2018年05月08日(Tue)

カーステレオ交換(その1)

その1は連休中に作業を行ったところまでとなります。

3月に買った中古車に付いてきたカセットステレオ↓を
IMG_2456-1280.jpg

4月に買ったジャンクのCD/MDデッキ↓を直して
IMG_2474-1280.jpg

交換しようと思ったのですが、ジャンクのデッキをニコイチで直すための相方が手頃な値段で見つからず、なおかつカーナビでもないのに2DINサイズというのもちょっと大きすぎるかなあと思ったのと、いまさらMD付きでもないだろうと思うようになったので、1DINサイズでもうちょっとハイカラ、いや、今風の品物を探すことにしました。

ちょうどハードオフに4月29日に入ったばかりの1DINサイズのコンポで、CDのほかにUSBとAUXが使えるものが税込み2,160円で出ていたので買ってみることにしました。値札には「純正品のため動作未確認」と書かれていましたが、使用感が全くなく限りなく新品に近い状態だったので、おそらく新車外し品だと思います。

ところがNゲージ用のパワーパックをつないでテストしてみると、CDのローディング中に電源が落ちてしまいます。パワーパックの容量が0.5Aと小さいためだと思いますが、それ以外の機能は正常で、USBメモリ内の音楽も再生できるので、最悪CDは使えなくてもいいので車に取り付けることにしました。

自分でカーステレオを取り付けるなんて30何年ぶりですが、ハーネス類はどうなっているのか、前ユーザーが加工している可能性もありますし、先日ETCを取り付けてもらったので、電源が分岐している可能性もあります。また近くにアースポイントがあるかどうか等々、実際に取り外して確認してからハーネス類を買った方が良さそうです。

新たに購入したKenwoodのU373、USBメモリ内の音楽を再生中です。パネルにちょっとほこりが付いていますが新品同様です。
IMG_2551-1280.jpg

FM PORT受信中です。サーチも早く、家のFMアンテナを接続するとFM長野も引っかかったので感度も良さそうです。
IMG_2552-1280.jpg

中古車に付いていたカセットデッキです。さすがに古いですね。銘板にはMITSUBISHI MOTORS MR979312と記載されていますが、ADDZESTのAB210と同じ品物のようです。おそらく単品販売されたものではなく、標準装備用(またはディーラーオプション用)としてクラリオンから三菱に供給されたものだと思います。
IMG_2554-1280.jpg

正面パネルの周囲のスペーサーを付け替えるために取り外します。固定用のツメは新しい方のデッキと位置が合わないので除去します。
IMG_2555-1280.jpg

取り外したスペーサーを新しい方のデッキに取り付けますが、そのままではスペーサーが固定されないので、ニトムズのアセテート布粘着テープで固定します。このテープはオーディオ機器内のケーブル等の固定に使用されているものと同じものなので耐久性は問題ないと思います。同時に左右のステーも付け替えました。
IMG_2556-1280.jpg
このステー固定用のネジに、車体側から来ているアース線が共締めしてありました。(のちにこのケーブルは車体からのアース線ではなく、ETCのアース線であることが判明しました)

左が旧デッキのハーネス、右が新デッキのハーネスです。車体側は「旧」が三菱用14ピン、「新」がトヨタ・ダイハツ用10ピン・6ピンです。
IMG_2557-1280.jpg

IMG_2558-1280.jpg
日産車なのになぜ三菱用のハーネスが使われているのか、その辺は推測を巡らせてください。三菱から日産へのOE…つまりそういうことです。でも変な加工等はされていなかったので取り付けは簡単そうです。

あとは、ヤフオクで三菱用14ピンと、トヨタ・ダイハツ用10ピン・6ピンを接続するための変換ケーブルを買って接続すれば動作すると思います。ところが出品者が海外出張中なので発送は1週間以上先になるとのこと、落札前に確認して良かったです。

しかしなぜカーオーディオはメーカーによってカプラーの形が違うんでしょう。どっかのメーカーが音頭を取って統一する計画はないんでしょうかね。新しいハーネスを買わなくても、ピンを抜いて挿し替えて合体させればケンウッド〜三菱用のハーネスができると思ったのですが、試してみたらピンのサイズや形状が微妙に異なるので単純に抜き挿しはできない様子でした。また無理をしてカプラーを破損させるといけないのでピンの加工はしない方が良さそうです。出品者が帰ってくるまで待つか、それとも最後の手段でケーブル自体の切り継ぎを行うか検討中です。ギボシ端子を付けるにしても電工ペンチを買う必要があるので、はんだ付けで切り継ぎを行なう方が簡単で確実な気がします。

というわけで、しばらくはオーディオレスの車です。
つづく…かも。

カーステレオ交換(その2)へ
posted by 安良町経由村上行き at 23:21 | Comment(4) | 自動車
この記事へのコメント
今春、自分で交換するつもりでアマゾンでナビを購入しました。ハーネスとかも準備したのですが結局自信が無くて「持ち込み歓迎の取り付けショップ」で取り付けてもらいました。綺麗に付けてもらえたのですが費用は¥25000でした。
Posted by たきじん at 2018年05月09日 19:34
今回は普通のCDデッキなので楽な方だと思いますが、ナビは難しそうですね。車速信号やらパーキングブレーキ信号やら、慣れていないと迷うことが多そうです。特に電源は直接事故につながりかねませんから、自信がなければ費用がかかってもプロにお任せする方が安心かも知れませんね。

3月まで乗っていたワゴンのAMラジオが壊れて久しかったので、本当は交換したかったのですが、インパネ外しが容易ではなさそうなので手を付けられずにいました。今回の軽貨物はやはり造りがちゃちなのでしょうか、インパネを手で外せることが分かったので交換に着手した次第です。

でも気が付けば、バッテリーのマイナス端子を外すという基本中の基本を守らずにここまで進めてしまいました。電源さえショートさせなければ大丈夫だと思いますが、初心に帰らないとだめですね。
Posted by 安良町経由村上行き at 2018年05月09日 20:12
カーステのカセットデッキも今やレアですね。
実は、FMのエアチェックやCDをコピーしたカセットテープが、捨てたはずなのが、まだ、残っていたのを発見。
一応、処分する気だが、ミニコンポでテープを聴いてましたら、CDより生々しく迫ってくる音源も多く、処分できず悩む始末。
テープがちょんぎれるか、はたまたミニコンポが壊れるのを待ってみるか。
Posted by 日日薬 at 2018年05月10日 08:21
うちにもラジオやレコードを録音したカセットが100本以上あります。一時期、全部PCに取り込んで、CD-Rに焼いて…なんて思ったこともあるのですが、面倒くさくてやっていられないのでそのままの状態です。ですからカーステレオはともかく、家で使うカセットデッキは手放せません。でもテープはそのままの状態で聴いた方が臨場感が感じられていいですね。

またご存知かも知れませんが、最近、カセットとUSBなどを使用できるカーステレオが出ていますね。
https://www.automesseweb.jp/2017/01/08/15694
なかなかマニアックな製品を出すメーカーもあるものです。
Posted by 安良町経由村上行き at 2018年05月10日 12:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


カウンター
Copyright(C)2018 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ