快晴のお城山から村上市街、日本海、下渡山(げどやま)を望む
正面が北西、視野角でいうとこれでだいたい180度くらいです
P1050482-6300.jpg
大佐渡と小佐渡が国仲平野で分かれて見えるのと、ちょっとだけですけど粟島も見えるのにお気付きでしょうか
2019年11月23日(土)撮影、6300x1361サイズの超特大画像あります

2021年03月30日(Tue)

道の駅で火災、古民家全焼

というニュースが昨日流れました。

昨日の新潟日報によれば28日午前2時頃、
国道7号線猿沢の道の駅「朝日みどりの里」の敷地内の
古民家「またぎの家」で火災があって全焼したということです。

新潟日報モア
https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20210329606937.html
この古民家は旧三面集落から移転して観光施設として使われていたものですが、
道の駅の他の施設には影響はないということです。

あっち方面へはもう何年も行っていませんが残念です。
原因はまだ分かっていないようですが、
火の元には気を付けなきゃいけませんね。
posted by 安良町経由村上行き at 06:41 | Comment(0) | 事件・事故・災害

2021年03月27日(Sat)

春のお城山

近年は秋に登ることはあっても春に登ることのなかったお城山ですが、
今年は何を思ったか先週に続いてこれで二度目のお城山登りになりました。

午前9時前のお城山駐車場です。
今日は車で来たのですが、
着いた時にはまだ2〜3台しか停まっていませんでした。
P1110708-2048.jpg

今週も先週と同じで午後からアルビの試合のテレビ中継があるので
こんなに早い時間の出発になったのですが、
育英会の周辺にも人は誰もおらずに静まり返っていました。
P1110709-2048.jpg

明日はお城山の清掃作業が行われるという掲示がありました。
こういった環境活動には本当に頭が下がる思いがします。
P1110710-2048.jpg

そして一文字門跡の石碑を見ながら登山スタートです。
P1110714-2048.jpg

六曲がり目の休憩所から見る村上の町並みは穏やかそのものですが、
先週のようなきれいな青空は見られませんでした。
P1110716-2048.jpg

四ツ門跡に到着、登り口からここまで9分でした。
P1110719-2048.jpg

その後、5分程で冠木門跡に到着しましたが、
天守跡へ向かう前に石垣の方へ行ってみたところ、
おおーーーーーっつ!
こここ・・・これは!!羽越線のコンテナ列車じゃありませんか!!!
P1110721-2048.jpg

羽越線がこんなにきれいに見渡せる所があってカラスさんも大喜びです。
P1110722-2048.jpg

そしてしばらくしたらE129系6両編成の列車がやってきました。
おそらく村上9時53分発の上り1932Mでしょうね。
P1110727-2048.jpg

しかしすごいこともあるものですね。
わずかな時間に二本もの列車を撮影することができて興奮している影響でしょうか、
天守跡の石垣もいつもと違って見えましたね。
P1110729-2048.jpg

興奮状態を抑えることができずに冠木門跡の石段を登っていくと、
P1110730-2048.jpg

先の方に天守跡の展望台が見えてきました。
P1110731-2048.jpg

天守跡の手前には桜の木が何本も植えられているのですが、
P1110732-2048.jpg

まだ開花はしていないものの、
色付き始めているつぼみがいくつも見られました。
P1110734-2048.jpg

開花まであと一週間くらいでしょうか、
これが一斉に咲いたら見事でしょうね。
P1110735-2048.jpg

先週のような「青い空、青い海」ではありませんでしたが、
開花直前の桜のつぼみを見ることができて心は晴れ上がっています。
P1110736-2048.jpg

この桜が一斉に咲いたらさぞかしきれいな写真が撮れることでしょうね。
P1110740-2048.jpg

今度の週末あたりの開花か、もうちょっと早いか、
いずれにしても桜のシーズンはもうそこまで来ていますね。
P1110741-2048.jpg

村上の穏やかな街並みを堪能したところで、
P1110742-2048.jpg

再び天守跡の周囲の石垣の所へ行くことにします。
P1110750-2048.jpg

実は今日お城山に来たのには理由があるんです。
村上では町屋の人形さま巡りが行われているのですが、
今日と明日はSL村上ひな街道号が走る日なんです。

二週連続でお城山に登ったのはそのSLを撮影するためで、
先週はそのロケハンだったんです。

ですから今日、さすがにコンテナ列車を撮影出来たのは偶然でしたが、
E129系の列車を撮影出来たのは単なる偶然ではなくて狙ったものだったんです。

そのあと上りのいなほ6号がやってきたのですが、
実はこの列車が来るのを忘れていて、その音で気が付きました。
P1110751-2048.jpg

そして午前10時46分、
汽笛の音とともにSL村上ひな街道号が姿を現しました!
P1110756-2048.jpg

真っ白な煙をたなびかせながら、
P1110762-2048.jpg

客車7両をけん引して、
P1110770-2048.jpg

高速道路とクロス!
P1110777-2048.jpg
直線で4kmも離れているにもかかわらず、
目の前を走っているような迫力です。

そのあと少し時間があって七湊の踏切に姿を現したのですが、
P1110778-2048.jpg

駅のすぐ手前にもかかわらずこんなに煙を出しているということは、
もしかすると村上駅の手前の場内信号機でいったん停止したのかも知れませんね。
P1110783-2048.jpg

きれいな客車をけん引していますから、
踏切で停車している車もさぞかし驚いたことと思います。
P1110794-2048.jpg

SLを堪能したところで今日は寄り道せずに帰ることにしましょうかね。
P1110803-2048.jpg

四ツ門跡には案内図があって、
P1110805-2048.jpg

中世遺構散策コースの馬冷やし場を見たい気持ちもありますが、
P1110806-2048.jpg

今日はパス!
まっすぐ下山しました。
P1110807-2048.jpg

下りる途中で10人くらいの人とすれ違いましたし、
来るときにはガラガラだった駐車場には15台近い車が停まっていましたから、
上の方も賑わっていたことでしょうね。
P1110808-2048.jpg

今日は三脚と双眼鏡も持って登ったので疲れましたし、
先週と違って青空も出ておらずに霞がかかったようになっていたので、
正直どうかなと思いましたが、その割にはちゃんとした写真が撮れたような気がします。

35mm換算で594mmでの撮影なので客車の形がゆがんで見えるのですが、
お城山のてっぺんから三面川の鉄橋方面ならともかく、
こっち側の写真を撮る鉄ちゃんなんているんでしょうかね。
でも高速道路とSLのコラボレーションはなかなか見られないと思いますし、
晴れればもっと良かったのは言うまでもありませんが、
それでも満足度はかなり高かったですね。

そして午後からはアルビのホームゲームのテレビ観戦。
試合はアルビが7-0で東京ヴェルディに大勝!
疲れも吹っ飛びましたね。
この調子で今年こそJ1復帰!たのんますよ!!
posted by 安良町経由村上行き at 22:35 | Comment(0) | 観光

アルビ5連勝!

間違いなさそうですね。
後半も気を緩めないでくださいね。

後半で4-0だって!
もう間違いありませんね。

試合終了!
アルビが6-0で大勝しましたが、
神様、悪いことが起こらないようにお願いします!

と思っていたらロスタイムに1点追加してなんと7-0!
こりゃヴェルディのサポは荒れるでしょうね。
申し訳ありませんでした。
posted by 安良町経由村上行き at 14:52 | Comment(0) | スポーツ

2021年03月22日(Mon)

春分を

過ぎて今なお 冬タイヤ

いつもは春分の日を目安にタイヤ交換するのですが、
今年は何かその気になれないんですよね。

周囲の車を見てもまだ冬タイヤの車が多いですし、
今年の冬は寒かったせいでしょうか。

ていうか今年の春分の日にはお城山に登っていましたからね。
posted by 安良町経由村上行き at 08:24 | Comment(0) | 季節

2021年03月21日(Sun)

エムズラインもしつこいぞ!

本日午後4時過ぎ、ネット接続用の電話回線に、
日本エムズラインという会社から男の声で着信がありました。

電話料金の件だというので、
「エムズラインさんは以前にもお断りしましたし、
この番号は電話帳にも載せていませんし番号案内もしていないのに、
どこでお知りになったんでしょうか?」と聞いてみたところ、
「フレッツ光の利用者の皆様へ当て込みで掛けさせていだだいております」
という返答でした。

そこで「うちでは必要ありませんので、
今後はこの番号にはお掛けにならないようお願い致します」と、
丁寧な言葉で怒鳴って思いっきりガチャ切りしてやったのですが、
フレッツ光利用者の電話番号って公開されているんでしょうかね。
posted by 安良町経由村上行き at 19:09 | Comment(0) | 通信

カウンター
Copyright(C)2020 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ