快晴のお城山から村上市街、日本海、下渡山(げどやま)を望む
正面が北西、視野角でいうとこれでだいたい180度くらいです
P1050482-6300.jpg
大佐渡と小佐渡が国仲平野で分かれて見えるのと、ちょっとだけですけど粟島も見えるのにお気付きでしょうか
2019年11月23日(土)撮影、6300x1361サイズの超特大画像あります

2021年01月05日(Tue)

雪の村上

昼から晴れたのでちょっくら行って来ました。
もちろん人様に迷惑を掛けないように、
コロナ対策を万全にして出掛けたのは言うまでもありません。

見覚えのある写真もたくさんあると思いますがお許しください。
急いで作りましたのでキャプションのおかしい所があったらご指摘お願いします。

お昼ちょい過ぎの大洋酒造の駐車場です。
除雪した雪で看板が埋もれかけていました。
P1100066-2048.jpg

長井町通りですが、
歩道除雪をしてくれるので本当に助かります。
P1100067-2048.jpg

長井町の秋葉神社も雪に覆われていました。
P1100069-2048.jpg

上町の本間時計店の前です。
朝早い時間には長井町や上町では家の前の除雪をしている人がたくさんいましたが、
この時間にはもう終わったようで、出ている人はほとんど見られませんでした。
P1100071-2048.jpg

上町の公衆トイレです。
今日はお世話にならずに帰れますように。
P1100072-2048.jpg

大町交差点から安良町方面を見渡すと、
ご覧の通りこちらも歩道はきれいに除雪されていました。
P1100074-2048.jpg

交差点の阿部床屋さんです。
外観工事は終了したようですが・・・
P1100073-2048.jpg

ショーウインドウのニッパー君は戻って来ませんでした。
P1100076-2048.jpg

大町通りはアーケードがあるので歩道に雪はありませんが、
人も車もほとんどいませんねえ。
P1100077-2048.jpg

右側の改装中の建物は近藤呉服店の本店だと思うのですが、
普通の家のような雰囲気になりましたね。
P1100078-2048.jpg

益甚酒店です。
町屋造りに旧型ポストが良く似合っています。
P1100080-2048.jpg

隣は千年鮭のきっかわですが、
P1100169-2048.jpg

車が雪に埋もれかけていました。
P1100084-2048.jpg

ここは村上の観光としては定番中の定番なのですが、
ちょっと入りにくい雰囲気がありますよね。
P1100085-2048.jpg

向かいには自転車の横澤商会から町屋造りの建物が並びます。
P1100082-2048.jpg

呉服の丸高だった建物の二階に吊るされた塩引き鮭はいつ見ても圧巻です。
P1100086-2048.jpg

これだけの数があると管理には気を遣うでしょうね。
P1100087-2048.jpg

小町通りです。
P1100089-2048.jpg

村上新聞社横の赤坂屋小路です。
行ってみたい気持ちはありますが今日は普通の靴で来たのでパスですね。
P1100090-2048.jpg

こちらは「うおや」の塩引館ですが、
P1100165-2048.jpg

1月6日から営業と書かれていました。
P1100091-2048.jpg

町屋ホール そらて小町、
どちらかというと葬祭場関連の情報中心の施設でしょうか。
P1100094-2048.jpg

大鉄商店もまだやっていないようでした。
P1100095-2048.jpg

そして本日のメインイベント、
トラヤの横から安善小路へ入ります。
P1100096-2048.jpg

町屋の黒と雪の白のコントラストがたまらなくきれいなんですよね。
P1100099-2048.jpg

こちらは浪漫亭の吉川さん宅です。
P1100100-2048.jpg

突き当りで右を見ると、
P1100102-2048.jpg

ここは安善寺の駐車場でしょうか。
P1100105-2048.jpg

左を見ると黒塀通りが続いています。
逆光気味ですが屋根から細かい雪が落ちてくるのが分かります。
P1100104-2048.jpg

そして突き当りで振り返ると、
P1100107-2048.jpg

この青空!
P1100108-2048.jpg

こちらは安善寺の境内です。
P1100110-2048.jpg

いかにも冬の村上という雰囲気の小路を進んでいくと、
P1100111-2048.jpg

重厚な門があって、
P1100112-2048.jpg

そこをくぐった先には、
P1100113-2048.jpg

墓地が広がっていますが、
お墓と雪景色というのもなかなか絵になるものですね。
P1100114-2048.jpg

黒塀通りには保全のための賽銭箱が設けられていますが、
P1100118-2048.jpg

1,000円はちょっとキツいので110円だけ入れさせていただきました。
P1100119-2048.jpg

お隣は割烹新多久の駐車場になっています。
P1100122-2048.jpg

町屋造りの美しい建物で、
P1100123-2048.jpg

お正月の飾り付けがなされていましたが、
1月7日から営業すると書かれていました。
P1100124-2048.jpg

安善寺方面へ振り向くと、
町屋と大木、青空と雪が何とも言えない雰囲気を醸し出しています。
P1100127-2048.jpg

そして塩町方面へ、
いわゆる新多久の坂ですが、
P1100128-2048.jpg

このカーブ、たまりませんね。
P1100130-2048.jpg

今日は塩町へは行かずに戻ることにしますが、
雪の黒塀通り、来て正解でした。
P1100131-2048.jpg

新多久方面へ振り向いた様子です。
右側に見えるのは願浄寺でしょうか。
P1100132-2048.jpg

雪があるといつもと全然違う町のように見えますね。
P1100134-2048.jpg

白壁に白い雪って結構似合うものですね。
P1100135-2048.jpg

こちらは浄念寺です。
P1100136-2048.jpg

その向かいの成田屋だったところにできたカフェ、
まだ入ったことがないのですが、いつかは入ってみたいものです。
P1100137-2048.jpg

カフェ越しに浄念寺を望む、
遠くには下渡山の山頂展望台も見えます。
P1100147-2048.jpg

そして平和パンだった所にできた骨董店?ですが、
今日はカーテンが開いていました。
P1100139-2048.jpg

中にはなんと、平和パン時代の木箱が置かれていました。
P1100138-2048.jpg

割烹吉源、ここも自分には縁のない所です。
P1100142-2048.jpg

こちらは吉源宅の玄関でしょうか。
P1100144-2048.jpg

電話番号のプレートが掲げられています。
昔はどこの家にもありましたよね。
P1100144-2048-2.jpg

今日はこの先、寺町方面へは向かわずに、
いま来た道を戻ることにします。
P1100151-2048.jpg

確かに雪景色は素晴らしいのですが、
これがドサっと落ちてくると怖いんですよね。
P1100149-2048.jpg

再び新多久の坂へ、
今度はしゃがんで視線を低くして撮ってみました。
P1100152-2048.jpg

このあたりからだとお城山の石垣がはっきり見えるんです。
自宅から見るのとは角度が全然違います。
P1100155-2048.jpg

再び浪漫亭方面へ戻りますが、
右に見えるのは村上信用金庫の裏口です。
こちらも黒塀通りと一体化しています。
P1100158-2048.jpg

大町通りまで戻って寺町通り方面に目をやると、
P1100166-2048.jpg

あいさつ運動のポスター、すばらしいですね。
P1100168-2048.jpg

せっかくここまで来たんですから十輪寺へ行ってみましょうか。
P1100170-2048.jpg

鯛車文庫の前を通って、
P1100172-2048.jpg

九品仏像に手を合わせて、
P1100173-2048.jpg

十輪寺に到着して振り向くと、
P1100175-2048.jpg

以前にもご紹介しましたが、
横澤自転車店の昔の看板でしょうか。
P1100177-2048.jpg

雪のお城山と青空の組み合わせ、きれいですね。
P1100178-2048.jpg

十輪寺の建屋の横を通った先には、
P1100180-2048.jpg

裏口があって、
P1100181-2048.jpg

そこを出た所には墓地があって、
P1100183-2048.jpg

広い道路の先は出口へとつながっています。
P1100184-2048.jpg

出口を出て振り向くとそこには善行寺の看板が掲げられています。
ここは十輪寺から善行寺へ通り抜けできるようになっているのですが、
聞くところによるとあまりお勧めできないようですね。
P1100189-2048.jpg

向かいには光済寺がありますが、
P1100186-2048.jpg

そこへは行かずに善行寺境内に戻ります。
P1100190-2048.jpg

先ほど通ってきた小路を戻ると、
P1100193-2048.jpg

鯛車文庫の前に戻ってきました。
P1100194-2048.jpg

そして再び浄念寺へ、
P1100196-2048.jpg

境内から外を見ると、
あれっ?向かいの建物に何か看板が掛かっていますね。
P1100197-2048.jpg

うおっ!
平和パンだった所に「商い中」の看板が!!!
P1100199-2048.jpg

ここは骨董品店なのか、お茶道具を扱う店なのか、
いずれにしても営業していることが分かりました。
P1100200-2048.jpg

今日はあちこち行ったり来たりしましたが、
平和パンの件が今日一番の収穫だったので、
千渡里のタヌキさんにお礼を言って本日の行程終了です。
P1100202-2048.jpg

本日の行程は約1時間半、距離にして3km少しでしたが、
トイレのお世話にはならずに済みました。

ちょうど青空が広がっていた時間帯だったのできれいな写真が撮れましたが、
日が照って雪が解け始めていたこともあって、
午前中のようなふんわり感は少なかったです。
でもこの時期にしては珍しい青空と雪との組み合わせを
見ることができたので良かったと思います。

太陽が低い位置にあったので、
アングルによっては逆光になって苦戦した場面もありましたが、
太陽を反射した雪や黒塀も案外きれいなものだなあと感じました。

このあとしばらくしたら青空はどこかへ消えてしまって、
雪が降り始めたのでタイミング的にはバッチリでしたね。

コロナの影響もあってか観光客の姿はまばらでしたが、
それでもご夫婦で写真を撮りながら歩いている方もおられました。
このご時世ですからぜひ来てくださいとは口が裂けても言えませんが、
コロナが収まって平穏な世の中になったらぜひお越しいただければと思います。

ありがとうございました。
【季節の最近の記事】
posted by 安良町経由村上行き at 22:29 | Comment(2) | 季節
この記事へのコメント
冬の村上の雰囲気が伝わりました。
この時期の青空は貴重ですね。
ありがとうございました。
Posted by Rhodes at 2021年01月06日 10:38
こちらこそいつもありがとうございます。
昨日は風がなかったのでさほど寒さは感じませんでした。
でも問題は今夜から明日あさってにかけてですね。
Posted by 安良町経由村上行き at 2021年01月06日 12:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


カウンター
Copyright(C)2020 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ