2018年03月11日(Sun)

VICTOR S-E2編

オーディオの足跡様によれば、R-E500型等のレシーバーとの組み合わせを想定して開発されたスピーカーらしいです。16センチ+5センチで、当時の定価は1本11,000円だったそうです。
IMG_2286-1280.jpg

IMG_2287-1280.jpg

IMG_2288-1280.jpg

IMG_2289-1280.jpg

低音は結構良く出ます。でも全体的には軽い音がします。なので元からさほど低音の入っていないイージーリスニング系のレコードをかけると高音だけの薄っぺらい音になります。ビートルズなどのロック系には合いますね。女性ボーカルも得意のようで、太田裕美の「赤いハイヒール」をかけるとキュンキュン来ます。ただし大っきな音を出すとウルサイので、控えめの音量で聴くのが宜しいかと。

(追記)
セッティングが完了しました。ダンボール箱に乗せるなんてけしからん!とマニアには怒られそうですが、一応仮置きということでひとつ。いや、でもいい音してますわ。イージーリスニングをかけると薄っぺらな音になると書きましたが、ある程度音量を上げるとふくらみも出て臨場感が増します。ポールモーリアの「恋はみずいろ」のストリングスもすごく爽やかに感じられますし、これはお買い得でした。マニアに突っ込まれないうちにスタンド作らないと…ていうか、バックのSS-220と入れ替えてもいいかも。

IMG_2290-1280.jpg

2018年3月11日(日)ハードオフ村上店にて、税込み1,080円。

(2018年3月15日追記)
これでリチャードクレイダーマンのLPを聴くと最高ですね。
【ハードオフお買い物日記の最近の記事】
posted by 安良町経由村上行き at 21:57 | Comment(2) | ハードオフお買い物日記
この記事へのコメント
当地では買取20%アップ期間ですので持ち込んでみたら期待値の倍くらいになってビックリしました。
Posted by 日日薬 at 2018年03月15日 11:57
20%アップは大きいですね。
二束三文だと思っていても、思わぬ高額査定が出ることもありますし、
そういう時は帰り道もルンルン気分(死語?)ですね。
Posted by 安良町経由村上行き at 2018年03月15日 12:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


カウンター
Copyright(C)2018 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ