快晴のお城山から村上市街、日本海、下渡山(げどやま)を望む
正面が北西、視野角でいうとこれでだいたい180度くらいです
P1050482-6300.jpg
大佐渡と小佐渡が国仲平野で分かれて見えるのと、ちょっとだけですけど粟島も見えるのにお気付きでしょうか
2019年11月23日(土)撮影、6300x1361サイズの超特大画像あります

2021年01月23日(Sat)

雪の羽黒神社

今日は快晴とまでは言えませんでしたが、
この季節にしては珍しい天気だったので羽黒様へ行って来ました。

長井町通りの歩道はこの雪。
でも一斉雪下ろしが行われた上越に比べれば屋根雪も少ないですし有難いものですね。
P1100521-2048.jpg

ほてい様、見守っていてくださいね。
P1100523-2048.jpg

羽黒町の交差点付近ですが、
左折レーンも若干狭まっている印象があります。
P1100525-2048.jpg

この雪では犬も人も入れないでしょうね。
P1100526-2048.jpg

このごみステーション「13組」と書いてあるように見えますね。
羽黒町は広いのですがいったい何組まであるんでしょう。
P1100528-2048.jpg

羽黒町通りもこの雪です。
P1100529-2048.jpg

善澤寺へも行ってみたいですけど今日はパスですね。
P1100533-2048.jpg

ほどなく羽黒神社が見えてきて、
P1100534-2048.jpg

立派な鳥居が見えてきましたが、
その奥の石段に雪が積もっているのが見えます。
P1100535-2048.jpg

雪景色と絵馬というのは結構似合うものですね。
P1100537-2048.jpg

御祈祷所と、
P1100538-2048.jpg

神輿殿の前を通って、
P1100544-2048.jpg

いざ石段へ!
P1100540-2048.jpg

うっ!この雪!
でも行くしかないでしょうな。
P1100543-2048.jpg

不思議と手すりの左側だけに足跡が残っていて、
右側は歩いた気配が見られません。
P1100546-2048.jpg

灯篭に気を取られて足を滑らせないように注意が必要な状況です。
P1100547-2048.jpg

最初の鳥居をくぐると、
P1100548-2048.jpg

建物が見えて来るので拝殿に到着かと思いきや、
P1100550-2048.jpg

手水舎なんですなこれが。
P1100552-2048.jpg

ん?
何か紙が置いてありますね。
P1100554-2048.jpg

何かと思ったら令和3年の厄年表でした。
P1100555-2048.jpg

竜神様の口からは水は出ておらず、
下にたまっている水も凍っていました。
P1100556-2048.jpg

暖簾が軽く揺れるくらいの風が吹いていますが、
連日の強風から比べれば無風に等しいありがたい状況です。
P1100557-2048.jpg

先を見るともうすぐそこに拝殿が見えているのですが、
ここから先は何故か手すりの右側に足跡が残っているんです。
P1100558-2048.jpg

転ばないように慎重に歩を進めて鳥居をくぐって、
P1100560-2048.jpg

拝殿に到着しました!
P1100561-2048.jpg

いつもと変わらない静かな拝殿の風景ですが、
P1100564-2048.jpg

まだお正月の松飾りが残っていました。
P1100565-2048.jpg

詩が書かれています。
神社建立にご尽力された方々が作られたものなのでしょうか。
P1100566-2048.jpg

氏子会の提灯もお正月らしくていいですね。
P1100567-2048.jpg

拝殿前の灯篭には灯りがともっていました。
P1100591-2048.jpg

右側には去年のお供え物などを焼くところがあるのですが、
P1100562-2048.jpg

まだ焼かれずに残っているものがありました。
おそらくごく最近持ち込まれたものなのでしょうね。
P1100563-2048.jpg

神様も拝んだことだし、さて帰るとしましょうか。
でも・・・
ちょっと奥まで行ってみましょうかね。

去年の暮れにも来たのですが、拝殿横の広場を進むと、
P1100569-2048.jpg

ほこらなどがあるのですが、雪があるので近付くのはやめて、
P1100572-2048.jpg

その先の展望台へ向かうことにしましょう。
P1100573-2048.jpg

実はここ、石段がある場所なのですが、
ご覧の通り雪に覆われていて全然見えません。
一歩一歩ゆっくり踏み固めながら歩いて行かないとズボっと埋まるような雪の深さで、
もちろん足跡など一つも残っていませんでしたし、
長靴を履いて来なかったことを後悔しました。

でもほどなく村上の町の景色が見えてきて、
P1100575-2048.jpg

眼下に広がる城下町の雪景色!
P1100576-2048.jpg

長井町通りから大町小町方面までまーーっすぐ見渡せます。
P1100578-2048.jpg

下渡山の展望台もハッキリ見えました。
P1100583-2048.jpg

展望台にこんなに雪があることは想定外でしたが、
今日はこの景色を見るために来たんです。
P1100579-2048.jpg

遠くの山々の雪もきれいですね。
P1100580-2048.jpg

中央やや右に見えるのは先ほどの羽黒町のごみステーションです。
P1100584-2048.jpg

ほんとはもうちょっと展望台の際の方まで行って雪景色を堪能したり、
石碑に近づいてみたりしたかったのですが何と言ってもこの雪!
長靴なしには歩けないような状況だったので今日はここで引き返すことにします。

石碑の近辺は恐らく数十センチの雪があるものと思われますが、
足跡ひとつありませんでした。
P1100585-2048.jpg

石段(のある場所)を埋まらないように慎重に下りて行って、
P1100587-2048.jpg

無事、拝殿横に戻ってきました。
P1100588-2048.jpg

稲荷大社?の鳥居の前を通って、
P1100589-2048.jpg

下りの石段へと向かいますが、
P1100593-2048.jpg

この石段がコワいコワい!
P1100595-2048.jpg

手すりにつかまって慎重に歩かないとズルっと行きそうです。
P1100597-2048.jpg

上りより下りの方がはるかに長く感じられるほど足元の悪い状態です。
P1100599-2048.jpg

ホッ!
ようやく下の広場が見えてきました。
P1100600-2048.jpg

でもここで気を許しちゃいけませんね。
P1100602-2048.jpg

やっとの思いで下の広場にたどり着いて振り向くとこの石段の雪!
ここを下りて来たんですよね。
P1100604-2048.jpg

下の広場は除雪してくださっているおかげで安心して歩けますし、
P1100606-2048.jpg

こうやって見るとすごく風光明媚に見えるのですが、
P1100605-2048.jpg

タテ位置で撮ってみるとこの迫力!
良くまあ無事で帰って来たものです。
P1100608-2048.jpg

けがもなく帰って来たことに感謝しつつ、
P1100610-2048.jpg

羽黒町通りを交差点方面へ進んで、
P1100614-2048.jpg

長井町のほてい様にお礼を言って本日の行程終了です。
P1100617-2048.jpg

今日は石段の上り下りと展望台への行き来合わせて30分ちょっとの行程でしたが、
当たり前かも知れませんが誰にも会いませんでした。

羽黒町通りから境内を見ていて、
石段に雪があることは分かっていたのですが、
こんなに雪が多いとは思いませんでした。

それでも上りはまあいいとしても下りは怖いですね。
普段でも下りには相当気を遣うのですが今日は別格でした。

展望台の雪も想定外で、
どのあたりまでが安全なのか分からないので際の方までは行けませんでした。
でも城下町の雪景色を見ることができて良かったです。

おわり。

(追記)
雪の日の写真撮影に関してですが、
朝早い時間であれば新雪のふんわりとした雰囲気を撮影できると思うんです。
でも先日も書きましたし、近所のおかあさんともお話ししたのですが、
みなさんが一生懸命除雪をしているわきをカメラを持ってウロウロしたくないんですよね。
なので降った日は除雪作業の終わった頃を見計らって出かけるようにしています。
【季節の最近の記事】
posted by 安良町経由村上行き at 21:52 | Comment(0) | 季節
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


カウンター
Copyright(C)2020 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ