快晴のお城山から村上市街、日本海、下渡山(げどやま)を望む
正面が北西、視野角でいうとこれでだいたい180度くらいです
P1050482-6300.jpg
大佐渡と小佐渡が国仲平野で分かれて見えるのと、ちょっとだけですけど粟島も見えるのにお気付きでしょうか
2019年11月23日(土)撮影、6300x1361サイズの超特大画像あります
 

2020年01月13日(Mon)

安良町さんぽ(2020年1月13日)その1

飯野一丁目の小林医院ですが、若い頃に何回かかかったことがあります。
閉院してかなりの年数が経過していて、道路に面した看板はもうありませんが、
門柱の表札は昔のまま残っています。
P1060263-2048.jpg

洋風建築っぽい外観で建物もきれいですし、庭木の手入れもされていて、
すぐにでも使えそうな雰囲気ですね。
P1060264-2048.jpg

映画に出てきそうな雰囲気です。
P1060641-2048.jpg

南線通りの向こうは細工町通りです。
P1060265-2048.jpg

割烹千渡里(ちどり)ここも有名ですね。
P1060268-2048.jpg

こういった案内看板は意外と少ないので助かりますね。
P1060269-2048.jpg

ここの名物は「だぁーまた丼」、「だぁーまた」というのは村上弁ですが、
否定的な意味を持つことの多い「だー」とは正反対で、
「当たり前」「当然」という肯定的な意味を持つことが多いです。
P1060270-2048.jpg

いい腹してますなあ、相当飲みましたね。
P1060271-2048.jpg

ところが反対側から見るとビールの看板にスッポリ隠れてしまうという不思議。
P1060272-2048.jpg

少し進むと等覚寺があって、
P1060273-2048.jpg

その先には夭夭亭(ようようてい)という居酒屋があります。
P1060275-2048.jpg

ここも独特の雰囲気がありますが、
黒いドアの奥は別の店のようですし、複合店舗のような雰囲気ですね。
P1060276-2048.jpg

欧風居酒屋という表現も面白いですね。
P1060281-2048.jpg

夭夭亭の隣が山上畳屋で、
P1060280-2048.jpg

その隣がスナックでしょうか、
畳屋の両隣がスナックとは、まさに奇跡的な並びですね。
P1060278-2048.jpg

"legato"と読むのでしょうか。
P1060279-2048.jpg

その先には貸店舗があって、
P1060282-2048.jpg

その奥の2階は「赤とんぼ」という酒処になっています。
P1060283-2048.jpg

ここもスナックか何かだった建物でしょうね。
P1060284-2048.jpg

隣は「すなっくウィング」で、
P1060286-2048.jpg

その隣もスナックでしょうか「みき」と書かれています。
P1060288-2048.jpg

「ウィング」の向かいの家にはオソロシイ貼り紙が!!!
P1060287-2048.jpg

犬に見つからないうちに安良町通りを横切って大工町へ。
P1060289-2048.jpg

桜Dining勝馬"shouma"ですが、比較的新しい店舗のようですね。
P1060291-2048.jpg

その先には善行寺と、
P1060292-2048.jpg

光清寺があります。
P1060293-2048.jpg

焼肉「金剛」ここも力が付きそうな店ですね。
P1060294-2048.jpg

大工町は文字通り大工さんがたくさん住んでいた町なのですね。
P1060295-2048.jpg

大工町通りの突き当りですが、左側のカーテンの閉まった建物は、
P1060296-2048.jpg

昔「平和パン」だった建物です。
P1060298-2048.jpg

その反対側は「まちのカフェ珈琲屋」という店になっていました。
P1060297-2048.jpg

町屋風、お城風の建物ですね。
左側に「か」の字がチラッと見えているのは、とんかつの「かつ春」の看板です。
P1060299-2048.jpg

和風料理の「たにがわや」ここも良さそうなお店ですね。
P1060300-2048.jpg

今日は細工町から大工町にかけて歩きましたが、
小さな飲み屋やスナックがたくさんありますね。

既に営業していない店も多いものと思われますが、
狭い小路にたくさんの飲み屋が立ち並ぶ風景は、
昔の村上を感じさせる雰囲気でした。

たぶん続く。
posted by 安良町経由村上行き at 23:28 | Comment(4) | 観光
この記事へのコメント
「平和パン」は昔(〜S60頃??)調理パンを売っていました。
小学生の頃祖母が昼食によくここの調理パンを買ってくれました。
祖母と市場に行った帰り道とかにも買ってもらいました。
私はウスターソース味のハムカツパンが好きだったなぁ。

その対面にカフェができたのは知りませんでした。
昔そこには「成田や」という八百屋みたいな店がありました。

大工町には 同級生が男女1人づついましたよ。

焼肉金剛のとなりには「渋谷医院」、逆隣には「なかの??」とかいう小さいスーパーのような店がありました。店前の自販機に「ロイヤルクラウンコーラ」が売っていたのを思い出しました。

細工町は お地蔵様、ちくに、さいとう食堂のイメージです。
あと柱に巻き付けて伸ばす「飴」を売っていたお菓子屋さんもありましたな。

思い出いっぱいの城下町村上です。
Posted by 塩町 at 2020年01月14日 21:13
私も調理パンが好きでしたね。
平和パンに売っていたかどうかは覚えていませんが、
ウインナーソーセージのはさまったパンや、カレーパンが好きでした。
建物もそのまま残っていますから、新しい店が入ってくれると嬉しいですね。

「成田や」ありましたねーー、すっかり忘れていました。
渋谷医院には何度かかかったことがあります。
スーパーと言えば、安良町通りだったかと思いますが「せやま」もありましたね。

今回歩いて分かったことですが、細工町から大工町にかけては飲み屋が多いですね!
やってない店も多いのでしょうけど、小さなお店がい−−っぱいありました。
このへんは普段酒を飲まない自分にとっては新しい発見でした。
Posted by 安良町経由村上行き at 2020年01月14日 21:41
大町の十輪寺の脇(映画館の文映があったところ)から寺町のかつ春の脇に出る極小小路があります。

子供の頃そこを通ると、怖いと言うかダークな雰囲気を感じてました。

安良町から細工町への小路もダークなエリアのイメージがあります。
Posted by 塩町 at 2020年01月14日 22:09
文映って久しぶりに聞きましたね。
銀映が普通の映画中心で、文映がエロ映画中心でしたっけ?
間違っていたら申し訳ありません。

あの小路は殆ど歩く機会がありませんし、
今でもダークなイメージがありますね。
Posted by 安良町経由村上行き at 2020年01月14日 22:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


カウンター
Copyright(C)2020 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ