快晴のお城山から村上市街、日本海、下渡山(げどやま)を望む
正面が北西、視野角でいうとこれでだいたい180度くらいです
P1050482-6300.jpg
大佐渡と小佐渡が国仲平野で分かれて見えるのと、ちょっとだけですけど粟島も見えるのにお気付きでしょうか
2019年11月23日(土)撮影、6300x1361サイズの超特大画像あります

2019年12月22日(Sun)

安良町さんぽ(2019年12月22日)

令和元年、12月も下旬になろうとするのにこの青空!
雪は全くありませんし、長井町のほてい様も気持ちが良さそうです。
P1050771-2048.jpg

いい腹してますなあ。
道路の向こうにチラッと見えるのは長井町の秋葉神社です。
P1050773-2048.jpg

大町のおもちゃ屋ピノキオです。
今年の2月に営業終了のお知らせのチラシが入っていましたが、
店名プレートは残っています。
P1050775-2048.jpg

ここもなかなか借り手が見つからなさそうですね。
P1050776-2048.jpg

横澤自転車店ですが、しばらく来ない間に町屋風に改装されていました。
P1050777-2048.jpg

きっかわ店頭に置かれているこの車、リムジンのBig Benでしょうか。
ずいぶん長く置かれていますがきれいに手入れされていますね。
P1050778-2048.jpg

洋装の丸高の建物も改装中でした。
P1050779-2048.jpg

工事は来春までのようですが、どんな雰囲気になるんでしょうね。
売り物件になっていた建物ですが、どんな店舗が入るのかが楽しみですね。
P1050780-2048.jpg

うおやの鮭も見事ですね。
P1050781-2048.jpg

大鉄商店の隣だと思いますが、ここも町屋風に改装中でした。
P1050783-2048.jpg

小町バス停、向かいはわら竹クリーニングです。
P1050784-2048.jpg
(赤い車の少し前、中央線近くにチラッと写っているのは
「火伏せのいの字石」ですが、今回は完全に見落としていました。
詳しくは5月に歩いた時の記事をご参照お願いします)
http://toikide.sblo.jp/article/185973776.html

開運堂ベーカリー、営業はしていませんがレトロ感たっぷりですね。
ここは改装せずにこのまま残して欲しいです。
P1050785-2048.jpg

鮭料理の井筒屋です。
P1050786-2048.jpg

益田書店です。
早川書店なきあと、この近辺の書店はここだけになりました。
P1050788-2048.jpg

その横は村上大祭でおしゃぎりが駆け上がる「小町坂」です。
P1050789-2048.jpg

精巧舎村上印刷所の隣は第四銀行の車庫として使われていますが、
P1050790-2048.jpg

このゲートは裏口のような用途だったのかも知れませんね。
P1050792-2048.jpg

外壁も傷んでいると見えてシートで覆われています。
P1050793-2048.jpg

小町の伊勢神明社です。
P1050795-2048.jpg

「おはらいさま」頒布中ということでした。
P1050796-2048.jpg

今日はどちらへも行きませんよ。
P1050798-2048.jpg

塩町通りです。
この通りは昔から広々としていた印象があります。
P1050800-2048.jpg

いわゆる「新多久の坂」ですが、ここもいい雰囲気ですね。
P1050802-2048.jpg

安泰寺です。
P1050805-2048.jpg

塩町の稲荷神社でしょうか(場所は塩町ですが、小国町のお稲荷さんなんだそうです)
P1050810-2048.jpg

寺町から小国町の方へ入る裏通りですが、ここへ行くと、
P1050812-2048.jpg

以前にも紹介した廃屋がまだちゃんと残っていました!
P1050813-2048.jpg

5月に来た時には草が青々と茂っていました。
こんな所にも季節感を感じるものですね。
P1030935-1600.jpg

この車はナンバーが付いたまま置かれていますね。
P1050814-2048.jpg

廃屋なりにちゃんと「保全」されていて安心しました。
P1050815-2048.jpg

小国町のてんやとホンダデンキ、どちらも老舗ですね。
真正面にお城山の石垣が見えますね。
P1050819-2048.jpg

ホンダデンキはPanasonicの看板を掲げていますが、
P1050822-2048.jpg

Nationalのロゴを剥がした跡が今でもはっきりと残っています。
P1050821-2048.jpg

ここは確か藤井書店だったような気がするのですが・・・(正解!)
P1050823-2048.jpg

九重園と書いて「ここのえん」と読みます。
村上では超老舗のお茶屋さんです。
P1050824-2048.jpg

すぐ近くに自店舗の茶畑があります。
P1050826-2048.jpg

小国町通りですが、
P1050829-2048.jpg

人も車もほとんど見られません。
P1050830-2048.jpg

寺町通りの妙法寺です。
P1050831-2048.jpg

西真寺です。
P1050835-2048.jpg

長法寺です。
P1050836-2048.jpg

長法寺の向かいは「食堂ちくに」ここも有名ですね。
P1050837-2048.jpg

経王寺です。
P1050838-2048.jpg

この先は道が狭くなるのですが、
近年一方通行が解除された道があるので注意が必要です。
P1050839-2048.jpg

村上では知らない人はいない割烹吉源、自分には全く縁のない世界です。
P1050840-2048.jpg

浄念寺です。
P1050842-2048.jpg

願浄寺です。
P1050843-2048.jpg

洋酒喫茶木馬、和風料理のたにがわや前です。
まるきやというのは手芸店です。
P1050844-2048.jpg

割烹松浦家です。
P1050845-2048.jpg

いわゆる黒塀通りの入り口です。
P1050846-2048.jpg

ここもテレビやパンフレットでしょっちゅう出てくる場所ですね。
P1050849-2048.jpg

隣は割烹新多久です。
P1050851-2048.jpg

ここはどこだったか・・・(新多久の隣、安善寺ですね)
P1050862-2048.jpg

黒塀通りももうすぐ終わりですが、
P1050866-2048.jpg

振り返るとこれもまた最高の雰囲気ですね。
P1050865-2048.jpg

安善寺正面です。
P1050852-2048.jpg

安善小路です。
P1050853-2048.jpg

歴史のある小路ですが、
P1050854-2048.jpg

ここも黒塀が見事ですね。
P1050855-2048.jpg

ここはどこだったか・・・安善寺の横、信金の裏あたりです。
P1050856-2048.jpg
(旧第四銀行村上支店長宅ということですが、現在は浪漫亭という国登録文化財になっていて、吉川さんが買い取って個人宅として使用しているとのことです)https://www.sake3.com/spot/3788

ここもどこだったか記憶になく(これも安善寺のようですね)
P1050858-2048.jpg

ここもどこだったでしょう(これもまた安善寺ですね、お恥ずかしい)
P1050859-2048.jpg

小国町は表通りと裏通りとで高低差がかなりあって、
裏通りに面した部分が階段になっている家が何軒も見られます。
P1050868-2048.jpg

そして帰り道、栄食堂前。
正面にそびえるのはNTTの鉄塔です。
P1050869-2048.jpg

定番の鮭ペイントですが、
P1050870-2048.jpg

だいぶ薄くなりましたね。
P1050871-2048.jpg

ここまで徒歩で2時間弱、
今日は同じ場所を何度も歩いたこともあって4kmくらい歩いてしまいましたが、
この範囲内にこれだけ見所があるのですから嬉しいですね。
行ったり来たりしながら撮影したので順番がおかしかったり、
キャプションのおかしい所があるかも知れませんがどうかお許しを。

大町通りはシャッターの下りている店が多く見られましたが、
日曜なので営業していなかっただけなのか、それとも廃業したのか、
そのへんは平日に歩いてみないと分からないことも多そうです。
その一方で町屋風に改装中の店舗も多く、
年々変貌を遂げている印象がありました。
posted by 安良町経由村上行き at 23:51 | Comment(7) | 観光
この記事へのコメント
東京では雪が降ったみたいですね
なのにこっちは
どこもスキー場は雪不足で困ってるようです
Posted by やまちゃん at 2019年12月23日 19:31
毎年のことですけど、スキー場だけに降ってくれと思いますよね。
ぶどうスキー場あたりも年末の書き入れ時なのに困っているでしょうね。
Posted by 安良町経由村上行き at 2019年12月23日 20:22
安泰寺の次の稲荷神社は 場所は塩町ですが、 小国町の稲荷神社です。奥に見えるのが小国町の集会所です。

小町の伊勢神明社は確か8月の七夕祭りの時の神社ですよね? 村上大祭は羽黒神社。

藤井書店はその通りです。

どこだったか は 安善小路、安善寺 旧銀行支店長宅です。ともに黒塀通り(安善小路)です。
安善小路は小学校の時の通学路でした。

ちくに はその昔細工町にありました。

寺町の淨念寺は私の子供の頃は みんな「ハトポッポ」と呼んでいました。鳩がいたからなんですよね。子供たちの間ではハトポッポで通じました。

寺町通りの妙法寺は儒家の近くですが、近所の皆さんは(坂下の塩町人)「坂のお寺」と呼んでいます。

まるきやさんは、手芸のほか昔は釣り道具も扱っていました。私は釣り道具屋さんのイメージが強いですね。

小国町の裏の小路の階段は 丹羽せともの店ととてんやの間ですね。

写真でルートを見ると私の実家の前も通られたんですね。

近所の写真がたくさんありました。

寺町通りと栄食堂の通りは最近(私の感覚では)まで一方通行でしたが今わどちらの方向でも通行可能になりましたね。
栄食堂の坂、鮭ペイントの通りは私が双葉幼稚園に通う道でした。

鮭のペイントですが、以前にも書き込みましたが、私の記憶に間違いがなければ1973年に書かれたはずです。その後も何度が塗りなおしたのでしょうけど。

私も村上街歩きしたいです。


Posted by 塩町 at 2019年12月24日 15:36
ありがとうございます!助かります。

カッコ書きで追記させていただきますが、
少しづつやりますから、ちょっと時間がかかるかも知れません。

しばらく経ってからまた何度かご覧になって、
漏れや、これはおかしいだろ、という部分があったらまたご指摘ください。
これから確認しますので時間をいただければ幸いです。

またのちほど。
Posted by 安良町経由村上行き at 2019年12月24日 18:09
やっと終わりました。

旧銀行支店長宅というのはなかなか分かりませんでした。

今回は安善寺近辺を行ったり来たりしながら撮影したので、
行きに撮った写真なのか帰りに撮った写真なのか、
どっち側から撮った写真なのかが分からなくなったものがたくさんありました。
ですので地元の方に教えていただいて本当に助かりました。
まさか安善寺の写真ばかりあんなに何枚も撮っていたとは・・・

私の母が塩町の人なので塩町には馴染みはあるはずなのですが、
知らない所がたくさんあってお恥ずかしい限りです。
まだおかしいところがありましたらドンドンご指摘ください。

ちくにが細工町にあったのは記憶に残っていますが、
まるきやで釣り具を扱っていたのは知りませんでした。
寺町が一方通行解除されてからは結構経つと思いますが、
今でも注意看板があるということは事故もあるということなのでしょうね。

淨念寺の呼び名が「ハトポッポ」というのは面白いですね。
子供の頃は学校の先生にもあだ名を付けて呼んでいましたから、
そういうのが楽しくて仕方のない時期なんでしょうね。

小国町の裏が石段になっていることは知りませんでしたし、
車ではなくて歩いてみないと分からない所がいーーーっぱいありますね。

年末年始は今のところ少雪のようですので、
帰省された際にはどうぞ街歩きを楽しんでください。

いろいろ教えていただいて本当にありがとうございました!
まだおかしい所があればどうぞご遠慮なくご指摘ください。
Posted by 安良町経由村上行き at 2019年12月24日 21:56
小町通りを歩かれたなら「いの字の石」(火防の石)もぜひ取り上げて下さい! これは外せませんよ!
Posted by 塩町 at 2019年12月26日 11:37
うわ!これは大変失礼いたしました!!

よーく見たら小町バス停の写真の右下にチラッと写っていますね。
でも現地では全く気付いていませんでした。
お恥ずかしい限りです。

のちほど5月に掲載した記事へのリンクを貼っておきますね。
ありがとうございました!
Posted by 安良町経由村上行き at 2019年12月26日 16:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


カウンター
Copyright(C)2020 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ