2017年03月20日(Mon)

この3連休は好天に恵まれて

絶好の観光日和になりましたね。

今日午後2時の時点で上町・大町・小町を歩いている観光客は60〜70人ほど、「うおや」の店内も一杯でしたから、各店舗の中にいる人も含めればその三町内だけでも100人以上の観光客が出ていたものと思われます。そこに安良町から鍛冶町にかけての観光客を含めればその2倍から3倍近い人出になっていると思います。

国道のブックオフの駐車場はほぼ満杯、タイヤ交換率はだいたい3割程度でしょうか。ハードオフでは20歳前後の小柄で細くて柔らかそうな感じの女子がしゃがんでレコードを漁っていましたが、若い人でもレコードに興味を持つ人が増えているのかも知れませんね。あとは液晶テレビのジャンク品が何台も出ていますが、オーディオはいまいちパッとしませんね。

ブックオフでは秋元真夏のファースト写真集が帯付きで2000円、ん?と思って裏表紙を見ると定価は1700円+消費税。もはやプレミア価格かい!と思いました。もしかすると定価2500円と勘違いして値付けしたのかも知れませんね。1000円になれば買ってもいいですけど、たぶんならないでしょうね。
【季節の最近の記事】
posted by 安良町経由村上行き at 15:05 | Comment(4) | 季節
この記事へのコメント
昨日は3連休最後で日和の中での墓参りが目立ちました
しかし今日は寒い。雪の地域もあるくらいですから

秋元真夏といえば乃木坂46.であれですが、NGT48のデビューシングル「青春時計」が4月に発売とか
私ですか? もちろん・・・買いません(きっぱり)
秋元は乃木坂一の秀才でたまにQさまで見ますが、どうも人気が地味なようで
まあ中古になっても写真集の値がそう下がらないと思いますが
時間がたてばネットの方が安く売ってるかも
Posted by やまちゃん at 2017年03月21日 10:34
昨日までの好天がうそのように今日は寒い一日になりましたね。
こちらでもこの連休はお墓参りの人が大勢見られました。

私はAKBグループはあんまり好きじゃないというか、正直アレなんですけど、中にはいいなと思うメンバーもいたりするわけで、その辺がなかなか難しいところです。

NGTはお披露目の時の衣装が私はダメでしたね。まるで幼稚園のお遊戯会みたいな感じで、見ててこっ恥ずかしかったです。でも新潟を活性化してくれるのであればまあ文句も言えませんけどね。デビューシングルは私も買う気はありません。

レコードにも「ジャケ買い」というのがありますが、写真集にも「表紙買い」みたいなものがあって、それまで興味のなかったタレントの写真集でも、表紙を見て欲しくなることがあるんです。秋元真夏の写真集もそんな感じですね。
Posted by 安良町経由村上行き at 2017年03月21日 18:45
19日の午後に、町屋の人形めぐりにお邪魔しました。あんがい寒くて各店内の暖房がありがたかったです。

老人も含めた3世代6人での訪問のため、駅側から見て回り、トラヤのパン屋さんでラスト。
個人的には最遠方の工藤酒店さんのペコちゃん陳列を見たかったのですが、老人が歩けず断念。

今年はSLの登場が1週遅いみたいですよね。例年は第三週の週末だったような気が・・・
駅前がにぎわっておらず、残念でした。

NGT48のファーストシングル、5〜6曲くらい入っていると一部で言われているようですが
もしそうであれば、私は1枚購入しようと。それにしても、5〜6曲入っていたらもはやそれは
ミニアルバムって言えるんじゃ?

当方おニャン子フリーク(懐)世代なんで、AKBの事をどこかおニャン子クラブにダブらせて感情移入していたのですが、その支店が新潟に出来て、しかもほかの本支店よりも、地元に活動の重心を置いているというスタンスが私は好きで、微力ながら応援しております。

先日の水澤さんの卒業イベントが行われたという記事なんかを見ると、中島さん、河合さん両名の卒業イベントを思い出したりして。あれから何年経ちましたかねえ・・・

長乱文、失礼いたしました。

Posted by Y田 at 2017年03月27日 19:56
今年もお越しいただきありがとうございました。

19日ですと天気は良かったですがまだ寒かったかも知れませんね。
でもこのイベントも完全に定着したようで、
観光客の方々がパンフレット片手に歩いている姿をあちこちで見かけました。
工藤酒店は確かに駅から歩くにはちょっと、というかかなり遠いですね。

SLの運行は第三か第四か決まっているのかどうかは分かりませんが、
今年は曜日の配列もあったのでしょうか、若干遅めに感じられましたね。
私は両日ともに見に行きませんでしたが、
到着や発車の時刻になると家まで汽笛が聞こえてくるのでそれなりに楽しめました。

確かに5〜6曲というとミニアルバムに近いような気がしますね。
いま流行りのCD+DVDという形式になるのか、
またいくつかのバージョンが発売されるのかどうか、
そのへんも気になりますね。

おニャン子は何度もライブに行きましたし映画も見ました。
竹下通りの生写真屋は何度行ったか分かりません。
なかじと、その子の卒業は86年春ですから今年で31年ですか、
「じゃあね」は卒業ソングの定番でしたね。

一時期新潟駅南口におニャン子ショップのHIP'S ROADがありましたが、
プレハブのほったて小屋みたいな感じで、商品も少なかったです。
さほど続かずに閉店してしまいましたね。
Posted by 安良町経由村上行き at 2017年03月27日 21:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


カウンター
Copyright(C)2017 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ