2017年02月17日(Fri)

千眼美子 告白本緊急出版

なんと段取りのよろしいことで…

水着の仕事はいやだったと告白する
  ↓
amazonで水着DVDがバカ売れする
  ↓
それ以外の商品にも注目が集まる
  ↓
そのタイミングで告白本を緊急出版する(いまここ)

ギリギリの生活を送っていた人が、インタビューを受ける形とはいえ、こんなに段取り良く出版できるというのは驚きですし、既に広告塔になっちゃってますね。こんなことをしても、本人も教団も敵を増やすだけで全然メリットないのにね。たとえ興味本位でもこういう本は買わないことですね。

でも考え方によっては若いうちに引退してくれて良かったのかも。こんなバリバリのが身の回りにいたらみんな仕事やりにくいでしょう。

(追記)
確かに自前の出版社、自前の印刷所、自前の流通網を使えば2〜3日で流通可能というのは本当だと思いますが、そこに至るまでの需要調査などを含めた企画立案も含めれば、何か月も前から構想があったと言わざるを得ないでしょうね。

でなければ信者一人一冊購入を義務付けられていて、需要調査しなくても売り上げ見込みが立てられるとか。
posted by 安良町経由村上行き at 09:27 | Comment(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


カウンター
Copyright(C)2017 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ