快晴のお城山から村上市街、日本海、下渡山(げどやま)を望む
正面が北西、視野角でいうとこれでだいたい180度くらいです
P1050482-6300.jpg
大佐渡と小佐渡が国仲平野で分かれて見えるのと、ちょっとだけですけど粟島も見えるのにお気付きでしょうか
2019年11月23日(土)撮影、6300x1361サイズの超特大画像あります

2020年11月21日(Sat)

安良町さんぽ(晩秋の村上編)

と言うほどのものでもないのですが、
南線通りのイチョウ並木がきれいなのでカメラを持ってお出かけしてみました。

上町交差点です。
イチョウの最盛期は過ぎたみたいですが、
P1090471-2048.jpg

それでも青空に映えるイチョウ並木がまだまだ残っています。
P1090477-2048.jpg

そこへ松喜和行のH31-I見参。
P1090476-2048.jpg

後ろの方に一人乗っている姿が確認できますが、
ほぼ空気輸送・・・
P1090479-2048.jpg

下を見ると歩道にも植え込みにもイチョウの落ち葉が積もっています。
P1090481-2048.jpg

消火栓の周囲はきれいに整理されていました。
P1090470-2048.jpg

道路の反対側に見えるのは古峯神社です。
P1090480-2048.jpg

以前にもご紹介しましたが、ここは「飯野門」と呼ばれています。
P1090483-2048.jpg

小っちゃな小っちゃな神社で、
P1090484-2048.jpg

特に何もお供えされていませんでしたが、
P1090485-2048.jpg

湯殿山と書かれた石が異彩を放っています。
P1090486-2048.jpg

道路の向こうにはお城山がそびえていますが、
紅葉の季節はもう終わったみたいですね。
P1090488-2048.jpg

こちら側の歩道は落ち葉の掃除があまり進んでいないように見受けられます。
P1090489-2048.jpg

こういう場合はどっちの看板に目をやればいいんでしょうね。
P1090491-2048.jpg

南線突き当りの三叉路に到着しました。
P1090492-2048.jpg

振り向くと、反対側の歩道は落ち葉の量が違いますね。
P1090493-2048.jpg

そうです、これを見たかったから来たんです。
P1090494-2048.jpg

この時点でチラチラと雨が降り始めていたのですが、
突然バアアアーっと降ってきました。
こりゃアウトかも。

でも大丈夫、
今日は降ったり止んだりを繰り返していたので傘を持って来たんです。

落ち葉には雨が似合いますねえ。
P1090495-2048.jpg

降る前とは景色が全然違って見えます。
P1090496-2048.jpg

車の中からこの光景を見て、
こりゃ生でゆっくり見にゃいかんだろうなあと思って歩いて来たのですが、
雨が降ったということもあってこの生々しさ、見事なものです。

でも掃除は大変なんでしょうね。
P1090497-2048.jpg

ん?
ごみステーションの右隣に何か木箱のようなものが見えますね。
P1090498-2048.jpg

これはたい肥を作るための落ち葉を集めるための木箱ですが、
P1090500-2048.jpg

ゴミを入れて行く人もいるんでしょうね。
P1090501-2048.jpg

今はまだこんな感じですが、この木箱いっぱいに落ち葉が集められるんでしょうね。
P1090502-2048.jpg

今日の一番の目的だった南線通りの落ち葉も見ることができて、
あとは帰るだけなのですが、ついでなので藤基神社でものぞいてみましょうかね。

先月末にも来たばかりなのですが、入口にも落ち葉が舞い落ちていて、
なおかつ雨上がりなので違う場所に来たような感じがします。
P1090508-2048.jpg

やっぱりこういった神社仏閣は、
多少雨が降っているくらいの方が似合うみたいですね。
P1090509-2048.jpg

まっすぐのびた石畳を歩いていくと、
P1090512-2048.jpg

お城山はもう目の前ですが、紅葉はほぼ終わったようですね。
P1090513-2048.jpg

でも境内はこの通り、広場は落ち葉で埋め尽くされているものの、
まだ落ちずに残っている葉もたくさん見られます。
P1090515-2048.jpg

突き当りには手を洗うための手水舎かありますが、
何か紙が貼ってありますねえ、
P1090517-2048.jpg

竜神さま、何て書いてあるんですか?
P1090519-2048.jpg

時代ですねえ、
コロナ対策のために手水舎の使用が停止されていて、水も入っていませんでした。
P1090518-2048.jpg

今日は本殿へは行きませんでしたが、
P1090522-2048.jpg

境内は平穏そのもので、七五三詣りと思われる家族の姿も見られました。
P1090526-2048.jpg

すぐそばには井戸がありますが、
P1090523-2048.jpg

この井戸越しに見る境内もまた素晴らしいものです。
P1090531-2048.jpg

灯篭と落ち葉のコラボレーション、この季節ならではの素晴らしい光景です。
P1090533-2048.jpg

近くには石碑が二つ建っていて、
P1090534-2048.jpg

その先にはひとまとまりになった竹林があります。
P1090536-2048.jpg

これも何か謂れがありそうですね。
P1090540-2048.jpg

振り向いた先にあるのは社務所です。
P1090539-2048.jpg

そうこうしている間に雨も上がって青空が出てきたので帰るとしましょうか。
P1090525-2048.jpg

門をくぐって、
P1090544-2048.jpg

灯篭の裏側を見ながらお帰りです。
P1090545-2048.jpg

歩道の上と植え込みの上はこの通り、見事なものです。
P1090548-2048.jpg

そして来るときに寄った古峯神社を見ながらお帰りです。
P1090549-2048.jpg

おおきにはや。
P1090550-2048.jpg

今日は突然バラバラと大粒の雨が降ってくることもありましたが、
午前中からそんな感じだったので傘を持って出かけたので心配はありませんでした。

古峯神社の近くにはリュックを背負ってカメラを持った、
観光客と思われる人の姿もありましたが、
こんな光景が見られるのもあとわずか、もうすぐそこまで冬が来ていますからね。

今日のメインは歩道を埋め尽くすイチョウの落ち葉の写真を撮ることでしたが、
これだけすごいと、さぞかし掃除は大変なんだろうなあと思ってしまいます。
藤基神社では木の枝打ちをしている人もいましたし、メンテは欠かせませんからね。

今日のお散歩は距離にして2km弱、小一時間程度のものでしたが、
今の時期でしか見ることのできない光景を見られたので良かったと思います。
本当はもう一回お城山に登ってみたいのですが、
この連休中は雨の予報が出ているので無理でしょうね。

帰り道で買い物に行く途中の近所のおかあさんに会ったので、
南線のイチョウと藤基神社の写真を撮りに行ってきたことを告げたところ、
しばらくしてから「虹が出てるよー」なんて教えれくれて一緒にカメラを構えたり、
なかなか充実した一日でした。
posted by 安良町経由村上行き at 21:10 | Comment(0) | 観光
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


カウンター
Copyright(C)2020 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ