2018年05月22日(Tue)

【各局】避難勧告が伝わらなかった件【報道】

19日未明の大雨で村上市内の一部地域に避難勧告が出されたにも関わらず、
各家庭に設置されている個別受信機が作動しなかった件。

新潟日報
>担当者が村上市内全域ではなく、勧告対象の8町内だけに放送しようとした。
>しかし、町内を選択した放送は屋外の防災無線ではできるが、
>個別受信機ではできないシステムだった。
>担当者が把握していなかった。

NHK
>職員が防災無線の仕組みを把握していなかったため
>屋外向けと家庭向けの防災無線が連動する設定になっていなかったと説明しています。

BSN
>当職員が対象の地区に限って避難勧告を無線で伝えようとしたものの、
>設定のシステムをよく理解していなかったために結局、
>どの家庭にも伝わらなかったとしています。

NST
>主な原因は、市の職員がシステムの操作を誤ったため

TeNY
>対応に当たった職員が全世帯に設置してある防災無線で
>当該地区にだけ呼びかけようとしたが、地区を選べる設定でなかったため、
>早朝に市内全ての世帯に呼びかけることをためらったのが原因だった

UX
>担当職員が避難が必要ない地域にまで不安を与えてしまうと判断したため

だれか要約してください…

個別受信機宛の放送は市内全域のみで、町内を選べるシステムではなかったので、
当該町内以外の人に不安を与えるのをためらって、個別放送はせずに、
当該町内宛の屋外放送のみ行なった…ということでしょうか。

だとするとシステムを理解していなかったというより、
緊急時の対応に対する教育が不十分だったということになりそうですね。

でも個別受信機では地域を選べないって本当でしょうかね。
少なくとも村上地区とが朝日地区とか、旧市町村単位の選択はできるような気がします。
でなければあっちこっちの火災情報とかが入って来るはずですから。

まあ、関係ない地域に心配をかけたくないという気持ちも分かりますけどね。
でも当該地域に知り合いや親戚がいる人も多いと思うので、
全域に流した方が無難でしょうね。
やらないで怒られるより、やって怒られる方がマシでしょう。

ていうかエリアメールが配信されるほどの状況になっていたのですから、
市内全域に流すべきだったんでしょう。
posted by 安良町経由村上行き at 22:03 | Comment(2) | 通信
この記事へのコメント
マスコミにも別々の対応をされてるのかな。
Posted by 日日薬 at 2018年05月23日 12:47
たぶん一緒だと思いますけど、
マスコミも完全には理解していないような感じがしますね。
Posted by 安良町経由村上行き at 2018年05月23日 17:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


カウンター
Copyright(C)2018 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ