快晴のお城山から村上市街、日本海、下渡山(げどやま)を望む
正面が北西、視野角でいうとこれでだいたい180度くらいです
P1050482-6300.jpg
大佐渡と小佐渡が国仲平野で分かれて見えるのと、ちょっとだけですけど粟島も見えるのにお気付きでしょうか
2019年11月23日(土)撮影、6300x1361サイズの超特大画像あります
 

2019年02月18日(Mon)

駐車時トラブルの定番。ドアパンチを防ぐ方法

carview
https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20190218-10384641-carview/
>駐車場などでドアを開け閉めする際に、隣接するクルマに当ててしまい、
>ドアパネルにエクボ状のへこみができてしまうことを「ドアパンチ」と呼んでいる。

確かにドアパンチなんてどこ吹く風とばかりに、
ふわあああーっとドアを開けるおばさんもいますからねえ・・・

以前、会社で乗っていた車がそうだったのですが、
ドアヒンジの部分にカム状の凹凸が付いていて、
その場所でドアがストップするようになっていたんです。

なのでドアを任意の場所で止めておくことができずに、
ちょっとだけ開けようとしても凹凸の部分まで一気に開いてしまって、
その場所からさらに開けようとすると今度はかなりの力が必要で、
力を入れると一気に全開になってしまうのでドアパンチには本当に気を使いました。

そこで整備工場の人にお願いして凹凸部分を少し滑らかに削ってもらったのですが、
設計者はいいと思っていても使用者から見ると余計なお世話っていうのもありますよね。
posted by 安良町経由村上行き at 19:50 | Comment(6) | 自動車
この記事へのコメント
私もドアパンチしないよう
風の強い日は
駐車する向きに気を付けています
私は腰痛もちなので
乗り降りは、更に注意ですな
ガツンが来ませんように(^_-)-☆


Posted by GGG at 2019年02月18日 21:08
大変ですなあ。私はなるべく間隔の狭いライン上には止めないようにしてます
今のところドアバンはありませんが、稀に人がドアミラーに当たって角度を直すことあります

しっかし新年から新潟はいいことありませんなあ。NGT騒動から始まって青陵高校の生徒の足蹴りSNS配信
女子のナプキン投げもありましたが、ネット配信したがる頭が理解できない
Posted by やまちゃん at 2019年02月18日 21:22
GGGさん

以前、風の強い日にドアが煽られてヒンジ部分が曲がってしまったことがあります。
幸い隣に車がいなかったので人様に迷惑をかけることはありませんでしたが、
トイレなどのドアと同様に、
最初少しだけ開けて様子を見てから開けるように心掛けています。
私は今のところ腰は大丈夫のようですが、乗り降りには気を使いますね。
ぜひお大事に。
Posted by 安良町経由村上行き at 2019年02月18日 21:28
やまちゃんさん

村上のムサシへ行くと「軽」と書いた少し幅の狭い駐車スペースがあるんです。
でもその両脇におっきな車が停まってたりするとほんとギリギリですね。

青陵高校の件は、最初新潟市内の私立高校とだけ報道されていましたが、
さきほどのニュースでは実名が出ましたもんね、ほんと困ったものです。

バックカントリーで遭難して救助された二人に関しては、
今まで遭難して迷惑をかけてきた人たちとはすいぶん印象が違って、
謙虚でちゃんとした人たちだという印象を持ちました。
あの二人に関しては大きなバッシングは起きないでしょうね。
Posted by 安良町経由村上行き at 2019年02月18日 21:38
まさか暖冬で頭がおかしくなったのか

青陵は捧匡子がバトミントンで活躍してたころを思い出します
女子校だったころも知ってます(何十年も前ですが)

こういう不心得な生徒がいれば在校生に影響がありますし
青陵大学や短大の進学も。
 
バックカントリーの人はやはり経験者ならではで食料や雪穴で避難する術を知ってますね。エベレスト登山ではよく雪穴掘って水分取って睡眠が大事
まあ反省してるので罰金くらいで許しては
Posted by やまちゃん at 2019年02月19日 11:22
あそこまで行くといじめじゃなくて完全に犯罪行為ですもんね。
系列の新潟青陵大学教授で犯罪心理学が専門の碓井真史さんも、
コメント出せないでしょう恥ずかしくて。

ほんと新年早々新潟にはいいことがありませんね。
そして今度は人口当たりの医師数が全国最下位から二番目、
ビッグスワンがクラス1返上等々、どこまで連鎖するんでしょう。

そういえば新幹線や在来線特急の車販も縮小されるそうで・・・
いいことありませんなあ。
Posted by 安良町経由村上行き at 2019年02月19日 17:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


カウンター
Copyright(C)2020 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ