見える大灯篭は昨日10月30日の新潟日報によれば、
76年ぶりに復元されたものだということです。
P1090093-2048.jpg

青銅製の大灯篭ですが、
記事によれば戦時中の金属回収令によって供出された灯篭の復活で、
P1090095-2048.jpg

大正期の写真をもとにして約1290万円かけて復元したものだということです。
P1090096-2048.jpg

立派な本殿ですね。
P1090094-2048.jpg

階段部分にはおみくじがたくさん置いてありました。
P1090098-2048.jpg

振り向いていま歩いて来た参道を見ると、これがまた最高の雰囲気ですね。
P1090099-2048.jpg

運試しの輪投げ、こういうのも珍しんじゃないでしょうか。
P1090103-2048.jpg
今日の目的はすべて達成できたので帰るとしましょう。

あ!
P1090106-2048.jpg

うん!
P1090105-2048.jpg

最後は藤基神社の鳥居越しに見る紅葉間近のお城山の姿です。
P1090112-2048.jpg

このあと今朝のまるどりっ!で紹介されたさいとう商店へ
行ってみようかとも思ったのですが、
体力は残っているものの気力が残っていませんでした。

今日は三面川の様子を見に行くのが一番の目的でしたが、
久しぶりに見る三面川は穏やかそのもので、
ここでかなりの時間を費やしてしまいました。

そこで全てを忘れてしまったせいか、
加賀町から三之町にかけての道で迷ってしまって、
来た時に通った庄内町米店の前の道に出てしまいましたが、
何とか立て直して予定の小路へと進むことができました。

本日の歩行距離は5kmちょっと、ちょうど2時間のコースでした。
先週よりも長く歩いたせいか、おしっこが出たくなって焦りましたが、
体力的な疲労感は先週よりもはるかに少なかったです。

今日は日差しが強くてハレーションが発生して撮影には苦労しましたが、
もうしばらくは秋景色が楽しめそうですね。
でも頻繁に熊が目撃されていますから、
暗い時間帯のお散歩は避けた方が良さそうですね。

ではまた。
posted by 安良町経由村上行き at 23:03 | Comment(0) | 観光

朝一で

インフル注射 受けてきた
予約時間通り、正確には少し早く呼ばれてビックリ。

帰ってきてまるどりっ!見たら、
人気スーパーのコーナーに近所の人が出ていて二度ビックリ!
posted by 安良町経由村上行き at 09:56 | Comment(0) | 季節

2020年10月25日(Sun)

安良町さんぽ(2020年10月25日)

この天気になにしとるんやと思われるかも知れませんが、
昼から晴れたので一回りしてくることにしました。
例によって見覚えのある写真、聞き覚えのあるキャプション満載だと思いますが、
どうかお許しを。

長井町通りを横切って羽黒口方面へ向かうと、
P1080858-2048.jpg

ほどなく右手に行恩寺が見えてきます。
P1080859-2048.jpg

浄土真宗のお寺ですね。
P1080860-2048.jpg

その向かい側には浄国寺がありますが、
P1080861-2048.jpg

こちらは浄土宗のお寺のようです。
P1080864-2048.jpg

門の横にはお地蔵さまと人形塚があります。
P1080862-2048.jpg

その隣は光栄寺というお寺があった場所ですが、
P1080863-2048.jpg

今では広い空き地になっています。
P1080866-2048.jpg

これらの木々も由緒あるものなのかも知れませんね。
P1080869-2048.jpg

この先は車がすれ違いできるかどうかという狭い道が続きます。
P1080870-2048.jpg

道路を一本横切って、
P1080871-2048.jpg

もう一本横切ると、
P1080873-2048.jpg

お城山はもう目の前、手前の建物は光徳寺です。
P1080875-2048.jpg

こちらは浄国寺と同じ浄土宗のお寺ですね。
P1080878-2048.jpg

光徳寺といえば先日、
P1080876-2048.jpg

駐車場から茂みに向かう熊一頭が目撃されたので、
注意するよう村上市からメールが届いていましたが、
P1080877-2048.jpg

その駐車場というのはおそらくこの場所で、
P1080879-2048.jpg

向かった茂みというのはおそらくこの茂みのことではないでしょうか。
何がいてもおかしくなさそうな茂みですね。
P1080881-2048.jpg

ほどなく以前にもご紹介した鳥居が見えてきて、
P1080882-2048.jpg

その先はいかにも城下町と言った感じのクランク小路になっています。
P1080883-2048.jpg

クランクを過ぎるとほんの気持ちだけ道幅が広がって、
P1080884-2048.jpg

突き当りのT字路を右に進むと、
P1080885-2048.jpg

お城山の駐車場の出口に登山禁止の警告看板発見!
バリケードも置かれています。
P1080886-2048.jpg

ほどなく登山口への案内看板が見えてきますが、
P1080888-2048.jpg

もちろんここにも警告看板が設置されていました。
P1080891-2048.jpg

今年はコロナと熊のダブルパンチですね。
P1080892-2048.jpg

平和観音様も寂しそうな顔をしていました。
P1080893-2048.jpg

駐車場の入り口にはバリケードは置かれていませんでしたが、
関係者の車が入ることができるように開けてあるのかも知れませんね。
P1080894-2048.jpg

今日はお城山登りはできないので市街地の方へと向かうことにします。
P1080896-2048.jpg

東北電力の前を通って、
P1080898-2048.jpg

法務局の先の信号を渡ると、
P1080899-2048.jpg

ゆっくりとしたカーブになっていますが、
P1080901-2048.jpg

左側に旧家のような立派な門構えの建物があります。
P1080902-2048.jpg

(11月5日追記)
むらかみ商工会議所ニュース11月号によれば、
この建物は村上城小石垣門という建造物だということです。

通りに出る手前で左を見ると市役所があって、
P1080904-2048.jpg

さらに進むと村上小学校が見えてきます。
手前の駐車場は市役所の駐車場ですが、
P1080905-2048.jpg

来庁者だけではなく観光客へも解放されています。
P1080906-2048.jpg

今日はいっぱい車が停まっているなあと思ったら、
P1080907-2048.jpg

大町通りを見てビックリ!たくさんの人が歩いているじゃあーりませんか!
P1080908-2048.jpg

今日あたり何かあるのかと思ったら骨董市の日でした!
P1080911-2048.jpg

毎年三月から十月までの第四日曜に行なわてれいる十輪寺の骨董市ですが、
P1080945-2048.jpg

そっち方面の趣味がないので全然気付きませんでした。
P1080938-2048.jpg

歩道にもたくさんのお店が出ていましたが、
P1080948-2048.jpg

お昼を過ぎていたせいか、店じまいを始めているお店も見られました。
P1080941-2048.jpg

でもそのおかげで十輪寺の前のお団子屋さんは大賑わいでした。
P1080947-2048.jpg

お団子屋さんの横にもお店が出ていて、
P1080912-2048.jpg

小路を進むと十輪寺が見えてきます。
P1080914-2048.jpg

手前のえんま堂の横には400年大修復の際に寄付をした人の名前が列記されていました。
P1080915-2048.jpg

十輪寺正面ですが、
P1080916-2048.jpg

振り返ると、こ、これは!
もしかしたらヨコザワ自転車屋の昔の看板でしょうか!!
P1080920-2048.jpg

そしてここからが本日のメインイベント!
十輪寺の横のお庭は石畳になっていますが、
今年の一月に塩町さんが教えてくださった極小小路というのはこの先のことでしょうか。
P1080919-2048.jpg

石灯籠を見ながら歩いて行くと、
P1080922-2048.jpg

石畳は右へとカーブしています。
P1080923-2048.jpg

ここからは想像の域を出ませんが、この石畳がなかった時代は、
隣の建物に沿うような形で小路があったような感じがします。
間違っていたら申し訳ありません。

塩町さんのおっしゃる通りダークなイメージというか、
歩いていいのか?的な雰囲気が漂っていますね。
P1080924-2048.jpg

ほどなく出口が見えてきますが、
P1080925-2048.jpg

松浦家の横に出るようになっています。
P1080926-2048.jpg

振り向くとこんな感じですが、歩いている人の影が見えますね。
P1080927-2048.jpg

松浦家の向かいには願浄寺というお寺があります。
P1080928-2048.jpg

こちら側にはかつ春という飲食店があります。
P1080929-2048.jpg

このあと平和パンの所まで行ってみたのですが、
中では年配の男性が二人で椅子に座って休んでいました。

もしかして観光客かなとも思ったのですがガラス戸も閉まっていましたし、
時間帯から考えて大工さんがお昼休みを取っていたのかも知れませんね。
店内には「平和パン」と書かれた木箱のようなものも見られました。

そしてこのあとは寺町方面へは行かずに、いま来た道を戻ることにします。

このアングルで見るといい雰囲気と言えないこともないと思いますが、
P1080930-2048.jpg

確かにダークなイメージを禁じ得ませんね。
出会い頭に何かが!的な・・・
P1080932-2048.jpg

でもそこを抜けると別世界が広がっています。
P1080934-2048.jpg

いかにも日本庭園という雰囲気で、結構歩いている人もいましたね。
P1080935-2048.jpg

横を見ると十輪寺の建物のドアに何か貼り紙があります。
P1080936-2048.jpg

ズームで見たら「トイレ入口」と書かれていましたが、
「入口」という文字を赤い文字で書いてあるためにほとんど消えた状態でした。
P1080937-2048.jpg

えんま堂前の鯛車文庫の看板を見ながら帰途につきますが、
この青空!午前中の風雨からは考えられないお天気です。
P1080939-2048.jpg

最後は大町のかどのアベ床屋です。
軒先を工事中でしたが町屋ふうになるわけではなさそうですね。
P1080949-2048.jpg

ニッパー君のいなくなったショーウインドウ、寂しい限りです。
P1080951-2048.jpg

第四銀行同様に北越銀行の看板にもカバーが被せられていましたが、
P1080952-2048.jpg

店名はすでに「村上中央支店」に改められていました。
P1080953-2048.jpg

そしてこちらも塩町さんがダークなイメージを感じていらっしゃる
安良町から細工町へ抜ける小路を通ってお帰りです。
P1080957-2048.jpg

飲み屋街の一角にも等覚寺というお寺があるのですが、
はたして観光客が来るものかどうか気になります。
P1080959-2048.jpg

おおきにはや!
P1080960-2048.jpg

今日の目的は、熊出没に伴って登山が禁止されたお城山の登り口の様子の確認、
十輪寺の横の小路の確認、そしてアベ床屋のショーウインドウの確認、
大きく分けてこの三つでしたが、十輪寺の骨董市という思わぬイベントが加わりました。

調べてみると5月は中止になったようですし、
今月も普段の年よりは出店の数もお客さんの数も少なかったに違いありません。
でも恒例のイベントが通常通りに行われているのを見てちょっと安心しました。

あとはお城山の近辺にはお寺と見紛うような造りの住宅が結構ありますね。
この辺はいかにも城下町といった風情が感じられました。

今日の午後は午前中のあの雨が何だったのかと思わせるような好天に恵まれて、
上着を着たままだと暑く感じられることもありました。

本日の歩行距離は地図上での計測で約3.3km、1時間10分程度のコースでしたが、
たったこれだけの圏内にいくつものお寺があって町屋も見ることができて、
登り口まででしたがお城山にも行くことができるのですから恵まれていると思いますね。

でも今日はいつもより歩いた距離が短かかったにもかかわらず、
何故か足腰と腹筋背筋、いろんなところが痛くなったので早く寝ることにします。

ではお休みなさい。
posted by 安良町経由村上行き at 20:30 | Comment(2) | 観光

今朝のお城山

葉っぱが見事に裏返っていてユッサユッサと揺れています。
P1080857-2048.jpg
しばらくしたら横殴りの雨が降ってきました。
冬がもうそこまで来ているのかも知れませんね。
posted by 安良町経由村上行き at 09:42 | Comment(0) | 季節

2020年10月24日(Sat)

緊急情報

たった今の村上市防災行政無線及びメルマガによれば、
現在お城山周辺で熊が目撃されているため、
当面の間お城山の利用を禁止するということです。

また朝夕の薄暗い時間帯の外出や、
周囲にお住まいの方は特に注意してくださいということです。

ついに来ましたか・・・

村上市メールマガジン 2020/10/24 (Sat) 18:22
熊の目撃情報(村上地区)
https://e.bme.jp/bm/p/bn/list.php?i=mrkm_ml28&no=all&m=1249
posted by 安良町経由村上行き at 18:54 | Comment(3) | 事件・事故・災害

カウンター
Copyright(C)2020 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ