2016年08月29日(Mon)

24時間テレビ

まあこの番組の存在意義まで否定はしませんけど、24時間テレビっていうならば24時間+αで終わらせて欲しいですよね。翌日までずっと引きずってますもん。たぶん募金総額より制作費の方がはるかに大きいんでしょうね。チャリティー番組というより夏の風物詩になりつつありますね。自分的なクライマックスは波瑠さんがナポレオンズと一緒に頭グルグルやった場面でしょうか。てか最後の3時間くらいしか見ていませんし。

たい平のゴールは確かに感動的でしたが、武道館前まで来た時にタイムキーパーが「このタイミングなら何度か立ち止まって挨拶しても十分間に合いますよ」って言ってるのが目に見えるようでした。でもこん平師匠のリハビリはまだまだ道半ばという感じですね。

あとNEWSの生歌の中で手越だけ滅茶苦茶歌が上手いのが印象的でした。またこれから徐々にEテレに対する反応も出てくるんでしょうね。

バリバラ再放送9月1日24時〜Eテレ
NHKも攻めてきますね。
posted by 安良町経由村上行き at 06:59 | Comment(4) | 放送
この記事へのコメント
県出身で療養中のこん平師匠のために、弟子のたい平が見事に走りぬいて
武道館でゴールし、師匠と抱き合って泣いた姿は感動しました
見てよかった
Posted by やまちゃん at 2016年08月30日 19:41
まだ力強いちゃらーんは聞けないようですが、頭もしっかりしているようで何よりですね。何とかもう一度高座に上がって欲しいものです。
Posted by 安良町経由村上行き at 2016年08月30日 20:04
日本テレビというのは、目先のトーナメントを勝ち抜いていくのと同じスタンスで視聴率競争に臨んでいるのかと思いたくなります。
そんな考え方を「24時間テレビ」にまで当てはめているのか?と勘繰りたくなるほど、ここ十余年「24時間テレビ」で見受けられる演出のあざとさを巡り、一部の視聴者から「チャリティテレソン番組の原点を忘れている」などの批判が根強くくすぶっていると思います。

来年「24時間テレビ」は40回の節目を迎えますが、これを契機に「24時間テレビ」はチャリティテレソン番組の原点へ回帰するよう日本テレビに進言しようにも、そういう後戻りも無理なのかと思いたくなるほどですよね。
Posted by らぶSun at 2016年09月06日 21:38
実際あれだけの視聴率を稼いでいるわけですから簡単には現状変更できないでしょうね。人気タレントを起用することに関しても、それで興味を持ってくれる人が多くいる以上は批判はできないと思います。

またチャリティなのに出演者がギャラをもらっているのはおかしいという考えもありますが、仮にギャラを無償にした場合、制作会社やその下請け、孫請けも全部無償でやるのかという話にも発展しかねませんから、そう簡単な問題ではなさそうです。おそらくまだ日本はそこまで成熟していないのでしょうね。

来年で40年ですか…、当初は単発か2〜3年程度の考えだったのかも知れませんね。エンタメ色が強くなった近年では、チャリティ番組というよりも夏の終わりの風物詩になりつつありますが、まあそれはそれで、いいんじゃないでしょうか。
Posted by 安良町経由村上行き at 2016年09月06日 23:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


カウンター
Copyright(C)2017 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ