快晴のお城山から村上市街、日本海、下渡山(げどやま)を望む
正面が北西、視野角でいうとこれでだいたい180度くらいです
P1050482-6300.jpg
大佐渡と小佐渡が国仲平野で分かれて見えるのと、ちょっとだけですけど粟島も見えるのにお気付きでしょうか
2019年11月23日(土)撮影、6300x1361サイズの超特大画像あります
 

2019年04月23日(Tue)

高橋真麻 AKSは山口真帆の卒業発表を商売に?「意味が分からない」

東スポweb
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190423-00000018-tospoweb-ent
>一番ふに落ちないのは運営のAKSがこの檀上で、
>手紙を読ませてるのをビデオで回してて、
>そのビデオも著作権はAKSで出している。全然、意味が分からない。
>ぐちゃぐちゃの舞台を自分のところの著作権で出している。
>(普通は)見せない、そういうところ」を指摘した。

この番組は見ていなかったのですが、自分も同じことを考えていました。あれだけ運営に対して批判的な内容を何分間も読んでいるにも関わらず誰も止めに入らないということは、それを運営が許可してるってことでしょ。

そうでなければ途中で現場スタッフが止めに入ることもできるわけですし、撮影をストップすることもできると思うのですが、止めるどころかあの映像をAKSの著作権マーク付きで出していることにもの凄い違和感を感じます。

一部には、もう隠しきれなくなったので洗いざらい出すことにしたのではないかという意見も見られるようですが、高橋真麻の言うように宣伝に利用しているのではないかとさえ感じてしまいます。つまり、あの映像を出すことによるマイナス効果よりも宣伝効果の方が大きいと考えているんじゃないかということです。事実、あの事件以降NGTの知名度は飛躍的にアップしたわけですからね。

そして自分のようなアンチが毎日のようにあーだこーだと書き連ねることも宣伝になっていることも否めませんからね。なのでNGTをはじめとしたAKBグループの話題を出すのはこれで最後にします。あとは好きにやってください。

「アンチは無料の宣伝マン」最近では指原も言っていたようですが、元々は秋元の名言ですもんね。究極のアンチ活動は「無視」これに限ります。
posted by 安良町経由村上行き at 18:45 | Comment(2) | 事件・事故・災害
この記事へのコメント
先日のカメラアシスタントが 新潟48のみなさんと同級生だったとの事でいろいろ話を聞かせてもらいました。

あ、やっぱりそうなんだよね!

仕事の仲間も新潟48の仕事してるので聞いてみると、あ、やっぱりそうなんだよね! です。
Posted by カメラマン at 2019年04月23日 20:55
表に出せること、出せないこと、様々あるでしょうね。
マスコミに出てることなんてほんの一部なんでしょうし、
外野は深入りしない方が無難かも知れませんね。

今度の日曜のバスケの中継も期待しております。
Posted by 安良町経由村上行き at 2019年04月23日 21:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


カウンター
Copyright(C)2020 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ