快晴のお城山から村上市街、日本海、下渡山(げどやま)を望む
正面が北西、視野角でいうとこれでだいたい180度くらいです
P1050482-6300.jpg
大佐渡と小佐渡が国仲平野で分かれて見えるのと、ちょっとだけですけど粟島も見えるのにお気付きでしょうか
2019年11月23日(土)撮影、6300x1361サイズの超特大画像あります
 

2018年02月25日(Sun)

中村静香、病院の呼び出しで激怒「シモの悩みの方が集まっているので…」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180225-00000105-spnannex-ent&pos=2
>『膀胱炎でお悩みの中村静香さ〜ん』って、律儀に(病名を)添えられた。

そこまで酷いのは経験がありませんが、似たようなのはありましたね。
何年か前、村上総合病院の泌尿器科にかかったとき、
新患の人を3〜4人集めて「Aさん、今日はどうされましたか?」
「Bさん、今日はどうされましたか?」って、
みんなの前で発表会みたいなことをさせられたことがありました。
さすがにその時一回だけでしたが、やっぱりこういうのは配慮が必要でしょうね。
posted by 安良町経由村上行き at 20:17 | Comment(4) | 芸能
この記事へのコメント
普通ありえん
しかもグラドルらしいので、やはり女性なら恥ずかしさこの上ないでしょう

泌尿器科は新潟市にもたくさんありますが、なかなか飲み薬でも治らないらしいです。テレビでもよくやってますね。とくに高齢者は筋肉の衰えによる頻尿症も多い
私もこの寒い時期はトイレに行きやすくなります(笑)
Posted by やまちゃん at 2018年02月25日 21:36
外科や整形外科なら分からんでもないですが、
泌尿器科でこういう対応はあり得ませんね。

私も冬はトイレが近くなりますが、
夜中に起きるようなことは殆んどないので助かります。
Posted by 安良町経由村上行き at 2018年02月25日 22:11
自分も20代のころ泌尿器科で恥ずかしい経験がありました。狭い院内の受付で自分の症状を言ったのと、診察室で同じ年頃の看護師さんの前でパンツを脱ぐ恥ずかしさ。若くて自意識過剰だったからなおさらでした。40代の今は笑い話しのネタになっていますが、あの時は本当に恥ずかしかったです。
Posted by たきじん at 2018年02月28日 18:51
いやー泌尿器科での恥ずかしい体験というのは尽きませんね。

私が一番恥ずかしかったのは、膀胱の内視鏡検査をしたときですね。
最初、腎臓の付近に痛みがあって、それが徐々に前の方に移動してきて、
最終的には尿と一緒に出たようなのですが、膀胱の中を診ましょうってことになりました。

そして分娩台のような形の椅子に、両足を広げた状態で座らされて、
局部にタオルをかけた状態でスタンバイすること数分。

いざ検査本番で「力抜いてくださいね〜」と言われても力入りますって。
あの時の痛みと恥ずかしさったらありゃしません。
それから比べれば前立腺の触診なんて大したことないです。

幸い、膀胱内に何かがあった形跡があるけれども、特に異常なしで終わりましたが、
股間にタオルをかけられて待っている時の長さは、ものすごく長く感じましたね。
Posted by 安良町経由村上行き at 2018年02月28日 19:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


カウンター
Copyright(C)2020 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ