2017年03月27日(Mon)

AurexスピーカーSS-220編

これも検索してもまったく出てこない機種なのですが、末尾に"W"の付いたSS-220Wの前身かも知れません。SS-220Wに関してはオーディオの足跡様にも記述があるほか、手持ちの1975年12月発行の「ヤング・オーディオ・ナウ'76」にも広告が載っています。
IMG_1672-1280.jpg
"W"が付く方のSS-220Wは当時のAurexのシステムコンポである「オーパスシリーズ」のO'pus-11D(オーパスイレブンD)を構成する製品ですが、正直違いが分かりません。もしかして今回入手したSS-220は"D"が付く前のO'pus-11(オーパスイレブン)用として売られていた時の型番なのかも?だとしたらまったくの同一製品?サッパリ分かりません。

値札には「ユニット汚れています」と書かれていました。実際には斑点状のシミが若干出ている以外は大きな汚れもなく、エッジにホコリが若干付着している程度です。エンクロージャーもほぼ無傷です。ただしネットが所々ヤニで茶色くなっているのと、片側のネットが歪んでいるというか、捻じれてしまっています。

正直こういう製品は音質云々よりも、これだけきれいな状態で残っていること自体が奇跡というか、ぜひ手元に置いてみたいと思って確保した次第です。

この穴は最初ユニットを取り外した跡かと思ったのですが、そうではなくダクトであってオリジナルのままのようです。ただし元々は透過性のあるスポンジが貼られていたようです。
IMG_1675-1280.jpg

ウーファーは20センチ、エッジはゴムでしょうか、硬化もなくしなやかな状態が保たれています。ユニットの汚れもこの程度ならまったく気になりません。
IMG_1681-1280.jpg

5センチツイーターも汚れ一つありませんでした。
IMG_1674-1280.jpg

"Made in JAPAN"ではなく"日本製"ですよ"日本製"
IMG_1680-1280.jpg

音質に関してですが、良い意味で期待を裏切られました。見た目からして迫力のあるスケールの大きな音は出ないだろうと予想していましたし、実際その通りだったのですが、解像度がすごくいいんです。特にアコースティックギターやストリングスの音などがとてもリアルに感じられます。ボーカルも得意のようで、引っ込むことなく前へ飛び出して来る感じです。ただしどちらかというと乾いた感じなので、色気やエロさといった点はやや劣るように感じられました。また高音がやや出過ぎる傾向にあるので、アンプの方で高音を若干絞ってやって、低音を若干上げてやることによってバランスの取れた音が出るようです。

全体的にいうと決して高級な音では無く、どちらかといえば安い音なのですが、当時の表現を使うならば「ナウなヤングにピッタリなゴキゲンなサウンド」とでもいいましょうか、とにかく明るく元気な音という印象が強いです。

ダクトの穴の処理に関してですが、ムサシの資材館で売っている5mm厚のウレタンスポンジを使えば安く済むのですが、いまいち透過性が悪そうです。そこで同じく資材館で売っている10mm厚のモルトフィルタを使うことにしました。厚みはありますが前述のウレタンスポンジよりは透過性が良さそうです。
IMG_1682-1280.jpg

農機具売り場の近くに置いてある商品ですが、用途は良く分かりません。200x200x10mmのサイズで税込み305円でした。
IMG_1683-1280.jpg

これを現物合わせでカットするのですが、こういうのは真っすぐに切るのがなかなか難しいですね。
IMG_1684-1280.jpg

ダクトの穴より若干大きめに作ったので、両面テープで固定しなくてもはめ込むだけで十分でした。なんかエラい格好良くなりましたが音響効果の程は良く分かりません。
IMG_1687-1280.jpg

ネットは大きなダメージは見られませんが汚い汚い、本体はものすごくきれいなのに、何でネットだけこんなに汚いのでしょうか。そのためのネットだと言われればそれまでですが…
IMG_1688-1280.jpg

IMG_1689-1280.jpg

しかも片側は捻じれてしまっています。これでも随分修正したのですが、アルミのフレーム自体が捻じれてしまっているのか、それとも木枠が捻じれてしまっているのか良く分かりません。
IMG_1690-1280.jpg

おまけ、
同時に入手したオリジナルのスピーカースタンドAA-220です。当時の定価はペアで2,500円でした。
IMG_1691-1280.jpg

IMG_1692-1280.jpg
スピーカー本体には東京芝浦電気という表記があるのに対して、スタンドには東芝商事という表記があります。恐らく販路が違っていたのでしょうね。オーディオ全盛期を支えてきた東芝ですが、今はもう…

この日はこれら以外にもAurexのSR-220というベルトドライブのレコードプレイヤーが2,160円で出ていました。状態は良さそうなのですが、べたつきありということと、先日OTTOのレコードプレイヤーを買ったばかりなのでパスしました。また特筆すべき品物として、オーパスイレブンD用のラック(AR-220)が1,080円で出ていました。レコードを収納する部分の仕切りが欠品している以外は良好なコンディションでしたが、他機種用として使うには使い勝手が悪すぎるのでこちらもパスしました。ただ現存するものは少なそうですし、探している人も多いかも知れませんね。

Aurex以外ではPIONEERのダイレクトドライブプレイヤーのPL-1200Aが2,160円、カートリッジは付いておらず、ターンテーブルに歪みがある旨の記述がありました。またTRIOのKA-7300Dが「ガリがひどいです」で6,480円、KT-7300が「電源入りました」で4,320円でしたが、昔に比べてジャンク品の値付けが随分高くなったような気がします。

AurexスピーカーSS-220 ジャンク品(ユニット汚れあります)税込み1,080円
AurexスピーカースタンドAA-220 ジャンク品 税込み540円
2017年3月26日(日)ハードオフ村上店で購入

(追記)
ネットの捻じれはどうやら木枠が湿気か何かで反ったために発生したようです。こうなると簡単には直せそうにないので修復を断念。本体への取り付けには支障が出ていますが、ブッシュにテープを巻いて若干キツい状態にして対処することにしました。

ネットの汚れに関しては洗剤を使っても全く落ちないことから考えて、ヤニや油等による汚れではなく、素材そのものの変質やヤケのような気がします。こちらもしばらくこのまま使ってみようと思います。
posted by 安良町経由村上行き at 21:31 | Comment(0) | ハードオフお買い物日記

2017年02月11日(Sat)

ハードオフお買い物日記 OTTO レコードプレイヤー TP-600S編

全ての写真は画像クリックで1280サイズに拡大されます。
IMG_1550-1280.jpg

OTTOの製品も滅多に見なくなりましたが、今回はちょっと良さそうなベルトドライブのプレイヤーが入荷していたので確保しました。電源コードの印字を見ると1973年の製品のようです。当時の定価は不明ですが、見た目と年代からして5万円ということはないでしょうけど3万円代の半ばという所でしょうか。もしかすると2万円台?でも結構しっかり作ってありますね。調べたら25,800円ですね、でもその割には安っぽさが感じられません。幅456mm、奥行380mm、高さ167mm、重量は約7.5kgです。

IMG_1505-1280.jpg

値札には「音出ましたが回転不良です」と書かれています。ベルトの緩みかも知れないと思ってターンテーブルシートをめくってみましたが、目で見た感じではベルトは緩んでおらず状態は良さそうです。価格は税込み1,620円、ちょっと微妙な価格です。

IMG_1504-1280.jpg

帰宅後にチェックしてみると回転数の切り替えが上手く行かないようです。具体的には45回転から33回転に切り替える際にベルトが所定の位置に来ないために回転が不安定になるようです。また全体的に回転数が遅く、33回転が31.7〜31.8回転、45回転が43〜43.1回転というように5%程度遅いようですが、数値から考えて電源周波数によるものではなさそうです。今は便利な時代になったもので、スマートフォンで回転数を測定するアプリがあるのでそれを使用しました。

IMG_1520-1280.jpg

そこでとりあえず中央のスピンドルの受けを確認しましたが汚れもなく固着している様子もありません。モーターの分解清掃も考えましたが面倒くさいのでパス、ヒューズの近くに付いているコンデンサの確認も後回しにして、プーリーを太くしてみることにしました。

プーリーを太くするに際してはダイソーのアルミテープを使いました。7ミリ幅に切り出したアルミテープをプーリーに少しずつ巻いて様子を見るのですが、この巻き加減が結構シビアで、数ミリ違うだけで回転数が大きく違ってきます。色々試したところ2.5センチだとちょっと遅く、3センチだとちょっと速くなるようだったので、その中間値で微調整を繰り返しました。その結果33.3〜33.4回転、44.8〜44.9回転という数値が得られました。

本当はプーリーを取り外してテープを巻きたかったのですが、止めネジが固着していて外れないのでこのままの状態で巻きました。そのためアップで見ると巻きムラが見られますが、聴感上では回転ムラは感じられないようです。

また回転数切り替えレバーの先端の「コ」の字の部分が若干開き気味になっていたので狭めてやったところ、当初よりは回転数の切り替えがスムースになりました。
IMG_1556-1280.jpg

プラッターの直径は実測値で約297mm、重量は約895gでした。
IMG_1577-1280.jpg

ベルトが掛かる部分の直径は約209mmです。
IMG_1578-1280.jpg

ベルトは幅が約4mm、厚みが約0.5mm、純正品かどうかは分かりません。見たり触ったりした感じでは緩んでいるようには思えませんが、交換してみる価値はあるかも知れませんね。
IMG_1579-1280.jpg

オートリターン、オートストップ、それにリジェクト機能が付いていますから一応オート機ということになるのだと思いますが、リフターが付いていないので一時停止ができないので不便です。
IMG_1517-1280.jpg

IMG_1521-1280.jpg

45回転アダプターにもSANYOの刻印がありますのでオリジナルでしょうか。
img104-1280.jpg

ネット上にも殆ど情報のないこの製品を何故買ったかというと、テクニクスのEPC-270Cというカートリッジが付いていたからです。かなり以前にハードオフで買った楕円の純正交換針を持っているために購入を決断したのですが、正直プレイヤー本体は使えなくてもカートリッジさえ使えれば元が取れそうだと思いました。購入時には丸針が付いていましたが、カンチレバーが曲がっていたので直そうとして失敗してダメにしてしまいました。

IMG_1522-1280.jpg

回転数切り替えスイッチは超シンプルです。OTTOのマークは今で言えば絵文字みたいな感じですね。
IMG_1523-1280.jpg

CECという表記が見られますからOEMなのかも知れませんね。
IMG_1535-1280.jpg

カバーの留め金の先端が開いているので不思議に感じていたのですが、ストッパーも兼ねるためにこういう形になっているのでしょうね。最初は前のオーナーが何らかの理由があってこのような形にしたのかと思って、ハンマーで叩いて直そうとしたのですが、途中で気付いて元に戻しました。
IMG_1537-1280.jpg

アース線はありませんでした。
IMG_1562-1280.jpg

4チャンネルプレイヤー、オーディオ全盛期の証ですね。OTTOのマークは絵文字というより顔文字に近い感じですね。
IMG_1567-1280.jpg

全体的なコンディションですが、キャビネットに一箇所アタリによると思われる凹みがある以外は非常に良いコンディションです。ただ残念なことにアクリルカバーに二箇所、比較的広範囲に亘ってサンドペーパーでこすったような跡が見られます。想像ですがステッカーか何かが貼ってあったものを剥がした跡を消そうとしたのではないでしょうか。コンパウンドで磨いたら少しはきれいになりましたが、もう少し頑張ってみようかと思います。

動作に関してですが回転数の切り替えが上手く行かない点は解消したようです。回転ムラも感じられずに安定していますし、アームの動きも多少のぎこちなさは感じられるものの特に問題ないようです。ただアームの降下がもう少し緩やかだとなお良いのですが、年式とグレードを考えれば仕方ないのかも知れません。

EPC-270Cに楕円のEPS-270EDを取り付けた音質は野太く安定した音という印象を持ちました。高域の切れ込みはさほど感じられず、どちらかと言えば耳障りでない優しい音という印象を持ちました。また低音が結構引き締まっているので、松田聖子の「白いパラソル」や「渚のバルコニー」のバスドラの音がとても心地よく感じられます。

今回このTP-600Sを購入してみての感想ですが、DP-3000のように往年の名機でもなく検索しても出てこないようなマイナーな機種ではありますが、意外とマトモに使えるというか、普通に使うにはこれで十分という印象を持ちました。もちろん名機と呼ばれる高級機も良いですが、こういった名もなき?逸品を見つけ出して手入れして使うのもジャンク漁りの醍醐味のような気がします。

OTTO TP-600S 2017年2月9日(木)ハードオフ村上店で購入
ジャンク品(音出ましたが回転不良です)税込み1,620円

DP-3000と並べてセッティング、堂々としたものです。
IMG_1570-1280.jpg

Lo-DのMT-23を付けて試聴中、明るく元気な音ですね。ていうかOTTOのプレイヤーにLo-Dのカートリッジを付けたの見た時点でイッちゃいそうです。
IMG_1633-1280.jpg
posted by 安良町経由村上行き at 23:00 | Comment(0) | ハードオフお買い物日記

2017年01月01日(Sun)

ブックオフ

しかし、雪の少ない正月は今までも結構ありましたが、雪が全くなくて心配もない正月なんて珍しいですね。今日の日中なんて晴れ間も見られましたし、いまいち正月気分になれませんね。

ブックオフでは今日から本全品20%OFFに加えてCD,DVD,ブルーレイソフト等も20%OFFなので新年初視察に行ってきました。特筆すべきものはありませんでしたが、昨日目を付けて置いたビリギャルの文庫版を購入。310円の20%OFFで248円でした。先日購入した単行本と並べるとこんな感じになります。ハードオフ、オフハウスも特筆すべきものはありませんでした。

単行本の方は映画公開後、文庫本の方は公開前の帯ですね。
img084-1280.jpg
posted by 安良町経由村上行き at 19:33 | Comment(0) | ハードオフお買い物日記

2016年11月20日(Sun)

ハードオフお買い物日記 SONY MDR-Z900編

実はこのMDR-Z900というヘッドフォンを買うのは二度目なんです。一度目は村上のハードオフで5000円くらいのものを購入、しばらく使いましたが今年になって手放しました。中条のハードオフへ持っていったらなんと!300円…ためいきしか出ませんでしたね。

でもその音の良さが頭に残っていて、今回村上のハードオフで見かけたのでまた購入するに至りました。ただし今回はジャンク品です。

ビニール袋に入れられてジャンク売り場の片隅に。昨日行ったときに見つけたのですが、今日行ったらまだあったので確保しました。
IMG_1437-1280.jpg

値札には一言「べたつきあり」と添えられています。値段は激安の540円也。
IMG_1438-1280.jpg

で、いったいどんなベタつき具合なんだろうと思ったら、本体もコードもあちこち全部ベッタベタ。ヤニの匂いはしませんでしたから喫煙環境ではなくて、飲食店かどこかで使われていたものか。でなければよほど汚い手で使っていたのでしょうか。(コードのべたつきはもしかすると材質によるものかも知れませんね)

イヤーパッドもペッタンコです。
IMG_1439-1280.jpg

ただしウエットティッシュで丹念に拭き取っても若干茶色くなる程度で、さほどひどい汚れではありませんでした。でもカールコードの汚れ落としにはかなり時間がかかりました。

コードの付け根の部分のゴムチューブが抜け掛けていたので分解して直しました。
IMG_1440-1280.jpg

ヘッドバンドもボロボロです。
IMG_1441-1280.jpg

この製品は10年以上前の製品で既に生産完了になっているようですが、さすがに音は良いですね。若干音が軽い気がしないでもありませんが、非常にバランスの良い音がしますし、大きな音で聴いても比較的聴き疲れはしにくいようです。イヤーパッドやヘッドバンドに劣化が見られるものの音はちゃんと出ていますし、このクラスの製品をジャンクとはいえ540円で買えれば儲けものでしょうね。本当は元々持っていたものを手放さなければ一番良かったのですが。

今後はイヤーパッドは安い汎用品でもいいので交換してみたいと思っていますし、ヘッドバンドも機会を見て交換できればと思います。

とりあえずペッタンコになったイヤーパッドに丸めたティッシュを詰め詰め。耳とユニットとの距離を保つことによって高域の聴こえ方も違ってくるようなのでちょうどよくなるようにティッシュを詰め込みます。
IMG_1446-1280.jpg

ひとまず仮修復完了。表面はボロボロですけど遠目に見ればイヤーパッドもふっくらしていていい感じになりました。
IMG_1445-1280.jpg
でも冷静になって見ると汚ったねーーー、自分ながらよくこんなの買って来たものです。でも音は素ん晴らしいんです。早くパッド交換せねば。
posted by 安良町経由村上行き at 20:09 | Comment(0) | ハードオフお買い物日記

2016年11月19日(Sat)

演歌の源流&花山大吉

かりそめの妻/李成愛 1978年(540円)
この当時は今よりもソロの韓国人歌手が多かった印象がありますね。
ジャケット写真は表はこんなですけど、裏は結構かわいく撮れてます。
当時25歳、ライナーを見ると本当はアメリカンポップを歌いたかったそうです。
IMG_1434-1280.jpg

浪人まかり通る(北島三郎)/風来坊笠(品川隆二)1969年(216円)
テレビドラマ「素浪人花山大吉」のオープニングテーマと挿入歌(エンディングテーマ)
ハードオフにこういうレコードが置いてあるのも驚きですが、
北島三郎と品川隆二がカップリング盤を出していたというのも驚きですね。
IMG_1436-1280.jpg 
posted by 安良町経由村上行き at 21:45 | Comment(0) | ハードオフお買い物日記

カウンター
Copyright(C)2017 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ