2019年02月28日(Thu)

少しばかりの工夫で燃費改善!? 試したい、燃費の良い走り方

carview
https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20190228-10387589-carview/
>前方が赤信号であったらアクセルから足を離して惰性で走るというのも、
>積もり積もって燃費には効いてきます。

これは記事にも書いてありますが、
後続車との絡みもありますから一概には言えないでしょうね。
自分は赤信号で停まりたくないと思っていても、
必ずしも後続車もそう思っているとは限りませんからね。

ずーーっと信号に引っかからずに走ってきて、
ようやく赤信号に引っかかったので一息つきたいと思っているかも知れませんし、
停止中にナビや地図などを確認したいと思っているかも知れませんから、
自分は後続車がいるときには極端な減速運転はしないようにしています。

ただ市街地では赤信号の時間が30秒程度と短い場所が多いので、
停まらずに通過できるようにアクセルワークで調整することもあります。
【自動車の最近の記事】
posted by 安良町経由村上行き at 21:25 | Comment(0) | 自動車

米朝首脳会談終了

ケンカ別れ?

前回の米朝会談の時はテレビをザッピングしまくりの録画しまくりだったのですが、今回は全然興味がわかないんですよね。結局なんだったのでしょう。一つだけ分かったのは、トランプより金正恩の方が顔がデカいということでしょうか。あ、こういうのを比較(非核)しちゃいけませんね。それよか稲垣早希の結婚の方が関心がありますね、ロケみつまたやればいいのに。

昼食会をキャンセルしてまで帰るの早めたくらいですから、よっぽど意見の相違があったんでしょうね。会談が予定よりも早く終了したことによって韓国の株価も下落したそうですが、韓国も余計な期待してたんでしょうね、かわいそうに。これで韓国の経済が悪くなっても日本のせいにしないでね。

余談ですが金正恩がベトナムに来る際に乗ってきた列車の号車札に書いてある数字が"55"に見えたので、そんなに長い列車なのかと思ったら、日本のような平面の号車札ではなくて、どの方向からも見えるように三角形をしていて、前後両側にそれぞれ"5"と書いてあるので遠くから撮影するとそう見えるんですね。でも走行抵抗とか風切り音とか大丈夫なのかしら。
posted by 安良町経由村上行き at 18:00 | Comment(2) | 国際

パイオニア PD-434T

帰り道は遠回りしたくなったので、ちょっとハードオフへ寄ってみたらいろいろ発見、テクニクスのSU-V6XやSL-QX300に混じってパイオニアのPD-434TというCDプレイヤーがありました。CDを2枚入れられるチェンジャー内蔵、取説とリモコン付きで税込み540円、ただし「CD読み込みできません」と。

かなりマイナーな機種だと思われますが、オーディオの足跡様によれば1989年の製品で、当時の価格は42,800円だったらしいです。いわゆる売れ筋価格帯が59,800円前後だったことを考えると、チェンジャー内蔵でこの価格は安物廉価品という位置づけになるでしょうね。
P1030387-1200.jpg

外観は正面パネルに若干の汚れとスリキズが見られるのと、リモコンに傷が多く見られる以外は非常にきれいな状態でした。ところが持ち上げると中から何やらカラカラという音がします。何か部品でも外れているような音ですが、もしかするとCDを読み込まないのはこれが原因かも。帰宅後に早速動作確認してみると値札の通りCDの読み込みができません、というより回転すらしない状態です。

そこでカバーを開けてみると、なんと!ピックアップのレンズがありませんorz
540円損した・・・
P1030367-1200.jpg

ん?でももしかするとカラカラ音はこのレンズの音かも。
そう思って探したら・・・ありました、ピックアップレンズが。
P1030369-1200.jpg
取説は434と333共用になっていました。

こんな珍しい事象、はたして他にあるものかどうか、そう思って調べたらいっぱい出てきました。どうやらこの時期のパイオニアのCDプレイヤーの持病のようで、レンズを元通り固定したら読み込むようになったという記事をいくつも見つけることができました。

でも問題はどうやって固定するかです。良く見ると二か所を接着剤で固定してあった形跡が確認できるのですが、Nゲージをやっていた頃はタミヤの液体接着剤や流し込みタイプの接着剤など一通り持っていたのですが、今は持っていないので両面テープを使うことにしました。

極薄タイプの両面テープを1mm幅に切り出して、
P1030371-1200.jpg

レンズの段差の部分に巻き付けて、
P1030373-1200.jpg

ピックアップに固定したら、
P1030375-1200.jpg

無事、読み込むようになりました。
P1030377-1200.jpg

最初、試験的に両面テープの欠片を使って一部分だけ固定したときには読み込まなかったのですが、レンズの周囲に両面テープを巻きつけて固定したら読み込むようになりました。

2つのトレイを動かすための機構も異状なく、ベルト切れもありませんでした。
P1030379-1200.jpg

元々が安物なので内部はスカスカですがホコリの堆積もなく、まったく清掃の必要がないほどきれいな状態でした。
P1030381-1200.jpg

見える範囲ではピックアップの型番は分かりませんでした。
P1030383-1200.jpg

トレイ1をイジェクトした状態です。
P1030385-1200.jpg

トレイ2をイジェクトした状態です。
P1030386-1200.jpg

でもやっぱり選曲は遅いですね。たとえば最初のトラックを演奏中に最終トラックを指定した場合、またはその逆の場合には曲の頭が出るまでに10秒以上かかることがあります。ピックアップの移動自体に時間がかかっているようだったのでピックアップが乗っかっているレールの汚れを落としてグリスアップした結果6〜7秒程度まで、早い時には5秒程度まで短縮することができましたが、それでも高級機には全くかないません。

でもチェンジャーの動作は素早くて快適です。2枚のCDを連続動作に設定した場合、ディスク1の演奏が終わってからディスク2の演奏が始まるまで8秒程度しかかかりませんから、ほとんどストレスを感じることなく使うことができます。

ただダイレクト選曲をした場合、数回に一度くらいの頻度で曲の頭が欠ける症状が見られます。もしかするとレンズの取り付けが不正確で精度が出ていないのかも知れませんが、連続演奏では発生しませんし、多少揺らしたり傾けたりしても音飛びも起こらず、CD-Rも再生できましたからこれ以上深追いせずに使った方がいいかも知れませんね。レンズを付け直してみたい気持ちもありますが、今より悪くしたら元も子もありませんから。

ライン出力とデジタル出力は未確認ですが、ヘッドフォン出力はOKで、ボリウムのガリもありませんでした。何よりもリモコンが付属していたのがありがたいですね。せっかくチェンジャーを内蔵していてもリモコンがなければ魅力半減ですからね。というわけでトレイ1に太田裕美のCDを、トレイ2にビートルズのCDを入れてしばらく使ってみようと思います。
タグ:ハードオフ
posted by 安良町経由村上行き at 00:27 | Comment(9) | ハードオフお買い物日記

2019年02月27日(Wed)

クイズ!脳ベルSHOW #632

ヘッドフォンでCD聴きながらパソコン打ちつつ画面だけ見ていても分かる問題に、この人たち何を悩んでるんだろう・・・カレンダーの1日の部分に血が付いているから「ついたちについたち」だし、1と5の服が大きいから「いちごだいふく」じゃ。でもさすがに倍賞千恵子は分かりませんでしたし、「欽ドン!良い子、悪い子、普通の子、おまけの子」の」「おまけの子」の部分は完全に忘れていました。「庭でカラスとヒツジが鳴いた日の天気」は「にわかあめ」でしょ。
posted by 安良町経由村上行き at 22:10 | Comment(0) | 放送

春近しとは言うけれど

まだ朝一で車のフロントガラスが凍ってることが多いので気を抜けませんね。
posted by 安良町経由村上行き at 00:12 | Comment(2) | 季節

2019年02月26日(Tue)

金委員長ベトナム到着

ドンダン駅の駅舎ってどんだんだろう。

長岡署の警部補がお菓子万引きして捕まるし、ろくなことありませんな。
来月で定年退職なのにこれで全部パーーーでしょう。
長岡署はつい最近何かあったような気もしますが。

県内の唯一の明るい話題はNegiccoのNao☆が結婚を発表したことでしょうか。
どっかのグループと違って祝福ムード一色になるでしょうね。
おめでとうございます。

(追記)
午後から出先で車の中でFMをつけたら松本愛が出てきました。
代打だそうですが真っ昼間からあの声は反則ですなあ。
代打と言わず毎日出て欲しいです。
posted by 安良町経由村上行き at 12:10 | Comment(5) | 国際

2019年02月24日(Sun)

春近し

アルビはスコアレスドローでしたね。今日、自分の車を見て、いやいーやタイヤ替えんの忘れったったいや、恥ずーーかし。と思ったらまだ2月、当たり前ですが誰も替えていません。そんな勘違いをするくらい今年は雪が少なくて、今日も気温は低いものの一日中晴天でした。あと、ずいぶん日が長くなりましたねえ。でもこの冬、新潟市寄居町で行われた下水熱による融雪システムの実証実験は、十分なデータが取れなかったかも知れませんね。今日ブックオフへ行ったらササダンゴ氏にそっくりな人がいました。でもプロレスラーにしては背が低いというか、普通より少し高いくらいだったので別人だと思います。キャップをちょこんと乗せてる感じなんてそっくりだったのですが、まさかササダンゴ氏が村上のブックオフでCD見てるとは思えませんしね。デビットジャガーのCDはやっぱりありませんでした。今日はこんないい天気だったのに白鳥の声が全然聞こえませんでした。もしかして大池の白鳥はもうみんな帰ったか。
posted by 安良町経由村上行き at 16:33 | Comment(8) | 季節

覆面パト?

今日、朝一でリポビタンを買いにウオロクまで行ってきたのですが、その帰り道、前をトロトロ走る車に遭遇。40km/h制限ですが見通しのいい直線道路を35km/h前後で走っています。車種は黒のクラウンロイヤルサルーン、はっきりとは見えないものの男二人が乗っていて、ルームミラーが二重になっているようにも感じられます。追い越し禁止区間ではありませんが、追い越しの際の速度超過を狙っているのかも知れないのでそのまま追従。しばらくして一時停止の標識のある丁字路で停止したのですが、明らかにノーズの部分が停止線から出た状態で停止しました。ん?もしかしたらパトじゃないかも。そう思いながらさらに追従すると、今度はウインカーを出さずに路肩に寄って停止しました。この動きはパトじゃなさそうですね。何かあるといけないので最徐行で横を通り抜けてきましたが、もしかするとヤバい車だったのかも。ちなみに最近はどうか知りませんが、昔、覆面の判別法として良く言われていたトランク部分のアンテナや、パトライトを収納する部分のくぼみなどは見られませんでした。日曜の朝9時半、ウオロクの駐車場は満車とまではいかないものの7割くらいは埋まっていました。それに対して隣のアオキの駐車場はスッカスカ、寄ってみようかとも思いましたがやめました。ウオロクはレジ袋不要でもカード持参者に対するポイント還元はあるものの、それ以外の客に対する優遇はないみたいですね。その点では2円だったか値引きしてくれる原信の方が有利かも。ユニフォームプラザことりやのCMって新旧両方とも流れてるんですね。古い方も随分長いですね。
posted by 安良町経由村上行き at 11:21 | Comment(2) | その他

2019年02月23日(Sat)

ドラッグストア業界は

大丈夫なのかしら。アオキなんてオープンしてまだ3か月、しかも土曜の午後だというのお客さん殆ど入ってないんですもん。あんなおっきな店舗でお客さんは3人か4人くらい、明らかに店員さんの方が多くて、何も買わずに出るのが気の毒なくらいでした。それからドラッグトップスに行ったらそれなりに入っていましたから、立地条件の違いもあるんでしょうね。そのあとはデビットジャガーのレコードかCDでもないかと思ってブックオフとハードオフへ行ってみたのですが見つけられませんでした。店員さんに聞いてみれば良かったか。でもブックオフへ行くと長くなるんですよね。というのは老眼になり始めているので、CDの背の部分のちっちゃな文字に目が慣れるまで時間がかかるんです。帰ってきたらUXの番組にジョイマン発見、やっぱり面白いですね。ジョイマンといえばアンガールズ田中がやるジョイマン高木のものまねは絶品、ソックリです。田中といえばスーパーJチャンネルで久しぶりに田中萌の姿を見ましたが、やっぱり可愛いですね。録画しといて良かったです。来年から2月23日は天皇誕生日の祝日になるんでしょうかね。そういば大昔、学習院初等科と接近遭遇したことがあったっけ。マジソンバッグ流行りましたよね。つい最近まで持っていたと思うのですが、捨てたような気がします。とっときゃ良かった。それにしても台湾の囲碁棋士の黒嘉嘉さんは可愛いですね。齋藤飛鳥と佐々木希を合わせたような感じとでも言いましょうか。金委員長がベトナムに向かったそうですが、ベトナムの声放送の日本語放送でも聴いてみましょうかね。「こちらはハノイのベトナムの声放送局です」って。
posted by 安良町経由村上行き at 15:58 | Comment(2) | その他

2019年02月22日(Fri)

はやぶさ2着陸成功

管制室の壁に貼ってある応援メッセージがリポビタンDのラベルに見えるんですけど。

(追記)
リポDがはやぶさを応援しているから、
メッセージカードのデザインがリポDのラベルに似ているんですね。
なるほど・・・納得。
posted by 安良町経由村上行き at 12:32 | Comment(2) | その他

カウンター
Copyright(C)2018 Aramachi Transport Museum All Rights Reserved. 無断転載、二次使用等禁止致します。

Powered by さくらのブログ