2018年10月08日(Mon)

築地

Here we go, come on!

♪築地(つきじ)は閉場、築地(ついじ)は中条
 なななな、なかじょう、いまは胎内市
 県民でも「ついじ」と読めるのは阿賀北民だけだよね?say!

なんだこいつーーー!!!
posted by 安良町経由村上行き at 20:07 | Comment(2) | その他
この記事へのコメント
なるほど。
胎内市の由来の「胎内川」をウィキペディアで見てました。
古文書上では、いろいろと川名のあて字が変わっていたのが面白かったです。
Posted by 日日薬 at 2018年10月09日 11:35
このウィキは初めて見ましたが、当て字みたいな色んな書き方があったんですね。
夏に胎内川の鉄橋を電車で渡ると、表面に水がほとんど流れていないことが多くて、
伏流水、いわゆる「胎内」を流れているからそう名付けられたと教わったものです。
この近辺の人は当たり前の光景として見ていますが、
他の地域から来られた方の目には珍しく映るんでしょうね。
Posted by 安良町経由村上行き at 2018年10月09日 18:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


カウンター
Copyright(C)2018 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ