快晴のお城山から村上市街、日本海、下渡山(げどやま)を望む
正面が北西、視野角でいうとこれでだいたい180度くらいです
P1050482-6300.jpg
大佐渡と小佐渡が国仲平野で分かれて見えるのと、ちょっとだけですけど粟島も見えるのにお気付きでしょうか
2019年11月23日(土)撮影、6300x1361サイズの超特大画像あります
 

2019年12月01日(Sun)

お城山みたび

3週連続のお城山、今日は登りませんよ。

駐車場を出るとすぐそこに育英会の建物が見えます。
P1050614-2048.jpg

育英会の掲示板です。
平日の午前中しか開館していないのが残念ですね。
P1050556-2048.jpg

今日もまた平和観音様の前を通って登り口に向かいます。
駐車場が整備される前はこのあたりに車を停めたものですが、
今は停められないようにバリケードが置かれています。
P1050592-2048.jpg

平和観音の制作者は安良町ご出身の方のようです。
P1050606-2048.jpg

こ、これは!
先週来たときには商品が入っていたと思うのですが、
何も感じなかったということは先週までは通常営業していたのでしょうね。
P1050609-2048.jpg

冬はお城山に登る人も少なくなるので売り上げ的にもアレなのかも知れませんね。
P1050627-2048.jpg

今日はここまで、本当に登りませんよ。
P1050616-2048.jpg

七曲警察署のポールの横は村上市城山児童公園になっていて、
P1050603-2048.jpg

イチョウの葉が敷き詰められていました。
P1050602-2048.jpg

その隣が児童公園の入り口です。
P1050626-2048.jpg

公園はずっと奥の方まで続いています。
P1050591-2048.jpg

様々な事業によって保全されているのでしょうね。
P1050597-2048.jpg

城主居館跡です。
P1050624-2048.jpg

ということはお殿様は山の上のお城ではなくて、ここに住んでいたのでしょうか?
P1050625-2048.jpg

今の時期はイチョウの葉が敷き詰められて見事なものですが、
P1050568-2048.jpg

掃除をするのは大変だろうなあなんて思ってしまいます。
P1050585-2048.jpg

振り返ればそこには今通ってきた育英会の建物や民家が見えます。
P1050578-2048.jpg

トイレです。
5月に来た時の記事で洋式か和式か確かめるの忘れたと書きましたが、
男性トイレは小便器と和式の大便器になっていました。
P1050579-2048.jpg

これだけ見事だとついつい何枚も撮ってしまいます。
P1050583-2048.jpg

イチョウの解説板もありました。
P1050584-2048.jpg

奥の方へ行くとイチョウの木がなくなるので殺風景なものです。
P1050572-2048.jpg

でも春の桜のシーズンはきれいなんでしょうね。
P1050573-2048.jpg

このくぼみは何をするためのものなんでしょう。
何かを泳がせるとか・・・
P1050576-2048.jpg

これは今回初めて見つけました。
P1050593-2048.jpg

「村上城」と書かれている面と、
P1050594-2048.jpg

「史跡境?」と書かれている面があります。
P1050595-2048.jpg

というわけで今日は本当に登りませんでした。

駐車場へ。
P1050557-2048.jpg

出口付近の5区画は閉鎖されたままでした。
P1050628-2048.jpg

閉鎖されたエリアには看板が建っています。
P1050560-2048.jpg

排気ガスが住宅の方に行かないような配慮なのかも知れませんが、
この場所だけなのかこの列全てに対してなのかいまいち良く分かりませんね。
P1050562-2048.jpg

ご丁寧に車止めまで描かれていますが、
「前向きで駐車」ではなく「前進で駐車」と書いた方が分かり易いような気もしますね。
P1050564-2048.jpg

でもバックで停めれば排気ガスが気になりますし、
前進で停めればエンジン音が気になりますから、
住宅に近い部分だけはこのように閉鎖するのが正解なのかも知れませんね。

そして帰り道。

建物の隙間から古びた鳥居が見えたのですが周囲を塞がれていて近づくことができません。
P1050630-2048.jpg

隣に駐車場のようなスペースがあったのでに入ってみたのですが、
こちらもブロック塀に阻まれて近づくことができませんでした。
P1050629-2048.jpg

南線突き当りの三叉路もイチョウの葉が敷き詰められていました。
P1050631-2048.jpg

令和元年、晩秋の一日です。
P1050632-2048.jpg

お城山3部作おわり。
posted by 安良町経由村上行き at 21:24 | Comment(2) | 観光
この記事へのコメント
児童公園も、もう少しきれいに整備されると良いのですが。

何だか草とかが生えててあまり中に入りたいとは思わないです。

夏だと虫や蛇とかいますしね!

芝生とか、きれいなベンチ、東屋とかあると素敵なんですけどね。
Posted by 塩町 at 2019年12月02日 23:16
蛇がいたらほんと驚くでしょうね。

私も今回たまたま落葉が敷き詰められて綺麗だったので入ってみたのですが、
普段は公園内に入ろうという気はなかなか起きません。
また、石でできた低いベンチがいくつかありますが、
もうちょっと座りやすいベンチがあればいいのにと思いました。

今の状況ですと児童公園と言うよりも、
単なる「広場」と言った方が適切なような気もしますね。
Posted by 安良町経由村上行き at 2019年12月03日 12:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


カウンター
Copyright(C)2020 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ