快晴のお城山から村上市街、日本海、下渡山(げどやま)を望む
正面が北西、視野角でいうとこれでだいたい180度くらいです
P1050482-6300.jpg
大佐渡と小佐渡が国仲平野で分かれて見えるのと、ちょっとだけですけど粟島も見えるのにお気付きでしょうか
2019年11月23日(土)撮影、6300x1361サイズの超特大画像あります
 

2019年08月25日(Sun)

FUJI FinePix S9000

保証なしのジャンク品、14年も前の骨董級の製品ですが、
元箱以外の付属品は全て揃っていて安かったので衝動買いしました。
【新製品レビュー】富士写真フイルム FinePix S9000

P1050113-1600.jpg

値札には傷が多いと書かれていましたが、
ズームリングのゴムの部分が若干白くなっている程度で、
目立った傷は見られませんでした。

P1050114-1600.jpg

CD-ROMは未開封、ストラップも使用した形跡は見られませんでした。。

P1050115-1600.jpg

35mm換算で28mmから300mmまでレンズ交換なしで撮影できるのは便利ですね。
デジ一眼より実用的な“ネオ一眼”――FinePix S9000

P1050116-1600.jpg

電源は単三アルカリ電池4本、
64MBのXDメモリーカードが付属していましたが、
CFカードも使用できます。

P1050117-1600.jpg

P1050118-1600.jpg

P1050119-1600.jpg

空き缶で試写、プログラム撮影でノーフラッシュ、AFエリアは中央です。
DSCF0007-1920.jpg

角度を変えて撮影、
上の写真と同様にAFエリアが中央に来ているので若干後ピン気味になるようで、
缶の中央の文字よりも下の方の文字にピントが合いやすくなるようです。
DSCF0007-1920.jpg

缶の表面の文字が書いてある部分にピントが合うようにして再撮影、
設定からシャープネスを変えて撮影しました。
シャープネス スタンダード
DSCF0013-1920-STD.jpg

シャープネス ハード
DSCF0014-1920-HARD.jpg

元画像を1920サイズにリサイズしただけで、
画質補正やカラー補正をせずにこれだけの画像が得られるのですから、
まあまあお買い得だったんじゃないでしょうか。

2019年8月25日(日)ハードオフ村上店にて税込み2,160円。
posted by 安良町経由村上行き at 23:59 | Comment(2) | ハードオフお買い物日記
この記事へのコメント
私は、ソニーのDSC-F828の個性的なデザインが気になって仕方ありません。
好き嫌いのハッキリしそうな形ですが、このカメラを見てデジタルカメラのカッコ良さに初めて目覚めました。
Posted by たきじん at 2019年08月26日 21:01
当時のサイバーショットの最上位機種ですし、今でも古さを感じさせませんよね。
私は2004年にCANONのEOS20Dを買ったのですが、
連写の速さや高感度時のノイズの少なさなど、
鉄道ファンの間ではCANON信仰みたいなものがあったと記憶しています。

でもレンズ交換式であるがゆえにCCDに汚れが付着しやすくて、
空の部分に斑点が写ってしまうことが多くて気を使いました。
発色は自然と言えば自然なのですが、傾向としては地味な印象がありました。
Posted by 安良町経由村上行き at 2019年08月26日 21:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


カウンター
Copyright(C)2020 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ