快晴のお城山から村上市街、日本海、下渡山(げどやま)を望む
正面が北西、視野角でいうとこれでだいたい180度くらいです
P1050482-6300.jpg
大佐渡と小佐渡が国仲平野で分かれて見えるのと、ちょっとだけですけど粟島も見えるのにお気付きでしょうか
2019年11月23日(土)撮影、6300x1361サイズの超特大画像あります
  

2019年08月25日(Sun)

FUJI FinePix S9000

保証なしのジャンク品、14年も前の骨董級の製品ですが、
元箱以外の付属品は全て揃っていて安かったので衝動買いしました。
【新製品レビュー】富士写真フイルム FinePix S9000

P1050113-1600.jpg

値札には傷が多いと書かれていましたが、
ズームリングのゴムの部分が若干白くなっている程度で、
目立った傷は見られませんでした。

P1050114-1600.jpg

CD-ROMは未開封、ストラップも使用した形跡は見られませんでした。。

P1050115-1600.jpg

35mm換算で28mmから300mmまでレンズ交換なしで撮影できるのは便利ですね。
デジ一眼より実用的な“ネオ一眼”――FinePix S9000

P1050116-1600.jpg

電源は単三アルカリ電池4本、
64MBのXDメモリーカードが付属していましたが、
CFカードも使用できます。

P1050117-1600.jpg

P1050118-1600.jpg

P1050119-1600.jpg

空き缶で試写、プログラム撮影でノーフラッシュ、AFエリアは中央です。
DSCF0007-1920.jpg

角度を変えて撮影、
上の写真と同様にAFエリアが中央に来ているので若干後ピン気味になるようで、
缶の中央の文字よりも下の方の文字にピントが合いやすくなるようです。
DSCF0007-1920.jpg

缶の表面の文字が書いてある部分にピントが合うようにして再撮影、
設定からシャープネスを変えて撮影しました。
シャープネス スタンダード
DSCF0013-1920-STD.jpg

シャープネス ハード
DSCF0014-1920-HARD.jpg

元画像を1920サイズにリサイズしただけで、
画質補正やカラー補正をせずにこれだけの画像が得られるのですから、
まあまあお買い得だったんじゃないでしょうか。

2019年8月25日(日)ハードオフ村上店にて税込み2,160円。
posted by 安良町経由村上行き at 23:59 | Comment(2) | ハードオフお買い物日記

2019年07月28日(Sun)

ハードオフにて

5月に税込み1,080円で買ってきたAurexのスピーカー、
今一つ音が気に入らなかったので今日の午前中に売りに行ったら1,000円で売れました。
そして午後から見に行ったら5,000円+税の値札が付いていました。
同じ店舗なのに店員が入れ替わると買値も売値も随分変わるものですね。

タブレットを使った買取は村上店では初めて利用しましたが、
中条店で利用したことがあるので登録済みになっていました。
直営店であれば一度登録すれば他店舗でも有効だそうです。
posted by 安良町経由村上行き at 16:39 | Comment(0) | ハードオフお買い物日記

2019年07月25日(Thu)

テレビで日本文理高校の校舎が映るたびに

新通のハードオフ、ずいぶん行ってないなあ・・・
と思うのでした。
posted by 安良町経由村上行き at 20:54 | Comment(10) | ハードオフお買い物日記

2019年07月13日(Sat)

ブックオフにて

今日ブックオフの売り場にいたら体はデカいけれども小っちゃな声の兄ちゃんが、
トロンとした目で「箱なしのナントカコントカが・・・ボソボソボソ」と、
語尾が消え入るような小ーっちゃな声で話しかけてきました。

「はい?」と聞き返すと「箱なしのゲームナントカが・・・」再びボソボソボソと。
「ゲームソフト」と言っているようにも聞こえたのですが理解できなかったので、
「すみません、良く分かりません」と言って逃げたのですが、
その兄ちゃん、今度は店員の所へ行って、
箱なしで「吊るし」で売られているゲームソフトを買っていました。

どうやら店員と間違えられたようです。

もっとハッキリしゃべってくれれば、
「すみません、私は店員じゃありません」と返せるのですが、
あんな小っちゃな声で言われても、何言われてるか分からなくて気持ち悪いだけでした。
posted by 安良町経由村上行き at 17:01 | Comment(0) | ハードオフお買い物日記

2019年06月17日(Mon)

SONYラジカセCFM-170TV編(2)

しかし今どきはカセットテープについて知らない人が多くて「カセット A面 B面」で検索するとたくさん出てきますが「A面を再生する時にはどっちを上にすればいい?」系の質問や、A面B面というのは磁気テープ自体の裏表だと思っていた人とか、いろんな人が出てきて驚かされます。

5月31日にハードオフで540円で買ってきたソニーのラジカセは、ラジオは動作するもののカセットのスピードが極端に遅く、なおかつ回転ムラも感じられる状態だったのですが、
P1040424-1600.jpg

しばらく使っているうちに回転しなくなったので、分解してみたらベルトが切れていたので、
P1040439-160.jpg

とりあえず輪ゴムで代用してみたところ、回転するようにはなったものの、スピードの遅さと回転ムラは解消されませんでした。
P1040441-1600.jpg

そこでヤフオクでベルトのセットを購入、いろんなサイズの角ベルトが30本以上入って送料込みで550円でした。
P1040465-1600.jpg

ついでなので切れていない方も交換することにして、
P1040466-1600.jpg

近いサイズのベルトを2本選んで交換したら回転するようになりました。
P1040469-1600.jpg

この状態で仮組して実際に音を出してみてスピードを調整します。穴の中は直接目視できませんでしたが、奥の方に半固定抵抗器があるのが手探りでも分かります。
P1040448-1600.jpg

プロは基準テープを使ってオシロを見ながら調整するんでしょうけど、そんなもの持っていないので聴感が頼りです。市販のミュージックテープを使えばより正確に調整できるのでしょうが、もったいないので自分で録音したテープを使います。なので厳密には微妙にスピードがずれているのかも知れませんが、聴き慣れた曲で違和感を感じなければOKということで妥協することにしました。

回転ムラに関してはかなり改善しましたが、細かいフラッターは完全には解消せずに、曲や楽器によって音の揺れが目立つものもありますが、元々このクラスのラジカセの性能はこんなものなのかなあ、と思わせる程度の軽微なものなので、これ以上は突き詰めないことにしました。ちゃんとしたオーディオや、いわゆるバブルラジカセも持っているのに、なんで今さらこんなラジカセを使うのかというと、寝るときに枕元に置いて聴くのにちょうどいいんです。

スピード調整にはこんなテープや、
P1040476-1600.jpg

こんなテープを使いました。
P1040477-1600.jpg

上のテープは100均で2本100円で売られている薦田紙工業のノーマルテープで、BEATLES-1のCDが入っています。下のテープはTDKのハイポジション用のSFで、おニャン子クラブ本体と派生ユニットの曲が入っています。

ところで上の2本のテープでも分かるように、カセットテープはハーフ組み立て用のネジが見える方がA面というように覚えていましたし、何かの記事でも読んだことがあるような気がするのですが、大昔のソニーの紙箱時代のローノイズテープでは・・・

P1040483-1600.jpg

なんと!逆になっていました。
P1040479-1600.jpg

P1040481-1600.jpg

手持ちのテープを確認したところ、プラケース時代でも逆になっているものもありましたから、もしかすると過渡期だったのか・・・などと考えてしまいました。45年も前の大昔のお話です。

モーターも中国通販を使えば送料を合わせても500円程度でマブチ製が買えるようなので替えてみたい気持ちもあるのですが、今のところはこれで完了としたいと思います。
posted by 安良町経由村上行き at 22:22 | Comment(0) | ハードオフお買い物日記

カウンター
Copyright(C)2019 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ