快晴のお城山から村上市街、日本海、下渡山(げどやま)を望む
正面が北西、視野角でいうとこれでだいたい180度くらいです
P1050482-6300.jpg
大佐渡と小佐渡が国仲平野で分かれて見えるのと、ちょっとだけですけど粟島も見えるのにお気付きでしょうか
2019年11月23日(土)撮影、6300x1361サイズの超特大画像あります
 

2019年01月30日(Wed)

こたつホース

今日のZIP!で雪国の知恵として「こたつホース」が紹介されていましたが、ホースを使わなくても、こたつの一方だけ布団をめくって、少し離した所にファンヒーターを置くだけでも十分で、こたつの電源を入れなくても暖かいです。うちではもう10年以上前からホースなしでやっています。

コメリドットコム
https://www.komeri.com/disp/CKmSfGoodsPageMain_001.jsp?GOODS_NO=844569
posted by 安良町経由村上行き at 22:34 | Comment(4) | 放送
この記事へのコメント
おーーー手軽で安いですなあ
考えてみよう

今年に入って石油ファンヒーラーのみならず電気ポットまであぽーんしてしまいました(泣) まあかなり年月たってるのでごくろうさまと
今は電気こたつと2階用に使ってた電気ケトルで何とか
古いポットはお湯沸かして入れるやつが残ってるのですが保温までは・・・
まあ安いケトルだと1000円台のがあるので考え中です
ケトルは沸くのが早いけど保温はできません
Posted by やまちゃん at 2019年01月31日 09:59
電気ポットまで逝きますたか、それは災難ですね。
うちは以前は電気湯沸かしポットを使っていましたが、
電気代が気になるので今は昔ながらのやかんと普通のポットの併用です。
でもやはり冷めるので、飲む分だけその都度沸かすのもいいかなと思っています。
まあ今の時期は水を入れたやかんをストーブに乗せて置けば勝手に湧きますし、
ガスで沸騰させてやるだけで使えるので便利ですね。
Posted by 安良町経由村上行き at 2019年01月31日 18:23
石油ファンヒーターのスイッチが奥に引っ込んじゃったんですよ(笑)
電気ポットの出湯ボタンは何回も押してもダメでした
こういうスイッチは不便です。奥に引っ込んだものを元に戻すには分解しかありませんが、したことないもんで
あれはエアー式?なのかわかりませんが、昔のように出湯を手動でロックするのはもう売ってないのかな
Posted by やまちゃん at 2019年01月31日 18:50
スイッチ陥没ですか、それは厄介ですね。
分解するにしてもどこまで分解すればいいのか、やってみないと分かりませんし、
へたすりゃ元に戻せなくなる恐れもありますからね。
カーボン付着とかなら灯油販売業者で直してもらえる所もあると思いますが、
こういう故障はメーカーに送らないと無理かも知れませんね。

今は何でも電子式ですから困りますね。
電気ポットで手動でお湯を出す製品はあるかどうか良く分かりません。
そう考えると昔ながらの保温だけのエアーポットの方が便利なのかも知れませんね。
Posted by 安良町経由村上行き at 2019年01月31日 18:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


カウンター
Copyright(C)2020 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ