2017年05月13日(Sat)

ハードオフお買い物日記 EPSON EP-805AR編

EPSON EP-805AR 2017年5月6日(土)ハードオフ村上店で購入、
ジャンク品、税込み1,080円。

今使っているEPSONのPM-T960はフィルムスキャンにも使えてとても便利なのですが、じゃあフィルムをスキャンする機会がどれほどあるかと言われれば滅多にないのも事実、しかも12.8kgという重量級で、山田彩乃と同じでガタイがいいので模様替えにも一苦労でした。今回見つけたEP-805ARは7.3kgと軽量でデザインもシンプルです。

IMG_1751-1280.jpg

値札には2017.5.4という記載があったので二日前に入ったばかりの品物のようです。2013年5月の製造で「黒、シアン、黄色のインク切れのため未チェック」と書かれていますが、内部も非常にきれいで純正インクが装着されていることから考えて、インクが切れたので買い替えたというところでしょうか。価格は税込み1,080円でした。

IMG_1759-1280.jpg

帰宅後にチェックしてみるとどうやらインク切れの状態では先に進めない模様、PCから見てみると他の3色もほぼ空に近い状態です。ただしスキャナ機能は問題なく使えることが分かりました。

5月11日(木)

ということで安い互換インクを買ってみることにして、その間にネットワーク設定を行うことにしたのですが、これが一苦労でした。2台あるPCは至近距離にあるので無線LANは必要ありませんし、どちらかにUSB接続すれば十分なのですが、せっかくなので有線LAN接続しようと試みたのですが何度やってもつながりません。ルーターはNTTのPR-S300NEで、4つあるLANポートのうちの2つにPCを、1つにテレビを接続、残る1つにプリンタを接続しました。

ところがPC一号機からはプリンタが見つかるもののセキュリティキーを入力しろと言われて先に進めず、二号機からはプリンタそのものが見つかりません。ふと見ると「プリンタの無線LAN設定を切ってください」との文字が。こんなメッセージ今まで出てたっけ?と思いながら無線LANの設定を切ったらあら不思議、一発でつながりました。こういう基本的なことは一番最初に書いておいて欲しいと思いましたが、今は無線LANの方が主流なので「入」がデフォルトになっているのかも知れませんね。でなければ前ユーザーが無線LANで使っていて、購入時の状態に戻さないまま売りに出したか。

じゃあ何で最初、一号機の方からプリンタが見えたのかというと、USB接続していたからなのかも知れませんね。その後USBケーブルを抜きましたが、スキャンも含めて一号機、二号機の両方から操作できるようになりました。まるまる二日間悩んで三日目でようやく解決しましたが、これでインク入れて動かなかったら泣きますよ。

5月13日(土)

EP-805AR用の互換インクが届いたので早速使ってみました。
IMG_1758-1280.jpg
ヤフオクでIC70Lの互換インク6色が2セットで1,000円+送料164円、若干きついような気がしますので、取り外すときに少しコツがいるかも知れません。

プリンタ本体とPCに「純正品ちゃうけど使ってもええか?」「ホンマにええか?」的なメッセージが何度も出ましたが結果は良好で、ノズルチェックパターンを印刷してみる必要ないほどきれいに印刷できました。

まず最初にPCを通さずスタンドアローンコピーを実施、左がオリジナル、右がコピーです。コピーの方が若干色が濃く見える箇所がありますが、コピーの方が文字が若干太くなるからだと思います。一発目から目詰まりやかすれはなし、紙の汚れもありませんでした。このあとPCから2L版の写真を印刷してみましたが、PM-T960とは若干色合いが違うようですが結果は良好でした。

IMG_1757-1280.jpg

村上店では同型機の白が3ヶ月保証で5,400円で売っていることから考えて、今回本体1,080円、インク1,164円で入手できたのはまあまあお買い得だったかなと思います。でもこのプリンターを売りに出した人は、おそらくインク切れの状態で持ち込んだのだと思いますが、チェックできないので100円か、高くても300円くらいにしかならなかったのでしょうね。下手すりゃ「お値段付きませんが、どうされますか?」だった可能性もありそうですが、その分、私がしっかり使わせていただきます。
【ハードオフお買い物日記の最近の記事】
posted by 安良町経由村上行き at 17:54 | Comment(0) | ハードオフお買い物日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


カウンター
Copyright(C)2017 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ