快晴のお城山から村上市街、日本海、下渡山(げどやま)を望む
正面が北西、視野角でいうとこれでだいたい180度くらいです
P1050482-6300.jpg
大佐渡と小佐渡が国仲平野で分かれて見えるのと、ちょっとだけですけど粟島も見えるのにお気付きでしょうか
2019年11月23日(土)撮影、6300x1361サイズの超特大画像あります

2020年12月31日(Thu)

大みそか

いつも通りに 早く寝る

二年参りは昨日済ませましたし、
最近バラエティー番組にも興味がなくなったので、
紅白を録画しながら見て、
途中で寝てしまう可能性が高そうです。

一応、紅白のあとのさだまさしも録画しておきましょうかね。

良いお年を!

午後9時近くになって雪が降り始めました。
昨日羽黒様へ行ってきて正解だったようです。
というか今年は密を避けるために日をずらした人や、
行かない人も多いかも知れませんね。
posted by 安良町経由村上行き at 20:16 | Comment(2) | 季節

年末は

見たいテレビが なにもなし

NHKの筒美京平特集くらいのものでしょうか。

「私の彼は左きき」も筒美京平作品だったんですね。
当時は「私の彼は左巻き」とか言って喜んでいたものです。
(10月に放送した番組の再放送でした)
posted by 安良町経由村上行き at 08:51 | Comment(0) | 放送

午前5時

風の音で 目を覚まし

外を見るのが怖いです。
リモコンの調子はバッチリです。

午前5時20分、
風は強いものの、昨夜から雪は殆ど降っていない模様。
良かった!

そして空にはこのお月様、
今日はいったいどんな天気なんだ?
P1090997-2048.jpg

午前5時55分、
玄関前で3センチくらいなので昨夜からはほんの少ししか降らなかったようです。
でもめちゃくちゃ風が強くて時々吹雪になるので外出は難しそうですね。

午前6時、
近所のスーパーの駐車場に除雪車がやってきました。
雪の量は大したことないのですが、
今年最後の売り出し日だからでしょうね。
ご苦労様です。

6時のニュースを見たら山陰地方は大雪なんですね。
どうかこっちへ来ませんように。

午前6時15分、
車のワイパーを立てるのを忘れたらフロントガラスに張り付いていました。
ガラスもガチガチに凍り付いていますし、めちゃくちゃ寒いです。

午前6時40分、
スーパーの除雪作業が終わったようです。

午前7時45分、
お城山の雪もそれほどではなく青空も見えています。
P1100001-2048.jpg

P1100003-2048.jpg
天気予報では今日から明日にかけてが雪のピークと言っていましたが、
ということはそれを過ぎれば小康状態になるのかと期待してしまいますね。

午前8時40分、
羽黒神社の上の方の雪も大したことなさそうです。
P1100006-2048.jpg
posted by 安良町経由村上行き at 05:00 | Comment(4) | 季節

2020年12月30日(Wed)

積雪状況

午後8時30分現在、玄関前で2センチ未満。
暴風雪警報は解除されました。
posted by 安良町経由村上行き at 20:35 | Comment(0) | 季節

ちょっと早い二年参り

明日は天気が悪そうなので今日の午前中に行って来ました。
ブレている写真もありますがどうかお許しください。

いつもと変わらぬ静かな羽黒町通りです。
P1090918-2048.jpg

関さんの前を通って、
P1090919-2048.jpg

善澤寺を過ぎると、
P1090921-2048.jpg

隣はもう羽黒神社です。
P1090922-2048.jpg

地元ご出身の方はこの石碑を見ると懐かしさがこみ上げてくるでしょうね。
P1090926-2048.jpg

今日は歩いてきましたが、
鳥居の右側には数台分ですが駐車スペースが設けられています。
P1090927-2048.jpg

由来と祭礼が書かれた掲示板、ゆっくり読みたいですね。
P1090996-2048.jpg

予想通りポッポ焼き屋さんはまだ準備中でした。
P1090928-2048.jpg

いかにも神社境内という落ち着いた雰囲気です。
P1090930-2048.jpg

左手には祈祷所があって、破魔矢やお札などを買うことができます。
P1090931-2048.jpg

右手には絵馬掛けと注意看板がありますが、ちょっと不自然な点があるんです。
P1090932-2048.jpg

この注意書きには「神符炎納所」と書かれているのですが・・・
続きはのちほど。

いざ石段へ!
P1090933-2048.jpg

ここは歩幅は中途半端なのですが、段数はそれほど多くないので、
お城山登りに比べたらはるかに楽ですね。
P1090935-2048.jpg

手水舎です。
藤基神社はコロナ対策のために水が出ていませんでしたが、
ここはいつも通りに竜神様の口から水が出ていました。
P1090937-2048.jpg

暖簾は山上染物店が奉納したもののようです。
P1090977-2048.jpg

そして拝殿に到着、
写真を撮りながら石段を上っても3分くらいのものです。
P1090970-2048.jpg

神様、来年もどうぞよろしくお願い致します。
P1090973-2048.jpg

境内には今年のしめ縄や破魔矢などを置く場所が設けられています。
P1090939-2048.jpg

そしてその背後にはそれらを燃やすための場所が設けられているのですが・・・
P1090941-2048.jpg

石段の下の絵馬掛けの横の注意看板には「神符炎納所」と書かれているのに対して、
ここには「神符焚納所」と書かれています。
P1090966-2048.jpg

おそらく後者が正解なんだろうとは思いますが、
まあ、あんまり深くは追及しないことにしましょう。
P1090966-500.jpg

稲荷大社?でしょうか。
P1090940-2048.jpg

拝殿横には広場があって、
P1090942-2048.jpg

ほこらや、
P1090943-2048.jpg

石碑が置かれています。
P1090944-2048.jpg

石碑横の石段を上ると、
P1090945-2048.jpg

木々の間から村上の町並みが見えてきました。
P1090946-2048.jpg

さらに上ると、
P1090947-2048.jpg

城下町が一望できる広場になっています。
P1090948-2048.jpg

広場には石碑が三つ建てられていますが、
P1090949-2048.jpg

お参りに来ることはあっても、ここまで来る機会は少ないですね。
P1090950-2048.jpg

「磁針方位標」と書かれていますが、
こういったのは珍しいんじゃないでしょうか。
P1090951-2048.jpg

昭和3年の即位式の記念として建てられて、
P1090956-2048.jpg

昭和63年に修復されたもののようですね。
P1090957-2048.jpg

この磁針方位標越しに見る村上の町並みがまた絶景で、
P1090958-2048.jpg

長井町通りがバッチリ見渡せます。
P1090959-2048.jpg

この広場は結構な広さがありますね。
P1090960-2048.jpg

広場の脇には山道があって、
P1090953-2048.jpg

どこかへ下りられるのか、それとも何らかの施設があるのかもしれませんが、
P1090954-2048.jpg

今日は今にも降りそうなのでそちらへは向かわずに戻ることにします。
P1090955-2048.jpg

正面からではなく、横から見る拝殿の姿もなかなか良いものですね。
P1090963-2048.jpg

いま上ってきた石段を下りて、
P1090964-2048.jpg

拝殿の横を通って、
P1090965-2048.jpg

拝殿に向かって左側にある神明宮にお参りして、
P1090971-2048.jpg

本日の行程終了です。
P1090969-2048.jpg

来た時と逆のコース、
P1090974-2048.jpg

鳥居をくぐって石段を下りるのですが、
P1090975-2048.jpg

この石段がまた滑る滑る、
上りは何でもないのですが下りは要注意なんです。
P1090976-2048.jpg

石段を下る途中には脇道があって、
P1090979-2048.jpg

その先には小さなほこらが設けられています。
P1090980-2048.jpg

この手の小さなほこらがあちこちにありますが、
P1090981-2048.jpg

ちゃんとお正月仕様になっていました。
P1090982-2048.jpg

正面から見るとこんなにスリムな鳥居だったんですね。
P1090984-2048.jpg

石段を下りて進むと、
P1090983-2048.jpg

落ち葉が掃き集められていました。
このあたりも片付けが大変そうですね。
P1090985-2048.jpg

そしてメインの石段に合流、
P1090986-2048.jpg

神與殿の前を通って、
P1090988-2048.jpg

遷座380年記念の石?を眺めながらお帰りです。
P1090989-2048.jpg

まだちょっと早いかなとも思いましたが、来ている人も結構いましたね。
P1090990-2048.jpg

正面の鳥居をくぐってまた来年。
P1090991-2048.jpg

今日は念のために傘を持って出掛けたのですが幸いなことに使わずに済みました。
ところが午後3時を過ぎた頃から本格的な雪が降り始めて外は真っ白に。
この分では明日はどうなるか分かりませんし、午前中に行ってきて正解でした。

羽黒神社の奥の方へは以前にも行ったことがあると思うのですが、
あの山道がどこへつながっているのか気になります。

Googleのストリートビューで見るとやはり道がありそうな雰囲気で、
山居山の中に遊歩道がありそうな感じがしますが、
今の季節は行かない方が無難でしょうね。

帰り道でチャリでさっそうと走る近所のおとうさんに会ったので、
「行って来ました!」と言って破魔矢の入った袋を見せたのですが、
はたして分かったかどうか。

というわけでちょっと早い二年参りはこれにて終了です。
明日の大晦日は天気も悪そうですから、
どうかご無理をなさらないようにお願い致します。
posted by 安良町経由村上行き at 16:32 | Comment(0) | 季節

カウンター
Copyright(C)2020 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ