2018年05月12日(Sat)

カーステレオ交換(その3)完結編

3月に買った中古車に付いてきたカセットステレオを、ハードオフで買ったジャンク品のCDデッキに交換する計画の完結編です。

カーステレオ交換(その1)へ
カーステレオ交換(その2)へ

今回購入したCDデッキはKenwoodのU373という製品で2011年に発売された製品のようですが、使用感が全くなかったのでおそらく新車外し品と思われます。値札には「純正品のため動作未確認」と書かれていて、税込み2,160円でした。帰宅後の簡易チェックではCDのローディング中に電源が落ちる症状が出ましたが、これはチェック用に使用した電源の容量不足が原因と思われます。ハーネスはカセットステレオに付いていたものと、今回購入したデッキに付いていたものを切り継ぎして作りました。

インパネを取り外した状態です。すでにカセットステレオは取り外し済みで、内側のパネルだけ元に戻した状態で何日か乗っていました。ちゃちな車なのでインパネ外し用の工具を使わなくても手で外れます。一番左のクワガタ端子はETCのアース線です。この線を外した状態ではETCが起動しません。
IMG_2567-1280.jpg

インパネのさらに内側のパネルも取り外した状態です。赤と黄の配線は、ETCを取り付けてもらったときに電源から分岐させた配線だと思います。
IMG_2568-1280.jpg

切り継ぎで作ったハーネスを使って、新たに購入したデッキを接続します。IMG_2565-1280.jpg

ETCのアース線はデッキのステーにネジ止めします。
IMG_2569-1280.jpg

4本のネジを使って車体に取り付けます。このネジは車体のシャーシにつながっています。
IMG_2573-1280.jpg

この状態でエンジンキーを回すと無事起動しました。CDの読み込みも問題ありません。
IMG_2574-1280.jpg

この輝きはどう見ても使い古された中古品には見えません。おそらく新車購入の時点で取り外して保管していたのでしょう。
IMG_2576-1280.jpg

取り外したインパネを元に戻して完成です。
IMG_2579-1280.jpg

今回は2,160円の出費でカーステレオを交換することができました。正確にいえば4月に買って直せなかったデッキの分も含めると4,320円かかった計算になるので、安かったのかどうかかなり微妙ですが、新品同様ということを考えればまあまあだったんじゃないでしょうか。

before
IMG_2456-1280.jpg

after
IMG_2581-1280.jpg
カセットステレオはおそらく2006年製、CDデッキは2011年製と思われますが、わずか5年でこんなにもデザインが違うものですね。

その後、CDの動作確認のために1時間くらい走ってみましたが、道路のつなぎ目や起伏なども含めて、音飛びは発生しませんでしたし、ムサシの古い方の駐車場のデコボコの場所でも飛ばなかったのでおそらく大丈夫でしょう。本当は4月にジャンクのCD/MDデッキを買う前にこのデッキが出ていればもっと良かったのですが、それは仕方ないでしょうね。

というわけで、動作未確認のジャンク品は、問題なく使うことができたというお話でした。

完。

カーステレオ交換(つづき)へ
posted by 安良町経由村上行き at 20:55 | Comment(0) | 自動車
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


カウンター
Copyright(C)2018 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ