2016年03月10日(Thu)

セーラー服と機関銃

ようやくType-A,Type-Bともに初回限定仕様が入手できました。別にイベント参加券とか必要ないので初回盤じゃなくても良いのですが、そこはコレクターの悲しい性(さが)と言うのでしょうか、同じ価格なら初回盤を入手しないと気が済まなかったりします。

CDのみのType-Bの初回盤はAmazonですぐに入手できたのですが、DVD付きのType-Aの初回盤はタワレコオンラインで10日かかりました。でもDVD付きのType-AよりもCDのみのType-Bのジャケ写の方がかっこいいので、結局は両方買わなきゃいけないって、良くできてますな。

でも映画としては「ちはやふる」の方が面白そうな気がします。

img025-600.jpg

img026-600.jpg
posted by 安良町経由村上行き at 21:30 | Comment(0) | 日記

2016年03月04日(Fri)

新国立競技場に聖火台設置できない?

朝日新聞デジタル

「新国立競技場」とかけて、「いくら頑張っても苦労が報われません」と解く。
その心は「作り直したのに成果(聖火)が見えません」

聖火台を取り付けることを想定してなかったんだって。木造なので消防法の絡みもあって内側には付けられないし、強度の関係で屋根の上に付けるのも難しいらしく、競技場の外に聖火台を設置することにでもなれば前代未聞とのことです。

聖火台に関して発注側から話がなかったということですが、話がなかったら受注側から聞けよってことですよ。
結局は発注側も受注側もド素人ってことですね。ここ数年で日本クオリティはどんどん落ちて行きますね。どうすんだろ。

しかし遠藤大臣のあのニヤニヤした会見はどうにかならんものですかね。全然真剣味が伝わって来ないんですが。

-------------------------------------------------------

3月5日 7:25追記

先ほどのNHKニュースで設計者の隈研吾氏のインタビューが流れていましたが、それによれば聖火台は屋根の上のどの場所に置いても耐えられるので、演出家が決まってから置き場所を考えれば良いとのことでした。

ということは設計者は聖火台のことなんて織り込み済みで、国とJSCは設計者に確認することなく勝手に騒いでいたということになりそうですね。このまま丸く収まってくれれば良いのですが。
posted by 安良町経由村上行き at 06:42 | Comment(0) | 日記

2016年02月29日(Mon)

セーラー服と機関銃

MJで橋本環奈が「セーラー服と機関銃」をソロで歌っていましたが、できれば2番まで歌って欲しかったですね。橋本は声がちょっとアレですけど可愛いから許します。

こういうの見るとついついCDが欲しくなってしまって通販サイトを調べてみたのですが、AmazonではType-Aの初回盤をぼったくり価格で売っているショップが多数ありました。タワーレコードのオンラインショップを見たら、取り寄せですが初回盤を扱っていたので注文。ちょうど今日まで有効の誕生月クーポン(500円)を持っていたのでそれを使いました。

余談ですがこの曲の1番の歌詞の「夢のいた場所に」という部分ですが、「夢の板挟み」だと思っていました。
また2番の「都会は秒刻みのあわただしさ」の部分は、「病気並みのあわただしさ」だと思っていました。
posted by 安良町経由村上行き at 03:58 | Comment(0) | 日記

2016年02月25日(Thu)

耳掃除中の事故に注意 鼓膜破れるケースも

映像ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160225-00000051-nnn-soci

>国民生活センターには耳掃除中に耳にケガをしたという情報が去年までの5年間に178件寄せられており、そのうち3件では鼓膜に穴があいたという。国民生活センターは、耳掃除をするときは周囲の状況に気を配り、耳かき棒や綿棒を奥に入れすぎないよう注意を呼びかけている。

しかし、こんなことまで人様から注意されなければならないんですかね?こんなの当たり前のことだし、各家庭で注意すればいいだけの話でしょうよ。そのうち「ハナクソほじる時は指を奥まで入れ過ぎないように」なんて言い出すんじゃないですかね。

しかし、耳掃除してケガしたと言って国民生活センターに届ける人もいるんですか・・・

posted by 安良町経由村上行き at 18:27 | Comment(0) | 日記

新潟駅前マルタケビル解体へ

今日の日報朝刊に載っていましたね。

地味なビルではありますが、新潟駅前といえばマルタケビルというほどに、駅前の象徴みたいなビルでしたから、老朽化による解体は残念です。

逆に考えれば超一等地が空くのですから、新潟のランドマークになるような施設を造って欲しいです。くれぐれも中途半端な建物は造らないで欲しいですが、現実は厳しいですかね。
posted by 安良町経由村上行き at 06:55 | Comment(0) | 日記

カウンター
Copyright(C)2017 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ