快晴のお城山から村上市街、日本海、下渡山(げどやま)を望む
正面が北西、視野角でいうとこれでだいたい180度くらいです
P1050482-6300.jpg
大佐渡と小佐渡が国仲平野で分かれて見えるのと、ちょっとだけですけど粟島も見えるのにお気付きでしょうか
2019年11月23日(土)撮影、6300x1361サイズの超特大画像あります
 

2019年07月31日(Wed)

とうもろこしの芯 観察日記

食べ終わった芯を外に出して置くとどうなるか実験してみました。

Day1
P1040690-1600.jpg
実験のために食べる部分をある程度残して出して置いたところ、

Day2
P1040700-1600.jpg
一日経ったら周囲が砂で囲まれたようになっていて、
上の方には何匹ものアリが群がっているのが見えます。

この、砂で取り囲むという行為、
最初はてっぺんに上るための足掛かりを作っているのかと思いましたが、
調べてみたら、巣に持ち帰ることのできないエサを外敵から隠す意味があるようです。

なのでしばらく様子を見ようと思って、もう二日置いてみたら・・・

Day4
P1040706-1600.jpg
いい感じに隠れてきました。

さらにもう一日置いてみたら、

Day5
P1040717-1600.jpg
まだ完全ではありませんが、ほぼ原形が分からないように隠れてしまいました。

写真では良く分かりませんが、
何匹ものアリが自分の頭と同じくらいの大きさの砂を咥えてせっせと上って、
それを置いて帰っていく光景が肉眼でも確認できました。

こうやって外敵から見えない状態にして、中で食べているのでしょう。
こういうのを夏休みの自由研究として提出すれば褒められるでしょうね。
まさにアリの生態、恐るべし!!です。

そして・・・

さらに四日が経過した朝。










Day9
P1040783-1600.jpg
今度はダンゴムシがうじゃうじゃと群がっていました。

ダンゴムシも毎日見かけたのですが、ここまでたくさん群がっているのは初めて見ました。

ダンゴムシさん、いまごろんなって来たってアリさんがみんな食てしもたすけ、
食うとこほとんど残ってねーれ。

さらに24時間後の朝。
Day10
P1040789-1600.jpg
【季節の最近の記事】
posted by 安良町経由村上行き at 06:05 | Comment(0) | 季節
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


カウンター
Copyright(C)2020 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ