2018年05月12日(Sat)

カーステレオ交換(その3)完結編

3月に買った中古車に付いてきたカセットステレオを、ハードオフで買ったジャンク品のCDデッキに交換する計画の完結編です。

カーステレオ交換(その1)へ
カーステレオ交換(その2)へ

今回購入したCDデッキはKenwoodのU373という製品で2011年に発売された製品のようですが、使用感が全くなかったのでおそらく新車外し品と思われます。値札には「純正品のため動作未確認」と書かれていて、税込み2,160円でした。帰宅後の簡易チェックではCDのローディング中に電源が落ちる症状が出ましたが、これはチェック用に使用した電源の容量不足が原因と思われます。ハーネスはカセットステレオに付いていたものと、今回購入したデッキに付いていたものを切り継ぎして作りました。

インパネを取り外した状態です。すでにカセットステレオは取り外し済みで、内側のパネルだけ元に戻した状態で何日か乗っていました。ちゃちな車なのでインパネ外し用の工具を使わなくても手で外れます。一番左のクワガタ端子はETCのアース線です。この線を外した状態ではETCが起動しません。
IMG_2567-1280.jpg

インパネのさらに内側のパネルも取り外した状態です。赤と黄の配線は、ETCを取り付けてもらったときに電源から分岐させた配線だと思います。
IMG_2568-1280.jpg

切り継ぎで作ったハーネスを使って、新たに購入したデッキを接続します。IMG_2565-1280.jpg

ETCのアース線はデッキのステーにネジ止めします。
IMG_2569-1280.jpg

4本のネジを使って車体に取り付けます。このネジは車体のシャーシにつながっています。
IMG_2573-1280.jpg

この状態でエンジンキーを回すと無事起動しました。CDの読み込みも問題ありません。
IMG_2574-1280.jpg

この輝きはどう見ても使い古された中古品には見えません。おそらく新車購入の時点で取り外して保管していたのでしょう。
IMG_2576-1280.jpg

取り外したインパネを元に戻して完成です。
IMG_2579-1280.jpg

今回は2,160円の出費でカーステレオを交換することができました。正確にいえば4月に買って直せなかったデッキの分も含めると4,320円かかった計算になるので、安かったのかどうかかなり微妙ですが、新品同様ということを考えればまあまあだったんじゃないでしょうか。

before
IMG_2456-1280.jpg

after
IMG_2581-1280.jpg
カセットステレオはおそらく2006年製、CDデッキは2011年製と思われますが、わずか5年でこんなにもデザインが違うものですね。

その後、CDの動作確認のために1時間くらい走ってみましたが、道路のつなぎ目や起伏なども含めて、音飛びは発生しませんでしたし、ムサシの古い方の駐車場のデコボコの場所でも飛ばなかったのでおそらく大丈夫でしょう。本当は4月にジャンクのCD/MDデッキを買う前にこのデッキが出ていればもっと良かったのですが、それは仕方ないでしょうね。

というわけで、動作未確認のジャンク品は、問題なく使うことができたというお話でした。

完。
posted by 安良町経由村上行き at 20:55 | Comment(0) | 自動車

2018年05月10日(Thu)

カーステレオ交換(その2)

カーステレオ交換(その1)へ

わざわざ高いお金を出して変換ケーブルを買わなくても、せっかく新旧のハーネスがあるのですから、切り継ぎで作れば十分だと思ったので早速実施することにしました。

左が旧デッキのハーネスで三菱用14ピン〜ADDZEST用、右が新デッキのハーネスでトヨタ・ダイハツ用10ピン・6ピン〜ケンウッド用です。これを切って合体させて三菱〜ケンウッド用のハーネスを作ります。
IMG_2558-1280.jpg

切り継ぎして半田付けした箇所に熱収縮チューブを被せて絶縁します。
IMG_2564-1280.jpg
リアスピーカーは使っていないので紫と緑はつながなくても良いのですが、ブラブラさせておくのも何なので一応接続しました。

熱収縮チューブを被せたので大丈夫だとは思いますが、念には念を入れてさらに絶縁テープを巻いておきました。また、つないでいない3本の先端も絶縁処理しておきました。
IMG_2565-1280.jpg
つないでいない3本のうち「青」はアンテナコントロールなのでこの車には関係なし、「橙/白」はイルミネーション電源ですが、取説に記載がないのでこちらも関係なし、「黒」はアース線ですが、デッキをねじ止めする箇所が車のシャーシへつながっているので、こちらもつながなくて大丈夫だと思います。

熱収縮チューブに加えて絶縁テープも使ったのは、今回使用した熱収縮チューブがダイソー商品だからです。
IMG_2562-1280.jpg
一応念には念を入れて…
右の方に「防水」という文字が見えますが「非」が隠れていて、実際には「非防水」です。

この熱収縮チューブはドライヤーで熱を加えてもなかなか収縮せずに、これを10本もやったら夜中になると思ったのでライターの火であぶりました。

たぶんこれで動作するでしょう…
続きは週末にでも。

カーステレオ交換(その3)完結編へ
posted by 安良町経由村上行き at 22:26 | Comment(4) | 自動車

2018年05月08日(Tue)

カーステレオ交換(その1)

その1は連休中に作業を行ったところまでとなります。

3月に買った中古車に付いてきたカセットステレオ↓を
IMG_2456-1280.jpg

4月に買ったジャンクのCD/MDデッキ↓を直して
IMG_2474-1280.jpg

交換しようと思ったのですが、ジャンクのデッキをニコイチで直すための相方が手頃な値段で見つからず、なおかつカーナビでもないのに2DINサイズというのもちょっと大きすぎるかなあと思ったのと、いまさらMD付きでもないだろうと思うようになったので、1DINサイズでもうちょっとハイカラ、いや、今風の品物を探すことにしました。

ちょうどハードオフに4月29日に入ったばかりの1DINサイズのコンポで、CDのほかにUSBとAUXが使えるものが税込み2,160円で出ていたので買ってみることにしました。値札には「純正品のため動作未確認」と書かれていましたが、使用感が全くなく限りなく新品に近い状態だったので、おそらく新車外し品だと思います。

ところがNゲージ用のパワーパックをつないでテストしてみると、CDのローディング中に電源が落ちてしまいます。パワーパックの容量が0.5Aと小さいためだと思いますが、それ以外の機能は正常で、USBメモリ内の音楽も再生できるので、最悪CDは使えなくてもいいので車に取り付けることにしました。

自分でカーステレオを取り付けるなんて30何年ぶりですが、ハーネス類はどうなっているのか、前ユーザーが加工している可能性もありますし、先日ETCを取り付けてもらったので、電源が分岐している可能性もあります。また近くにアースポイントがあるかどうか等々、実際に取り外して確認してからハーネス類を買った方が良さそうです。

新たに購入したKenwoodのU373、USBメモリ内の音楽を再生中です。パネルにちょっとほこりが付いていますが新品同様です。
IMG_2551-1280.jpg

FM PORT受信中です。サーチも早く、家のFMアンテナを接続するとFM長野も引っかかったので感度も良さそうです。
IMG_2552-1280.jpg

中古車に付いていたカセットデッキです。さすがに古いですね。銘板にはMITSUBISHI MOTORS MR979312と記載されていますが、ADDZESTのAB210と同じ品物のようです。おそらく単品販売されたものではなく、標準装備用(またはディーラーオプション用)としてクラリオンから三菱に供給されたものだと思います。
IMG_2554-1280.jpg

正面パネルの周囲のスペーサーを付け替えるために取り外します。固定用のツメは新しい方のデッキと位置が合わないので除去します。
IMG_2555-1280.jpg

取り外したスペーサーを新しい方のデッキに取り付けますが、そのままではスペーサーが固定されないので、ニトムズのアセテート布粘着テープで固定します。このテープはオーディオ機器内のケーブル等の固定に使用されているものと同じものなので耐久性は問題ないと思います。同時に左右のステーも付け替えました。
IMG_2556-1280.jpg
このステー固定用のネジに、車体側から来ているアース線が共締めしてありました。(のちにこのケーブルは車体からのアース線ではなく、ETCのアース線であることが判明しました)

左が旧デッキのハーネス、右が新デッキのハーネスです。車体側は「旧」が三菱用14ピン、「新」がトヨタ・ダイハツ用10ピン・6ピンです。
IMG_2557-1280.jpg

IMG_2558-1280.jpg
日産車なのになぜ三菱用のハーネスが使われているのか、その辺は推測を巡らせてください。三菱から日産へのOE…つまりそういうことです。でも変な加工等はされていなかったので取り付けは簡単そうです。

あとは、ヤフオクで三菱用14ピンと、トヨタ・ダイハツ用10ピン・6ピンを接続するための変換ケーブルを買って接続すれば動作すると思います。ところが出品者が海外出張中なので発送は1週間以上先になるとのこと、落札前に確認して良かったです。

しかしなぜカーオーディオはメーカーによってカプラーの形が違うんでしょう。どっかのメーカーが音頭を取って統一する計画はないんでしょうかね。新しいハーネスを買わなくても、ピンを抜いて挿し替えて合体させればケンウッド〜三菱用のハーネスができると思ったのですが、試してみたらピンのサイズや形状が微妙に異なるので単純に抜き挿しはできない様子でした。また無理をしてカプラーを破損させるといけないのでピンの加工はしない方が良さそうです。出品者が帰ってくるまで待つか、それとも最後の手段でケーブル自体の切り継ぎを行うか検討中です。ギボシ端子を付けるにしても電工ペンチを買う必要があるので、はんだ付けで切り継ぎを行なう方が簡単で確実な気がします。

というわけで、しばらくはオーディオレスの車です。
つづく…かも。

カーステレオ交換(その2)へ
posted by 安良町経由村上行き at 23:21 | Comment(4) | 自動車

2018年04月30日(Mon)

一か月点検終了

諸経費から廃車手数料まで全部コミコミで30万(ただし車検残り半年)で買った中古車の一か月点検をしてくれるとは思いませんでしたし、なおかつ無料だとは思わなかったので本当に助かりました。ETC車載器の載せ替えと再セットアップも完了、でもさすがに軽貨物車で高速はキツいかも知れませんね。

代車として貸してもらったデイズがおそらくノーマルエンジンのCVT車だと思うのですが、かなりクセがあって、発進加速や減速後の再加速でもたつくことがあって、ずっとMTに乗ってきた人は乗りこなすのに時間がかかりそうな印象でした。
posted by 安良町経由村上行き at 16:16 | Comment(3) | 自動車

2018年04月07日(Sat)

カーステレオ交換を試みましたが

まだ机上のチェックのみですが、音が出ません。

ハードオフに少し前から置いてあった「CDもMDも読み込みできますがミュート解除されないため音が出ません」と書かれたCD/MDデッキを税込み2,160円で買ってきました。どうせリセットボタンを押して購入時の状態に戻せば治るだろうという甘い考えで。

ダウンロードした取付説明書と取扱説明書を見ながら設定をいじると小さな音は出るようになったものの、音量調整ができません。どうもナビからミュート信号が送られてきたときの状態が保持されている模様で、解除するすべがなさそうです。

というわけでしばらく格闘です。

MD再生中、電源はNゲージ用のパワーパックを使用しました。
IMG_2473-1280.jpg

分解してみましたが目視で分かるような不具合はありませんでした。リセットも上手く働いていないようなので、マイコンでもいかれたか。CDもMDも生きていますし、PCで焼いたCD-Rも再生できるので、もう一台あればニコイチできるかも知れません。

FM、AMともにOK、周波数ずれもなさそうです。
IMG_2474-1280.jpg

これと同じ機種のシルバーが3か月保証付きで5,400円で売られているのですが、黒の方が好きだったのであえて安いジャンクの方を選びました。見た目もかっこいいので何とかニコイチで再生できればと思います。

(2018年5月11日追記)
ヤフオクでニコイチの相方を探したのですが、送料を考えるとなかなか手頃な品物がなく、ようやく予算内で出てきたので入札したものの高値更新されてしまいました。残念ですが今回入手したCD/MDデッキの使用は諦めました。

(2018年5月20日追記)
ハードオフに置いてあったこれと同じ機種のシルバーは売れたようです。
…と思ったら、ネットモールに出すために一時的に引っ込めただけでした。
posted by 安良町経由村上行き at 19:13 | Comment(0) | 自動車

カウンター
Copyright(C)2018 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ