快晴のお城山から村上市街、日本海、下渡山(げどやま)を望む
正面が北西、視野角でいうとこれでだいたい180度くらいです
P1050482-6300.jpg
大佐渡と小佐渡が国仲平野で分かれて見えるのと、ちょっとだけですけど粟島も見えるのにお気付きでしょうか
2019年11月23日(土)撮影、6300x1361サイズの超特大画像あります
 

2019年09月06日(Fri)

もしもしー

「こちらNTT東日本のあーたらこーたらです、お世話になっております」

 「はい」

「ただいまインターネットをお使いの皆様に料金のどうのこうの・・・」

 「インターネットは使っておりません!!」ガチャ!!!

ネットにつないでない方の回線にかけてよこして、
インターネットガー、料金ガー、って
おまえらバカじゃねえのかと言いたくもなりますよ。

一時期この手の迷惑電話は減ったように思ったのですが、
最近はまた毎日のようにかかってくるようになりました。
内容は電気料金や電話料金、フレッツ光や保険見直しなどですが、
相変わらず出た瞬間に切れるのもありますね。
ほんと厄介です。

出た瞬間に切れるというのは、相手が出たかどうかの最終確認ができていない状態、
つまり受話器を耳に当てたままの状態で指でフックを押して切るという、
オペレーターとして基本的な動作ができていない、または教わっていない証拠。
そんな業者の勧誘に乗ってもロクなことはないでしょうね。
posted by 安良町経由村上行き at 22:08 | Comment(4) | 通信
この記事へのコメント
コールセンターのほとんどは受話器を使って無いようです。
多くはヘッドセットですね。
Posted by カメラマン at 2019年09月07日 14:02
あ、なるほどー、今どきはそうですよね。
ちゃんとした所はみんなそうなんでしょうね。

ということは今どき受話器片手に勧誘電話しているような所は・・・
そういうことですね。
Posted by 安良町経由村上行き at 2019年09月07日 14:11
かみさんの実家へ行ったら電話回線がメタルから光になっていました。
現在70代後半の義母の1人暮らし、インターネットはやっていません。
なぜ?回線を代えたのか聞いてみたら「よくわからないけどNTTが来て代えたほうが良いと言われたので申し込んだ。」とのこと。
料金を調べると基本料金等の他に高額なオプションが付いていることも判明!これまでのメタル回線の3倍ほどの金額になる事がわかりました。
売り上げをあげるために代理店が知識、判断力の無い老人をだまして契約させたようです。インターネットを使っていない事がわかるのにネット契約させてる!
悪質な手口です。悪質代理店!

早速NTTに連絡、抗議して契約の無効、代金の返還、メタル回線への復帰を申し出しました。
しかも、回線の名義は十数年前に亡くなった義父のまま今回の契約がなされていました。どうやって死んだ人と契約したんだよ!って言ういい加減な契約です。

後ほど、NTTの担当者から私に連絡が来る事になりました。
Posted by カメラマン at 2019年09月10日 05:57
うわあ、それは大変でしたね。

いつからそうなっていたのかは分かりませんが、気付いて良かったですね。
おまけに色んな不要なオプションまで付けるなんて、最初から騙す気満々じゃないですか。

こんな悪質極まりない代理店がのさばっているとマトモな代理店は大迷惑でしょうね。
そういう所は代理店契約を解除できないものでしょうかね。

早期のメタル回線への復旧が望まれますが、配線は残っているのでしょうか。
うちの場合は光ファイバーにした後も、昔の配線自体は残っています。
電柱から保安器を経由して部屋のモジュラーコンセントまでの配線が
そのまま残っています。
工事の時に配線撤去しないのか尋ねたら、残しておくと言っていました。

知識のない人や判断能力のないお年寄りを騙すこういう手口、絶対に許せません。
NTTも厳正に対応して欲しいですね。
Posted by 安良町経由村上行き at 2019年09月10日 18:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


カウンター
Copyright(C)2020 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ