2017年04月13日(Thu)

ブックオフ業績不振に苦しむ 書籍以外の商材拡大は進むか

Yahoo!ニュース
時々買取を見ていると山ほど持ち込んだにもかかわらず数十円もらって帰る人もいますし、秋元真夏の写真集なんていまだに新品より高い値段で売ってますから、そりゃ業績も落ちるでしょうね。書籍以外といっても新潟のような複合店舗ではできないでしょうしね。

それより引き出しの中に仕舞ってある大量の在庫、あれ出しておけばいいのにと思います。たとえ重複商品だとしても状態が良ければ売れるかも知れませんし、あれだけ在庫があるにも関わらず、みすみす隠しておくというのが理解できないですね。出すスペースがないのであればセールの時のように客が自由に開けて見られるようにするとか。

あと引き出しの中を整理した後に、足で引き出しを閉める店員がいますが、あれはやめた方がいいと思います。客は意外と細かい所まで見てますからね。
【その他の最近の記事】
posted by 安良町経由村上行き at 20:03 | Comment(2) | その他
この記事へのコメント
ブックオフやハードオフにはずいぶんお世話になりました
使わなくなったCDや漫画(おもにゴルゴ13)をずいぶん売りました

単行本なんてブックオフで100円で買えますし
でもCDは買いません。以前、ブークレットがなかったことありましたし
中古CDはたいがいamazonか楽天です
まあネットショッピングが当たり前の時代、ブックオフも減少するかもしれません
近くだと原信南万代店の2階にブックオフがありますが、最近はとんと
Posted by やまちゃん at 2017年04月14日 08:50
南万代店もオープンの頃は結構行きましたが、最近はサッパリです。特に近江店が楽器専門になって、紫竹山店がオーディオサロンになってからは、バイパスから離れた場所まで行くのが億劫になってしまって、行っても女池店止まりです。

ブックオフも大量に買取しているように見えますが、いつ行っても同じような品物しかないのは何故なんでしょう。時々他店宛ての段ボールが積まれていることがありますから、店舗間で融通し合っているのでしょうか。

家電量販店も、最近村上のケーズデンキが元気がないんですよね。いつ行ってもお客さんはまばらで、隣のノジマの方が賑わっていることが多いです。

電気店にしても食品スーパーにしても、村上市の規模から考えると多すぎるような気もしますし、そう遠くない将来、淘汰が始まるような気がしてなりません。ただ山形県の一部まで商圏に入っていることを考えると悲観したものでもないかもしれませんし、そう願いたいものです。
Posted by 安良町経由村上行き at 2017年04月14日 18:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


カウンター
Copyright(C)2017 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ