2017年03月10日(Fri)

今日は色んなことがありましたね

あっちでは変なおばさんが失職するし、
こっちでは変なオッサンが恨み節垂れてるし、
他にもまだ何かあったかしら?
posted by 安良町経由村上行き at 21:12 | Comment(2) | その他

2017年03月08日(Wed)

ヤマト値上げ検討

確かに佐川が投げ出したAmazonの配送を請け負った影響が大きいのかも知れませんが、儲からない仕事を大量に取ってきたのは経営者の責任でしょう。Amazonのような強すぎる大口顧客の言いなりにならない体制も必要でしょうね。
posted by 安良町経由村上行き at 06:00 | Comment(2) | その他

懐かしのプッシュ式赤電話

全ての写真は画像クリックで1280サイズに拡大されます。

これはかなり以前にヤフオクで入手したものですが、結構珍しい機種ではないでしょうか。ただし中身をくりぬいた「ガワ」だけの状態で入手したものです。
IMG_1613-1280.jpg

機種名は678-PN、1984年10月に製造されたものです。
IMG_1619-1280.jpg

ボタンの横には番号案内有料化のお知らせが貼ってあります。番号案内が有料化されたのは1990年12月1日ですから、最低6年間は使われていたことになりますね。
IMG_1617-1280.jpg

IMG_1618-1280.jpg

筐体はきれいな状態が保たれています。ただし黄色の帯は剥がれた部分が多かったので、いったん全部剥がしたのちに似たような色の粘着シールで再現しました。
IMG_1614-1280.jpg

カールコードには若干のべたつきが見られます。
IMG_1615-1280.jpg

IMG_1616-1280.jpg

これを何とか使えるようにできないだろうか、そう考えた結果、家庭用のプッシュホンを組み込めばいいんじゃないかという結論に達しました。そこで当時持っていた600-Pだったか601-Pだったか忘れましたが、家庭用プッシュホンの中身を移植することにしました。

で、どういう方法を使ったかというと…

アクリル板を加工して基台部分を作って、そこに家庭用プッシュホンの部品を移植することにしました。
IMG_1620-1280.jpg

いつごろ作ったのかは忘れてしまいましたが、少なくとも10年以上は経っていると思います。アクリル板で作った基台を、筐体に元からあった穴を利用してねじ止め、アクリルの基台には段を作って中段にベルを、上段に基板をねじ止めしました。
IMG_1621-1280.jpg

上段にねじ止めした基板です。上カバーをかぶせた時にフックがちょうど良い位置に来るようにするのに苦労しました。回線オンオフ用の接点の汚れを落としておきましたが、このへんはアンプのリレー接点の清掃と似たような感じですね。
IMG_1624-1280.jpg

プッシュボタン部分の基板です。この周辺はオリジナルかもしれませんが記憶が定かではありません。
IMG_1623-1280.jpg

コイン投入口ごとに通路を作って別々の場所に落ちるようにしてあります。
IMG_1625-1280.jpg

別々の通路を通ったコインは料金箱の別々の場所に入るようになっていますが、紙で作った箱を並べただけで超アナログな方式です。受話器の上げ下げの状態にかかわらずコインは料金箱へ入る仕組みになっているので、返却口は機能していません。
IMG_1627-1280.jpg

アクリル板の接着には専用の接着剤を使用しましたが結構頑丈に仕上がりました。特に重量がかかる部分もないので当分大丈夫だと思いますし、機械自体が壊れても家庭用のプッシュホンは今でも容易に入手できるので移植すればOKでしょう。ただ問題は自分自身にその気力が残っているかどうか、それが最大の問題ですね。

で、ちゃんと使えているかどうかですが、もちろんフレッツ光に接続してちゃんと使えています。中身は普通の家庭用プッシュホンですからね。当初時々ガサガサ音がしましたが接点を清掃したら直りました。ベルもなかなか良い音で鳴っていますが、台座を金属板にすればもっと良い音で響くかも? でもそこまでやる元気ありません。
posted by 安良町経由村上行き at 00:00 | Comment(0) | その他

2017年03月06日(Mon)

北朝鮮ミサイル発射、3発が日本のEEZに着弾

米韓合同軍事演習への対抗措置なのであれば南に向けて撃てばいいのにね。
そこまで勇気ないか。

(追記)
在日米軍に向けたものだと発表したようですね。
ここまで具体的に発表したのは初めて?でしょうか。
posted by 安良町経由村上行き at 18:51 | Comment(0) | その他

2017年02月25日(Sat)

トイレ修理

昨夜トイレのタンク付近から漏水が発生したために確認すると、給水管に亀裂が入っている模様。亀裂部分をテープで補修しても直らないので、給水管ごと交換すべく朝一でコメリへ行ってきました。

どうせなのでパッキン一式で売られているフレキ管に交換しました。従来の給水管が実測で約240mmだったので250mmのフレキ管でもいいかなと思ったのですが、大事を取って300mmのものを使いました。その結果かなり曲げる必要がありましたが、まあOKでしょう。製品はコメリブランド(K+)の13x300mmのステンレス製フレキ管で、パッキン2枚がセットになって税込み478円でした。もちろん"Made in Japan"です。
IMG_1598-320.jpg
でもこの写真で見る限り、250mmでも良かったような気もしますね。

元々付いていた給水管です。現物合わせで止水栓側(長い方)も微妙に曲げてあるのが分かります。タンク側(短い方)にはストレーナーが2枚のパッキンで挟み込む形で付いていましたが、ストレーナーの網はすでになくなっていました。矢印部分が漏水箇所で、トタン補修用のテープで仮補修を試みるも効果が不十分だったので給水管ごと交換することにしました。新たに取り付けたフレキ管はストレーナーがなく、パッキンは1枚だけ使用するタイプです。
IMG_1601-640.jpg

24時間が経過、水漏れは一滴もないのでたぶんこれで大丈夫だと思います。
posted by 安良町経由村上行き at 14:00 | Comment(0) | その他

カウンター
Copyright(C)2017 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ